森田健作・千葉県知事を追及しマスコミがチヤホヤしてきた元千葉県議・吉川洋が信号無視で逮捕のお粗末さ!!

所詮は小悪党だった。千葉県の元県議・吉川洋が千葉県警柏署に道路交通法違反(信号無視)の疑いで逮捕された。単なるアホ。実に情けない御仁である。
この御仁、2年前になるが、千葉県知事に当選した”青春の巨匠”森田健作を叩きまくった。
前知事の堂本暁子の”利権県政”を「素晴らしかった」なんて言い切り、吉川は854人の胡散臭い「市民グループ」とグルになって森田健作に県知事無効を迫った。
要は、森田が「完全無所属」とポスターに書いてあったことに「公職選挙法(虚偽事項の公表)違反」に当たると因縁をつけ、知事になる前に、外国人などの持ち株が比率50%超の安売りの殿堂「ドン・キホーテ」から980万円を受け取っていたことから「政治資金規正法違反」になると千葉地方検察庁・特別刑事部に告発していた。もっとも、この告発に検察は「問題なし」と判断したが、ところが、その後、吉川を含め、その周辺にはとんでもない不正が次々に発覚した。
まず、前知事・堂本暁子の県政時代に約30億円もの不正経理があったことが発覚。しかも、その不正は千葉県警や県議会や内部の監査を行う「監査委員会」まで及んでいたというから、堂本さんは一体、県知事として何をやっていたのか問われる。しかも、その堂本県政を吉川は「素晴らしかった」なんて言い切っていたのだから、千葉県民は怒らなきゃいけない。いずれにしても、「市民グループ」なんていうのも所詮は利権アサリのグループに過ぎなかった。
ところが、その後、吉川と「市民グループ」には、さらにとんでもない事実が発覚した。
何と「平成16、17年の政務調査費において領収書の改ざんや偽造、二重添付(自身の政治団体の収支報告書と)などがある」として、千葉地方検察庁・特別刑事部に告訴されていたのだ。罪状は「私文書偽造」「詐欺利得罪」「諸儀記載」など。
しかも、この問題は当時、千葉県知事選の前から問題になっていたというのだ。つまり、吉川は、この問題から県民の目を叛けるために森田を追及していたとも考えられる。というも吉川の政務調査費の不正の告発状は、森田が県知事になった直後に千葉地方検察庁から正式に受理されていたのだ。告訴したのは柏市議会議員の末永康文氏以下、田中恭二(団体役員)、稲葉守俊(団体役員)、鈴木敦(会社役員)、宮田孝雄(無職)、渡辺順一(無職)、佐藤史健(会社役員)の各氏。
 いずれにしても吉川県議と854人の「市民グループ」というは、正義の仮面をつけたペテン師、守銭奴。詐欺師集団だった。
しかも、告訴の後には、この内容で「千葉県監査委員会」に監査請求が提出され、受理された。監査請求の内容は、吉川の過去4年間の政務調査費(個人分・会派分)の総額2015万3446円に対して外部監査をして返還を要求していた。だが、この一連の動きは、地元でも全くメディアに扱われることがなく、無視。テレビ、一般紙、週刊誌などマスコミは森田の剣道二段が「自称だった」なんてことばかりを一生懸命に取材していた。どうでもいいことを報じ、肝心なことを報じないのは明らかにメディアの崩壊でもある。
しかも、狂っているのは「千葉県監査委員会」も同じだった。監査委員会は、監査請求について「外部監査は棄却」「返還も棄却」と正式に出した。さすが30億円もの不正経理にも平然と加担していた「千葉県監査委員会」である。
ところが、09年9月11日に開かれた裁判で、千葉地方裁判所松戸支部は、吉川の「政務調査費」について、
(a)領収書の改ざん(b)二重計上(c)他の政治団体への寄附(d)私的な娯楽目的と推測される書籍(e)政務調査費と政治団体の活動費用が区分されていなかった-―と認定。
しかも、裁判長は、吉川の政務調査費の不正に関して「県民の税金が不正に利用されており、税金の無駄遣いと批判されても仕方が無い」と結論付けた。
 当時、森田が県知事になって、吉川が森田を批判している時、森田を擁護する【ヘッドロック】に対して批判が集中したものだ。しかし、少なくともマスコミも県民もペテンに、いいように利用されていたってことになる。
 今回、吉川は、柏市松ヶ崎の国道16号線の交差点で、信号無視したというのだ。しかもミニバイクで…。吉川は違反を認めず、違反切符へのサインも拒否していた。しかも、柏署からの8回にも及ぶ出頭要請にも応じなかったことから逮捕となった。実にアホらしい。しかし、これがマスコミがチヤホヤしてきた吉川の実態なのだ。
 その吉川、今回の統一地方選で3期目を目指したが落選していた。県議に当選していたら、逮捕は免れたかもしれないが、実に情けない話である。それにしても、何でマスコミは大々的に報じないのか? やはり、後ろめたさでもあるのか?

