聴いてくれる人の魂に訴えるように歌いたい…。有線放送で「問い合わせNo1」のMetisが歌う「人間失格」

ツ人ツ甘板篠クツ格.jpg
ここ数週間、有線放送で話題になっているのがMetisの「人間失格」。
歌っているのは、広島出身のシンガーソングライター。基本的にはレゲエ系なのだが、。この「人間失格」は、レゲエっぽい作品ではない。初めて聴く人の中には鬼塚ちひろのような感じに思う人もいるかもしれないが、その一方では松任谷由実とか中島みゆきのような雰囲気も漂う…。要するに、一度聴いたら気になる人が多いようである。
そのためか、この曲は3月2日に発売されたが、有線放送のキャンシステムでは、ここ数週間、ずっと「問い合わせチャート1位」にランクされていると言うのだ。

♪後悔してませんか
夢を忘れてませんか
もう人間やめますか
ふるさとを忘れてませんか
泣ける恋をしてますか

とにかく、この作品の最大のポイントは詞の響きなのだろう。
これは偶然だが、あの痛ましい東日本大震災が、この曲の作品性を際立たせたと言ってもいいかもしれない。そういった意味では、今年の「代表曲」になる可能性は大である。
Metisは、6年前の05年にミニアルバム「ANSWER」でインディーズ・デビューした。その翌年06年に日本クラウンと契約を結びメジャー活動に入った。レコード会社の努力もあって、それなりに話題にはなったが、爆発的にはならなかった。だったからかは分からないが心機一転というのであろうか、09年にユニバーサルに移籍、今後の方向性を探ってきたのかもしれない。そういった意味で、今回の「人間失格」は、満を持して発売した作品とも言えなくもない。
有線では3月4日付で89位に初登場したが、2週目には一気に19位にランクアップ、3週目に12位になり、大震災直後の3月25日付で9位にチャートイン。その後は5位→7位→5位と上位にランクされ続けてきた。
よく、昔のレコード宣伝マンは、こういった作品が出てくるたびに「問題作」なんて言い方をしていたが、この曲は久しぶりに出てきた「問題作」かもしれない。で、何が問題なのかは、これは価値観だろうから何とも言えないが、とにかく一度聴い損のない作品であることは確かだ。
因みに、Metisは「これからも、聴いてくれる人の魂に訴えるような作品を歌い続けていきたい」と言っていた。