謎深まる…TAIJIの自殺新事実!! 首を吊った後に出来る索痕がなかった?口周辺には粘着テープの痕も…。

「飛行機の中で暴れた」との理由から、サイパンで逮捕され、取調べ中にベッドのシーツで首を吊って自殺を図った元Xのメンバーで、ベーシストのTAIJIこと沢田泰司さん(享年45歳)で新事実を掴んだ。ハッキリ言おう。TAIJIは「自殺ではなかった」可能性が出てきた。
今回の事件を振り返ると、7月11日。TAIJIは成田発のデルタ航空でサイパンに向かった。同行していたのはTOAIJIのマネジメントを行っていたと言う、YOUプロダクションのマネジャー北見輝美。
サイパンに到着する30分ぐらい前に、TAIJIと北見が言い争いになり、飛行機内で暴れたため業務妨害などで、サイパンの警察当局によって逮捕され起訴された。その取調べ中、TAIJIは留置所のベッドのシーツで首を吊り自殺を図った。TAIJIは急きょ、病院に運ばれ集中治療室で治療が開始された。14日のことだった。しかし、日本で、この情報が伝わったのは16日のことである。では、この2日間は一体なんだったのか?
後日の情報では、TAIJIは、運ばれた時点で「脳死状態」だったと言う。しかし、日本では「意識がある」「言葉を喋っている」との情報だった。何故か。それはTAIJIの携帯電話のメールを使って、北見が情報操作をしていたからだ。このため、TAIJIは「元気でいる」と、現実とは間逆な情報が伝わっていた。そればかりか、TAIJIの自殺未遂がニュースとして伝わるや、北見はTAIJIのブログやホームページを全て削除してしまった。
いずれにしても、TAIJIの自殺未遂を聞いて、親族(母親)と婚約者である赤塚友美さん(TAIJIが代表を務めるTS GLASTON COMPANYのマネジャー)はサイパンに向かった。17日のことだった。サイパンに到着しTAIJIと面会した親族は、TAIJIに取り付けられた生命維持装置を外すことに同意。その時点でTAIJIは帰らぬ人となった。17日午前11時ごろのことである。
 現在、分かっているのは、TAIJIの自殺未遂後、同行していたマネジャーが、TAIJIの携帯メールを使って、関係各方面に”なりすましメール”を送信していたことや、TAIJIのブログやホームページを意図的に削除していたことだったが、その後、飛行機内での被害者が北見本人だったことも発覚するなど、今回の事件の様相が大きく変わってきていた。
しかも、TAIJIの遺体は、現在もサイパンに安置されたままで「誰が管理しているのかも分からない」状態になっているというから、正直言って無茶苦茶な話である。
そんな中、さらに驚くべき情報が発覚してきた。
「実は、TAIJIの首には首を吊った時に出来る痕が全くなかったんです」。
首を吊った以上は、首に索痕が残るはずだろうが、その痕がなかったというのだ。そればかりではない。口の周辺には、粘着テープが貼り付けられたような痕まで残っていたと言う。
この証言が事実だとしたら「TAIJIが首を吊った」という情報さえ怪しくなってくる。
ある関係者が言う。
「容疑者の取調べには細心の注意意を使うのは世界の常識です。それはサイパンの警察だって同じ。要するに、容疑者が自殺しないように取り調べの時は、ボディーチェックもするし、留置所だって、万全の注意を払っています。にも拘らず、簡単に自殺未遂するなんで考えられません。しかも、ベッドのシーツと言うのも…。そもそもシーツなんて置いてあったんでしょうか?疑問だらけです」。
サイパンでは、TAIJIの検視もしていないと言われる。そもそも、遺体すら、どういった状態で安置されているのかも伝わってこない。TAIJIの死は謎が深まるばかりである。