オリコン2011年上半期“本”ランキング…水嶋ヒロのデビュー小説82万部で総合3位!! 写真集はAKB48上位独占!!

オリコンは、11年上半期の「書籍ランキング」を公表した。同ランキングのデータは10年11月22日から11年5月22日までの半年間で、対象は、旭屋書店、アニメイト、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、山洋堂書店、丸善、八重洲ブックセンター本店、楽天ブックス、有隣堂などWEB通販を含む1816店舗。
 オリコンによると、11年上半期の書籍の売上げ状況について、「わかりやすさ」がキーワードだった昨年の流れが「さらに拡大している」とし、上半期のBOOK部門(総合)で最も売上げが高かったのは東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」(小学館)で推定105万3064万部だった。
 また、昨年12月に発刊して話題を独占した齋藤智裕(俳優・水嶋ヒロ)の「KAGEROU」(ポプラ社)は、推定売上げ81万8942部を記録し、BOOK部門(総合)で3位となった。
 また、タレント本については、今年2月に発刊された島田紳助「島田紳助100の言葉」(ヨシモトブックス)が推定売上げ14万9449部で1位にランクされた。また、昨年12月にお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と結婚したユッキーナこと木下優樹菜の「ユキナ婚」(講談社)は、11万3634部の推定売上げで3位になった。木下優樹菜については、音楽面でも青山テルマが結婚祝いに「ずっと。」という曲を書き下ろし、日本テレビ「ハッピーMusic」のパワー・プレイ曲になるなど、大きな話題になっていた。
 写真集部門に関しては、「AKB1/48(48分の1) アイドルと恋したら…公式攻略ビジュアルブック」「AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM」「AKB48 友撮 THE RED ALBUM」の3冊のAKB48写真集が1〜3位を独占した。いずれも10万部を超える売上げだった。

■■上半期の主な”本”ランキング■■ ※末尾の数字は推定売上げ

【BOOK(総合)TOP10】
1 東川篤哉 「謎解きはディナーのあとで」(小学館)1053064部
2 岩崎夏海 「もし高校野球の女子マネージェーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)962495部
3 齋藤智裕(水嶋ヒロ) 「KAGEROU」(ポプラ社)818942
4 柴田トヨ 「くじけないで」(飛鳥新社)609507
5 曽野綾子 「老いの才覚」(ベストセラーズ)588949
6 元宮秀介&ワンナップ 「ポケットモンスターブラック・ホワイト 公式完全ぼうけんクリアガイド」(メディアファクトリー)459873
7 Vジャンプ編集部 「モンスターハンターポータブル 3rd PSP版 スタートダッシュブック」(集英社)416080
8 元宮秀介&ワンナップ 「ポケットモンスターブラック・ホワイト 公式イッシュ図鑑完成ガイド」(メディアファクトリー)400132
9 長谷部誠 「心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣」(幻冬社)390261
10 タニタ 「続・体脂肪計タニタの社員食堂 もっとおいしい500kcalのまんぷく定食」(大和書房)374610

【タレント本 TOP10】
1 島田紳助 「島田紳助100の言葉」(ヨシモトブックス)149449
2 **** 「AKB48総選挙公式ガイドブック」(講談社)127624
3 木下優樹菜 「ユキナ婚」(講談社)113634
4 (編著)フライデー編集部 「AKB1/48 アイドルと恋したら…公式攻略ビジュアルブック」(講談社)113437
5 (撮影)AKB48 「AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM」(講談社)109378
6 (撮影)AKB48 「AKB48 友撮 THE RED ALBUM」(講談社)107936
7 **** 「別冊宝島 AKB48推し!」(宝島社)91408
8 植村花菜 「トイレの神様」(宝島社)75884
9 太田光 「マボロシの鳥」(新潮社)72401
10 (編)週刊プレイボーイ編集部 「AKB48ヒストリー〜研究生公式教本〜」(集英社)71872

【写真集 TOP10】
1 (編著)フライデー編集部 「AKB1/48 アイドルと恋したら…公式攻略ビジュアルブック」(講談社)113437
2 (撮影)AKB48 「AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM」(講談社)109378
3 (撮影)AKB48 「AKB48 友撮 THE RED ALBUM」(講談社)107936
4 **** 「報道写真集 3・11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録」(河北新報出版)76899
5 (編)MORE編集部 「GANTZ VISUAL BOOK」(集英社)67834
6 渡辺達生 「渡辺麻友写真集『まゆゆ』」(集英社)58717
7 **** 「K‐POP STAR PHOTO MAGAZINE VOL.1 東方神起全方位解剖」(インフォレスト)49674
8 宮坂浩晃 「小嶋陽菜写真集『女の子の神様』」(朝日新聞出版)46321
9 (編)朝日新聞社 朝日新聞出版 「報道写真全記録2011.3.11―4.11 東日本大震災」(朝日新聞出版)45488
10 **** 「仮面ライダーぴあ『仮面ライダー』公式写真集&40周年記念本」(ぴあ)41695