「着うたフル」週間ランキング…チーム・アミューズ!!「Let’s trya again」初登場で首位に!!

一般社団法人・日本レコード協会(RIAJ)は、最新の「着うたフル」の4月26日付・有料音楽配信チャートを公表した。集計対象期間は4月20日から4月26日までの1週間。それによると前週、初登場で1位にランクされた3人組ユニット、ソナーポケットの「ラブレター。~いつだって逢いたくて~」が3位に後退し、代わって初登場1位に躍り出てきたのはチーム・アミューズ!!「Let’s trya again」。この曲は、桑田佳祐を中心にサザンオールスターズをはじめ福山雅治、ポルノグラフィティ、BEGIN、Perfum、富田靖子、上野樹里といったアミューズに所属する総勢54組のアーティストが、東日本大震災の被災地・被災者支援のチャリティー曲として大合唱したもの。4月20日から「着うた」「着うたフル」で音楽配信を開始した。また、参加アーティストの代表曲によるメドレーミックスや大合唱などで構成したビデオ・クリップも大きな話題を呼んでいるが、配信前からテレビなどを中心にした大露出展開で、ダウンロードも大きく伸びたと思われる。因みに、当初は予定していなかったが、5月25日にはCD発売も決定した。メイキングを収めたDVD付きでの発売となるという。チーム・アミューズ!!に続いて2位に初登場したのは。昨秋10月に両耳の耳管開放症の悪化で音楽活動を休止していた中島美嘉「Dear」。同曲は、直木賞作家として知られる角田光代のベストセラー小説の映画化として話題となっている井上真央・永作博美主演の「八日目の蝉」(4月29日公開)主題歌。因みに、中島はデビュー10周年に突入し、現在は約2年ぶりとなる全国ツアーを展開中(全国25都市32公演)。他に初登場でランクインしたのは5位にKG「片想い duet with JAMOSA」、6位に中村舞子「let go 〜m-flo TRIBUTE〜」。KG「片想い duet with JAMOSA」は、今年第2弾目のデジタル・シングル曲。一方、中村舞子「let go 〜m-flo TRIBUTE〜」は、4月20日に発売されたトリビュート・アルバム「m-flo TRIBUTE 〜stitch the future and past〜」の収録曲。また、10位には安室奈美恵 feat. .AFTERSCHOOL「make it happen」が初ランクした。同曲は、安室のアルバム「Checkmate!」の収録曲で、安室奈美恵と韓国ガールズグループ「AFTERSCHOOL」とのコラボ曲として話題になっている。ベストテン外では、韓国の9人組ガールズ・グループ、少女時代の新曲「MR. TAXI」が13位に初登場、来週以降のベストテン内入りが注目されるところ。また、女優としても人気の柴咲コウ「wish」が16位にランクされている。同曲は、花王「アジエンス」CMソングに起用されたバラード作品。【有料音楽配信チャート】 ※カッコ内は前週1(−) チーム・アミューズ!! 「Let’s trya again」2(−) 中島美嘉 「Dear」3(1) ソナーポケット 「ラブレター。~いつだって逢いたくて~」4(3) KARA 「ジェットコースターラブ」5(−) KG 「片想い duet with JAMOSA」6(−) 中村舞子 「let go 〜m-flo TRIBUTE〜」7(8) Rake 「100万回の『I love you』」8(5) ナオト・インティライミ 「Brave」9(2) Mr.Children 「かぞえうた」10(−) 安室奈美恵 feat. AFTERSCHOOL 「make it happen」次(6) CLIFF EDGE 「Endless Tears feat.中村舞子」