東日本大震災で注目のラジオ…ニッポン放送の徳光和夫の番組で親子で“充電式ラジオ”製作

__.jpg
東日本大震災以来、ラジオが注目されているとか。確かに、地震や災害なんかで停電したらテレビは観られない。携帯電話のワンセグだって、それこそ電源が切れたら使えない。しかし、ラジオは乾電池1本か2本あれば長時間聴くことが出来る。ある意味、省エネのメディアってことだ。
で、「東日本大震災」から4ヶ月が経過し、大規模な節電の中で迎えた子供達の夏休み…。そこに目をつけたにニッポン放送は、今や同局の“土曜日の朝の顔”となった徳光和夫がパーソナリティを務める「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で「夏休み!親子でラジオ製作2011」という企画をやった。
都内の小学2年から中学2年生までの児童、生徒15人と親(保護者)を東京・有楽町のニッポン放送地下のイマジンスタジオに呼んで、ラジオを作ろうというもの。それにしても、このデジタルの時代に何ともアナログな企画なこと…。
今回のテーマは「節電」と「エコ」だとかで、集まった児童、生徒と保護者が、はんだごてを手に充電式ラジオ「エコ・キューブラジオ」を作りに挑戦した。要は、電池を使うラジオではなく手動回転式の充電ラジオ。正直言って、ラジオすら知らない世代にとっては、こんなメディアがあったのかと、それこそカルチャー・ショックを受けたに違いない。いやいや、子供達なんかより親の方が熱心だったらしい。これもまた時代の流れだろうか…・いずれにしても、参加者全員が番組終了までにラジオを完成させたという。
徳光は「ラジオ製作を通して『親子の絆』と『ラジオの大切さ』を、ほんの少しでも感じ取って頂けたのではないかと思う」と語っていたが、実は、充電式ラジオなんかより、日本テレビの恒例番組「24時間テレビ」の“24時間マラソン”に向けて体力を充電することで頭の中がいっぱいだったりして…。

真相究明!ここまでやるか!! TAIJIの新公式ホームページに侵入し母親 の意味不明な偽コメントをアップ!!(2)

ベイシストのTAIJIこと沢田泰司の逮捕・自殺を巡って、北見輝美らしき人物の奇怪な行動が新たに発覚した。
何と、今度は、TAIJIが亡き後、婚約者の赤塚友美さんが運営しているTAIJIの公式ホームページ「TS GLASTON COMPANY」に、TAIJIの母親のコメントが掲載されたのだ。これに驚いたのは赤塚さんだ。

holiday-TAIJI_ed.jpg
【このたびは、私の息子沢田泰司の件で、皆様に多大なるご心配をお掛け致しまして誠に申し訳ございません。今回の突然の事故に関しまして、もちろん何も解らずにサイパンに参りました。
現地の皆様から泰司の話を伺い、泰司は皆様に大変やさしくして頂いた事がわかり、また、今回の件では皆様が共に悲しい出来事だと言って頂きました。
泰司は、サイパンを第二の故郷にして、親しい人生を歩み初めるつもりでしたが、不幸にも、サイパンへ向かう機内でアルコールを飲み過ぎた為に、暴れてしまい、逮捕されるに至りました。
その後、時間が立つにつれ、サイパンの人達に大変迷惑をかけた事に気付き、自分で自分が許せなくなり、自殺してしまった事がわかりました。
今はただ泰司が安らかに召される事を皆様と一緒にお祈りするのみです。
尚、私ども家族以外の方のコメントが多々発表されているようですが、今回のコメントが正式な私ども家族の気持ちとなりますのでよろしくお願いいたします。

