「着うたフル」週間チャート…KARA、L’Arc~en~Ciel、桑田佳祐初登場、ガガ16→7位!!

一般社団法人・日本レコード協会は6月28日付の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを7月1日公表した。集計期間は6月22日〜6月28日。
 今週は入れ替わりが目立ち、上位2曲が揃って初登場曲で占められた。
 フジテレビ系で日曜9時に放送中のドラマ「マルモのおきて」の主題歌で人気の高い薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」が前週1位から3位に後退し、代わって1位にランクされたのは韓国の5人組ガールズ・ポップ、KARAの新曲「GO GO サマー!」。KARAにとっては「ミスター」「ジャンピン」そして、「ジェットコースターラブ」に続く、4作目のシングル・ナンバー。同曲は日本語版のオリジナル曲で、現時点では韓国版はない。
 2位にはL’Arc〜en〜Cielの結成20周年記念盤の第1弾として6月29日に発売された「GOOD LUCK MY WAY」が初登場。因みに、同曲は7月2日から全国ロードショー公開される「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」(松竹)の主題歌。
 さらに5位には桑田佳祐の新曲「明日へのマーチ」が初登場。桑田自ら出演し現在、大量OA中のNTTdocomo「walk with you 2011 Summer KUWATA×Docomo」のキャンペーン曲となっている。因みに、同曲は配信のみでCD発売の予定はないという。
 また、8位にはヒルクライムの通算で8作目の新曲となる「no one」が初登場。同曲は日本テレビ系「ハッピーMusic」の6月度オープニングテーマだった。
 他には、6月23日から来日していたレディー・ガガの新曲「ジューダス」が前週16位から7位に再浮上してきた。レディー・ガガについては、ベストテン外でも新曲の「ボーン・ディス・ウェイ」が前週55位から18位に急上昇している他、黒木メイサと多部未華子のW主演で今月スタートするテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」(金曜午後11時15分〜)の主題歌に起用される「ジ・エッジ・オブ・グローリー」が19位に初登場してきた。
因みにだが、ベストテン外での初登場曲だがJuliet「モトカレ」が12位、AAA「No cry No more」が13位、T.M.Revolution「FLAGS」がランクされた。

 【6・28付「着うたフル」週間チャート】 ※カッコ内は前週
1(−) KARA 「GO GO サマー!」
2(−) L’Arc〜en〜Ciel 「GOOD LUCK MY WAY」
3(1) 薫と友樹、たまにムック。 「マル・マル・モリ・モリ!」
4(2) JUJU 「また明日…」
5(−) 桑田佳祐 「明日へのマーチ」
6(3) AKB48 「Everyday、カチューシャ」
7(16) レディー・ガガ 「ジューダス」
8(−) ヒルクライム 「no one」
9(5) 前田敦子 「Flower」
10(4) 西野カナ 「Alright」

次(6) 少女時代 「MR.TAXI」

来日中3回もしゃぶしゃぶを食べに行ったレディー・ガガ、所属メーカーからのゴールドディスク特製パネルに涙…

__.jpg
今回、来日したレディー・ガガは、テレビ朝日「徹子の部屋」(これは、黒柳がユニセフ親善大使だったことから出演したという)の他、「SMAP×SMAP」(フジテレビ)の人気コーナー「ビストロSMAP」に出演、他にも「スッキリ!!」や、細々とした番組に出演したが、最後は6月30日に東京・麹町にある日本テレビのGスタジオで行われた「Music Lovers」だった。ガガが携帯電話「au」のCMに出演している関係で、KDDIが番組提供している同番組に出演したようだ。
それにしても、「Music Lovers」の入場者は、所属するユニバーサルミュージックがHPで募集を受け付けたが、応募総数は1万人を超え、その中から抽選で選ばれた125組(1枚で2人)招かれた。もっとも、入場者は250ではなく236人だったらしい。
番組の内容については、「BORN THIS WAY」など3曲を歌ったが「単にテレビカメラの前で歌うより、ファンの前で歌う方が気分がのる」と言っていた。また、同番組の終了後は、ユニバーサルミュージックからゴールドディスクの特製パネルがガガに贈られた。それも単なるパネルではなく、異常に大きなパネルだった。このパネルを見たガガは、涙ぐむほどの喜びようで「レコード会社のスタッフの熱心なバックアップがあったから、ここまでくることが出来た」と言っていたが、よほど気分がよかったのか「このパネルをバックに(スタジオに来た)ファンと記念撮影を撮りたい」とか言い出し、急遽、撮影会になったりしていた。
110630_193249.jpg

ところで、今回の来日でガガは、しゃぶしゃぶを食べに3回も行ったらしい。よほど、しゃぶしゃぶが大好物となったらしい。また、2年前に初来日したとき、品川駅の新幹線ホームで立ち食いのかき揚げそばを食べてカルチャーショック?とにかく興奮。その後も、新大阪に着いた時も立ち食いそばを食べたという。また、今回は行かなかったが、その大阪がお気に入りらしく、前回の来日で大阪に行った際はタトゥーを入れている。「今回は行けなかったが、次は大阪に行って、またタトゥーを入れたい」とも言っていた。
それにしても、今回は東京・六本木の「しゃぶ禅」から「寿司三昧」など、想像も出来ない店を訪れたガガだったが、最後は「香妃園」で鳥煮込み…と思ったが、どうやら日本では「和食系」らしい。それに、日本の次は「台湾」に行くだけに、まさか日本で「中華」はないか…。
ま、ガガは今日は、日本を離れ羽田空港から「台湾」に行き、その後はシンガポールに行くらしい。特に台湾ではガガの来日を国家的に祝うらしく、聞くところによると、すでに日本以上の盛り上がりになっているらしい。さすが、世界で最も影響力のある人物である。

holiday-gaga.jpgそのガガが大震災の被災地を支援するために制作したチャリティー・ブレスレッドに対して、米国の弁護士が「寄付していない」と噛み付いた。このブレスレッドは、白に赤い文字で「WE PRAY FOR JAPAN(日本の為に祈りを)」と印刷されたもので、1本5ドル(日本円で約410円)で販売していた。しかし、来日に合わせては告訴するなど、出来過ぎた感じのものだった。因みに、この告訴に対してガガ側は次のようなコメントを出している。

《この誤った訴訟は、世界中のファンのが日本の為に行った良心的な行為を無視している行為です。ファンからブレスレットと引き換えに預かった$5ドルは全て今回の震災地に寄付されます。郵送料などからの利益も一切ございません。又、消費税はその土地の法律で定められた金額のみ集めております。レディー・ガガ本人も寄付を行い今後も被災者の方々に支援できるよう努力いたします》