「強要未遂」「住居侵入」容疑に「傷害罪」でも!? ロッカー内田裕也の末路は「人間失格」で逮捕!!

ツ人ツ甘板篠クツ格.jpg
「英雄色を好む」って言うけど、生き恥を曝すっていうのはこのことだろう。
ロッカーの内田裕也のことである。交際していた50歳の女性から別れ話を持ち出されたことに逆ギレ、嘘か本当か知らないが、女性に対して「暴力団と交際して、覚醒剤を使っていたと会社に連絡した」と脅して、復縁を迫ったというのだ。
まあ、何としても「別れたくない」っていう裕也の女々しい男心?は分からないでもない。しかし、裕也には、自分はロッカーだから、ちょっとは無茶苦茶なことをしても「許される」っていう甘えがあったかもしれないが、彼女に、この脅しの文言を手書きで記した封書を女性の家の郵便箱に投げ入れたというから、単なるアホである。まあ、恋愛に年齢はないが、古希を過ぎた――71歳もなって、何をやっているのか?いずれにしても、こんな痴話話にもならない「脅迫文」を文章に残しちゃいけない。
この女性、某航空会社のスッチーらしい。いくら裕也は「実名は書いてない」って言ったって、女性からしたら真っ青だったに違いない。しかも、裕也は、この女性が留守をしている間に業者に依頼して玄関の鍵を勝手に交換。復縁を迫った挙句に女性の家に勝手に入り込んでいた。これは、もはやロッカーの枠を超えている。「住居侵入罪」に当る犯罪者だ。そればかりか女性の実家に押しかけ警察官に注意されていたというから、もう気が狂っている。やっていることが人間として恥ずべきことである。
とにかく、裕也は警視庁原宿署に「強要未遂と住居侵入容疑」で逮捕された。
ただ、この女性は警察に「(裕也から)暴力を振るわれた」なんて相談しているやしいから、あるいは傷害罪も適用される可能性もある。
裕也は、警察の調べに「手紙を書いたのは事実」と認めているそうで、普段、偉そうなことを言い続け、何かあれば”ご意見番”のような素振りをみせてきたものだが、その「ロック魂」も全く消え去ってしまった。
裕也の妻は女優の樹木希林で、俳優の本木雅弘さんは娘婿だが、樹木は気丈なところを見せてはいたが、きっと情けない限りだったに違いない。モックンにしても、いい迷惑に違いない。しかも、迷惑といえば、裕也は、リクルートの「ゼクシィ」のCMなんかにも出ていた。CM曲は、福山雅治の「家族になろうよ」だったが、このタイトルが悲しい…。関係者によると「CMはタイミングよく、きょうまでだった…」なんて言っているが、裕也の逮捕のタイミングに合わせた?
ま、今回はさすがに執行猶予は難しいか…。実刑で2〜3年は確実だろう。今頃、裕也は取調べの合間にMetisの「人間失格」を聴き耽っているかもしれない?
いずれにしても、裕也のシャバでの元気な姿は東京・青山斎場で執り行われた東映・名誉会長の岡田茂氏の葬儀が最後だったことになる。

GW「着うたフル」チャート…SMAPの音楽配信曲が初首位!福山、コブクロ、平井も初登場!!

日本レコード協会(RIAJ)は、ゴールデンウィーク期間中(4月27日〜5月10日)の音楽有料配信「着うたフル」のチャートを13日に公表した(5月10日付)。
 それによると、SMAP「not alone〜幸せになろうよ〜」が初登場1位にランクされた。同曲は、4月18日からスタートした香取慎吾・主演のフジテレビ系”月9”ドラマ「幸せになろうよ」主題歌。
同曲については5月4日にCDシングルの発売を予定していたが「短期間に大量のCDを生産する必要がある」こと、さらに「東日本大震災被害を受けて、関東近郊にあるCDプレス工場、印刷工場における節電」、そして「全国のファンへ同時にCDを届ける流通事情」などを考慮した結果、CDの発売を見送り、音楽配信「着うた」「着うたフル」「リングバックトーン配信」だけでの発売となった。「着うたフル」に関しては、1ダウンロードにつき100円の義援金を東日本大震災の災害支援プロジェクト「Marching J」へ寄付されるという。因みに、ジャニーズの関連曲がRIAJの週間チャートでトップを獲得したのは初めて。
 今週は2週間のデータということもあって、上位曲には初登場曲が目立った。3位には、福山雅治としては初のウエディング曲で、結婚情報誌「ゼクシィ」新CF曲となっている「家族になろうよ」、4位には現在公開中の小栗旬、長澤まさみ主演映画「岳 ―ガク―」主題歌となっているコブクロ「あの太陽が、おの世界を照らし続けるように。」、6位にTBS系日曜ドラマ「JIN ―仁―完結編」の主題歌となっている平井堅「いとしき日々よ」、7位には名古屋出身のヒップホップミュージシャン、WISE「I loved you feat.HIROKO」が初登場でランクインしてきた。
 また、韓国(K−POPS)は、前週13位だった少女時代「MR.TAXI」が再浮上してきた。KARA[ジャットコースター]は4位から8位に後退した。
ベストテン外では、11位に三代目 J Soul Brothers「LOVE SONG」が初ランクされている。また、安室奈美恵 feat.山下智久「UNUSUAL」が12位に、同じく安室奈美恵 feat.AI&土屋アンナ「Wonder Woman」が前週61位から13位に急上昇。

【ゴールデンウィーク着うたランキング】 ※カッコ内は前週順位
1(−) SMAP 「not alone〜幸せになろうよ〜」
2(2) 中島美嘉 「Dear」
3(−) 福山雅治 「家族になろうよ」
4(−) コブクロ 「あの太陽が、おの世界を照らし続けるように。」
5(13) 少女時代 「MR.TAXI」
6(−) 平井堅 「いとしき日々よ」
7(−) WISE 「I loved you feat.HIROKO」
8(4) KARA 「ジェットコースターラブ」
9(3) ソナーポケット 「ラブレター。〜いつだって逢いたくて〜」
10(7) Rake 「100万回の『I love you』」

次(-) 三代目 J Soul Brothers 「LOVE SONG」