澤田孝子(母)7月28日 2011年】

※以上「原文のまま」

一体、このコメントは何を言いたいのか? ここまで、北見側の意見を盛り込んだコメントと言うのは珍しい。
「サイパンへ向かう機内でアルコールを飲み過ぎた為に、暴れてしまい…」
「サイパンの人達に大変迷惑をかけた事に気付き、自分で自分が許せなくなり、自殺してしまった」
なんて、息子を失った親の口から出てくる言葉じゃないだろう。親なら、もっと息子を擁護して、自殺すら認めないはず。こんなコメントを本当に出したなら、親の神経を疑ってしまう。そもそも、聞くとことによれば、TAIJIは、禁酒していたが、そのTAIJIに酒を飲ませたのは、YOUプロダクションだとも言われている。母親は、その事実を知らないのかといいたくなる? しかも、
「今はただ泰司が安らかに召される事を皆様と一緒にお祈りするのみです」
っていうコメントも意味がわからない。
そもそも、お母さんの正式コメントにしては誤字が多すぎ。しかも、しっかり、
「私ども家族以外の方のコメントが多々発表されているようですが、今回のコメントが正式な私ども家族の気持ち…」
なんて、念まで押している。基本的に、この【ヘッドロック】でもそうだが、書いていることというのは、家族への疑問というより、YOUプロダクションの会長と言われる神生一人氏、社長でありマネジャーの北見輝美氏への疑問、不信である。まず、この部分について語らなければならないはずなのに、この母親のコメントは一体…。もう一つ、このコメントの妙な点は、日付。「7月28日 2011年」って、いきなり外国式になってしまっている。こんな書き方はしない。日本人の正式コメントなら「2011年7月28日」だろう。
「実は、母親はコメントを出していなかったんです。それで、慌てた赤塚さんが削除したと言います」。
どうやら、この母親のコメントは、北見輝美(と言い切ってしまうのは問題があるかもしれないが…)が、TAIJIのパソコンからパスワードなどを調べ、ハッキングした疑いが濃厚なのだ。もちろん、証拠はないが、こんなことが簡単にできるのは、事件を隠したい、騒がれたくない人物で、ホームページに侵入できるパスワードを簡単に入手できる立場にいる者しかない。
「TAIJIの自殺の時も友美さんに責任を押し付けようと、TAIJIの携帯メールを使ったのと同じ手法です。今回も、母親のコメントをデッチ上げ、ファンの騒ぎを沈静化させようと狙ったのだと思います。とにかく、TAIJIが逮捕されたのは、北見輝美が被害者だったと言う理由だし、自殺未遂後は、慌ててホームページからブログまで削除し、周囲には『私は知らない』『私には責任がない』と言い続けていたほどですから、今回のホームページ侵入も疑われて当然でしょう」(TAIJIを知る関係者)。
因みに、北見によって削除されたTAIJIのブログは、赤塚さんらの手によってすべて復元され、現在は「TS GLASTON COMPANY」の公式ホームページで公開されているが、今度は、このホームページを逆利用しようと試みたのだろうか? これじゃ、「安らかに召されない」でしょ。

ますます不可解に…サイパンで自殺したTAIJIの遺体が秘密裏に帰国? すでに千葉県内で密葬か!?(1)

航空機内で暴れたことを理由に逮捕され、サイパン島で取り調べを受けている中、拘置所内のベッドのシーツで首を吊って自殺した元Xのメンバーで、全米でも人気だったラウドネスにも参加していたベイシストのTAIJIこと澤田泰司さん(享年45歳)の遺体が、極秘に日本に戻り、千葉県内で密葬が執り行われていたことが分かった。密葬は28日に行われた模様だが、内容など詳細は婚約者の赤塚友美さんはもちろん、関係者にも知らされず、まさに密室の中で営まれた格好だ。
「サイパンからいつ戻ってくるのか、どういった形で遺体が安置されているのか、全て秘密裏の中で時間が過ぎていくばかりでした。一部からは、今週中にも戻ってくるのではないかと言う情報がありましたが、まさか、いつの間にか遺体が戻っていて、密葬まで執り行われていたとは…」
と、TAIJIと親交のあった音楽関係者は呆れ顔で言った。
振り返ると今回の事件は、TAIJIの逮捕時から情報が錯そうしていた。
「そもそも、7月11日に逮捕され、その後、取り調べ中に14日に自殺を図ったと言いますが、その情報が流れたのは2日も経った16日になってから。しかも、自殺が報じられた後には意識があるとか、喋ったとかといった情報が断続的に流れたが、実際には脳死状態だった。要するに何者かによってサイパンで情報操作されていたんです」(TAIJIと親しかった関係者)。
情報を操作し、日本で心配するスタッフや関係者を混乱させたのは、何と逮捕時にTAIJIと行動を共にしていたYOUプロダクションの北見輝美マネジャーだった。彼女は、YOUプロダクションの社長だが何と、TAIJIが取り調べを受けている時はもちろん、自殺を図って病院の集中治療室で治療を受けている最中も、一生懸命にTAIJIの携帯メールを使って、TAIJIが元気にいることを日本の関係者に伝えていた。こんなことをやって何の意味があるのか、サッパリ分からないが…。
「どうやら、TAIJIの逮捕後から、自らの保身のためにメールを送っていたといいます。また、TAIJIの自殺未遂後は、逮捕や自殺の責任を婚約者の赤塚友美さんに向けるようなメールもTAIJIの携帯メールから送信していたようです。それどころか、TAIJIの入院中は一度も病室には行かず、彼女が行ったのは、母親と婚約者と一緒だったといいますから、唖然茫然です。要は、現地に同行していたマネジャーでありながらTAIJIの様子は全く把握していなかったことになります」(前出のTAIJIと親しかった関係者)
いずれにしても、北見輝美は、逮捕から自殺未遂、その後の死去まで全てを知り尽くしているはずだが、今もって全く語ろうとしない。しかも、一時は、公式発表するとしたYOUプロダクションの会長と言われる神生一人氏も、全く姿を現そうとしない。もう、ここまで来たら、真実は語らないだろう。いや、今さら語ったところで説得力なんてものはない。何事も言い訳になるだけ、嘘を隠すために嘘をつく…もはや、TAIJIの死は、このまま闇の中に葬られてしまう可能性さえ出てきた…。これは、とんでもない話である。
「実は、北見輝美の夫である北見好拡氏は、サイパンの一大リゾートホテル、マリアナリゾート&スパのホテルの社長を務めている。このホテルの経営権は昨秋、YOUプロダクションに譲渡されたといいます。かなり手広い事業を展開していたそうで、サイパンでは、最高裁判長から警察まで、全て手懐けられていたといいます。そういった意味では、TAIJIの逮捕から自殺、その裏事情は全て把握していたことは明らか。しかし、ここまでくると、よほど隠したい何かがサイパン側にも北見側にもあったとしか思えません。実に不可解で、常識では考えられない事件になっています」(大手プロダクション関係者)。
因みに、北見輝美マネと北見好拡氏は、すでに離婚しているとも言われる。このことから「北見輝美は、TAIJIと結婚したかったんじゃないかとも言われています」(関係者)という声もあるのだが…。
しかし、それにしてもだ。サイパンの警察の取り調べも明らかにされず、サイパンで検視したというが、その結果も明らかにしない、もちろん自殺の原因も分からない。それどころか。TAIJIの首には首を吊った時に出来る痕もなければ、口の周りには粘着テープを貼った痕まであった…という。こんな疑問と状態の中で秘密裏にサイパンから遺体を移送…。外務省もサイパンの日本領事館も一体、今回の事態を把握しているのか?
「おそらく、役所連中は報告だけで、事態は全く関知していないでしょう。振り返れば三浦和義の逮捕、取り調べもいい加減でしたからね。三浦の時も本来なら最高裁で無罪判決が下っているんだから、外務省も日本政府も、サイパン当局、米国に抗議すべきだったのに何もしないんですからね。今回も同じ。日本人の観光客の生命や財産を守らなきゃならないはずの役人が知らん顔ですからね、これはとんでもない話です。少なくともサイパンは日本人にとって最も危険な島に化しています。写真集の撮影でもサイパンは高額な撮影料を要求されるので外します。今回の事件で、サイパン当局とマリアナリゾート&スパが結託したことは間違いない。今後。日本人観光客もサイパンに行くときは注意が必要でしょう」(前出のプロダクション関係者)。
【この項つづく】

