ダルが…、佑ちゃんが…。日ハム1軍総勢27人が松山千春の名曲「大空と大地の中で」を熱唱しチャリティーCD発売!!

※斉藤佑樹投手※
・・・n・・・@・・・・_ed.jpg

※ダルビッシュ投手と武田久投手※
・・・n・・・@・_・・・r・b・V・・・.jpg

※中田翔内野手※
・・・n・・・@・・・c_ed.jpg

※稲葉篤紀外野手※
・・・n・・・@・・・t.jpg斉藤佑樹投手が…、ダルビッシュ投手が…、中田翔内野手が…。北海道日本ハムファイターズの1軍主力選手総勢27人が、東日本大震災の被災地復興を支援して「大空と大地の中で」のチャリティーCDをレコーディングした。「大空と大地の中で」は、フォークシンガー松山千春のスタンダードナンバー。北海道と言ったら千春。その北海道・札幌をホームグランドにする日ハムならではの企画と選曲である。
CDは、「大空と大地の中で」を、各選手がパートごとにリレーして歌い繋いでいく。いわば、日ハムの選手総勢27人による「ウイ・アー・ザ・ワールド」のようなもの。もちろん、ダルにとっても佑ちゃんにとっても、中田にとっても初レコーディングだが実は、この企画、選手だけのレコーディングではない。今後、札幌ドームでファンによる「大空と大地の中で」の大合唱も”ライブ・レコーディング”も予定しており、最終的には球界でも例のない”異色の企画CD”を完成させ、被災地の支援に役立てることになっている。

※北海道が生んだ松山千春※
holiday-IMG_0910.jpg「大空と大地の中で」は、北海道で生まれ育った千春を最も象徴する作品。77年6月に発売されたファーストアルバム「君のために作った歌」に収められている。当時、シングルではリリースされなかったが、今や時代を超えたスタンダード曲として歌い継がれている。
日本ハムは「私たちが日本のために何が出来るのか…。一同が、北海道を象徴・代表する松山千春さんの『大空と大地の中で』を歌い、チャリティーCDとして販売するというのは、これまでにないファンと選手による共同企画。北海道道民の心を被災地へ義援金という形で届けたい」と言う。
♪吹きすさぶ 北風に…
初レコーディングに斉藤佑樹投手は「初めての経験で、今回の企画の趣旨を考えると、とても緊張した。歌うパートは長くはなかったが、北海道の情景を思い浮かべながら一生懸命に歌った」と語っていた。
また、今回は選手だけではなく、ファンによる大合唱もレコーディングする。9月23、24、25日に札幌ドームで開催される「オリックス3連戦」の試合後、球場に詰めかけたファンの大合唱を収録するという。「3日間全てを収録し、各日の音声を編集してCD化したい」と関係者。また、球場での大合唱の模様もビデオ収録されDVD化することも計画している。因みに、選手のレコーディングの模様を収録したメーキング映像DVDはCDの特典として付けられることになっている。

販売されるCDは、1曲目を選手バージョン、カップリング曲をファンと選手とのバージョンとしている。価格は税込み1500円で限定販売を予定している。
販売予約は9月1日から16日まで球団ホームページ内(http://www.fighters.co.jp)で行い、CDは10月13日から16日まで札幌ドームで受け取るか、発送も受け付ける。店頭販売は10月14日から16日までの期間、札幌ドームで行い、オフシャルショップ等では10月17日以降となる。