演歌の五木ひろし&フォークの松山千春…テレビでは観られない異色のコラボ・チャリティー!!

holiday-・・・・・・・・・・_ed.jpg
演歌の五木ひろしとフォークシンガーの松山千春のジョイント・コンサートが東京・中野サンプラザホールで行われた(もっとも、コンサート自体は「五木ひろしコンサート」と銘打っているが…)。
正直言いて、普段は音楽の記者をやっていても演歌のコンサートには行かない。昔は、たまーに行くことはあった。最近で行ったもので記憶があるとしたら、“ご当地ソングの女王”と言われる水森かおり…ぐらいだったかもしれない。行くチャンスがなかったわけじゃないのだが…。しかし、今回は千春が出ると言うことで行った。そうでもなければ、五木のコンサートも行かないで、このまま人生が終わったと思う。ま、何事もキッカケである。しかも、演歌のコンサートの楽屋に入ったってのは、余り記憶にない。そういった意味では実に貴重な体験だった。
もっとも“ナマ五木”の感想は?と言われても、それは困る。あえて言うなら、さすがはベテラン演歌歌手と言うだけあって、歌はうまい。歌に説得力はある。歌は“言霊”だと、改めて感心した。そうでなければ、ここまで歌ってこれないだろう。
で、本論の千春とのジョイントは…。
今回のコンサートは、もちろん、東日本大震災の被災地支援を謳ったチャリティーコンサート。五木によれば、昨年の夏に、北海道で行われたニトリ主催のゴルフコンペで千春と会い、改めて意気投合。「何かあったら一緒に…」と約束していたらしい。そこに、今回の大震災。五木は「何か自分に出来ることはないか」と思い続け、その中で千春に電話をかけコンサートの提案をしたところ、二つ返事でOKが出たとか…。で、今回のコンサートが企画されたのだと言う。
そんな企画に対して千春は
「チャリティーなんて、ハッキリ言って偽善でしかない。しかし、その偽善も何度も続けて行けば、伝わるものもある。そういった偽善だったら、これからも協力したい。頑張って、これからも続けて欲しい」
と千春流に激励していた。
千春のステージは「です。」や「長い夜」を歌ったが、千春のコンサートは、振り返れば20数年ぐらい観てきたが、ギター1本の弾き語りで「長い夜」を聴いたのは初めてだったかもしれない。思い出せなかった…。
他に、千春が五木の「夜空」や「待っている女」を歌えば、五木は「恋」や「季節の中で」を歌い、他にも故・美空ひばりさんの曲で「リンゴ追分」「津軽のふるさと」を熱唱した。さらに、最後は、千春の書き下ろした作品で、五木もカバーしている「慕う」を共演した。
いずれにしても、五木も千春も歌唱力は文句ないだけに、安心して聴くことのできるコンサートだった。それ以上に、五木と千春のステージは、テレビでは絶対に観れないコラボかもしれない。