「ずっとウソだった」熱唱!! 斉藤和義がUSTREAMライブ生中継で原発を痛烈批判!!

なかなか気骨のある奴である。シンガーソングライターの斉藤和義のことだ。
今夜8時からUSTREAMでライブ生中継「空に星が綺麗」を放送したが、その中で、注目の「ずっとウソだった」を歌った。
この曲は、2010年に発表した「ずっと好きだった」の替え歌。YouTubeの中に投稿され話題になっていた。もっとも、この投稿された曲については、所属レコード会社のビクターエンタテインメントが即刻、削除し見ることは出来ないが、ネットの中で大騒ぎになっている。
というのも、歌詞の内容が今回の原発事故を痛烈に批判したものだったからだ。
その中身は、実に見事に原発の現状を言い当てている。
原発推進論者にとっては実に耳が痛い歌詞だし、それこそ「いい加減にしろ!」ということだろうが本来、シンガーソングライターと言うものは、こういった歌を歌うことも重要なのだ。愛とか恋とか歌っていられるのも、実は平和な世の中だからである。
資源も何もない島国・日本においては、確かに原発もエネルギーの1つとして重要だろう。しかし、多くの国民は無知過ぎた。そういった意味でも、いまこそいいチャンスじゃないか。
オピニオンリーダーであるアーティストが、こういった歌を歌うことで国民の目を覚まさせることは大切だろう。こういった曲をもっともっと歌うべきだろうし、そして話題にならなきゃダメだ。
やっぱり、子供が出来ると変わるのだろう…か。

「ずっとウソだった」歌詞(作詞・曲=斉藤和義)

この国を歩けば

原発が54基 教科書もCMも言ってたよ「安全です」

 俺たちを騙して、言い訳は「想定外」

 懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱ、バレてしまったな

ホント、ウソだったんだぜ 「原子力は安全です」。

 ずっとウソだったんだぜ

ほうれん草食いてえな

 ホント、ウソだったんだぜ 気づいてたろ、この事態

 風に舞う放射能はもう止められない

何人が被爆すれば気がついてくれるの?

この国の政府。 この街を離れて、うまい水見つけたかい?

 教えてよ 

やっぱいいや… 

もうどこも逃げ場はない

ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も中電も九電も

もう夢ばかり見てないけど

ずっとクソだったんだぜ

それでも続ける気だ

ほんとクソだったんだぜ

何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ

ホント、クソだったんだ

CD生産が間に合わないなら発売を遅らせて出すべきでは!? 新曲を音楽配信だけに絞ったSMAPへの疑問!!

東日本大震災の被災地の復興支援で、あらゆるチャリティーを企画することはいいだろう。しかし、新曲「not alone〜幸せになろうよ〜」を、CDで発売しないで音楽配信だけで…というSMAPのやり方には少々、疑問を感じる(もっともSMAPには責任はないことだが…)。
単純に言って、あの「AC」のテレビCMで「無駄な電話やメールはやめましょう」なんてスポットを大量に流している時に、その一方で「音楽配信、音楽配信」というのでは、一体、どっちなんだよ!!ってツッコミたくなる。
しかし、今回の大震災があった途端に「CDではなく音楽配信」といいうのは如何なものか? 今回のSMAPに限らず、Mr.childrenの「かぞえうた」やAKB48「誰かのために」にしても、みんなCDでは出さず、当たり前のように「音楽配信」である。確かに「時代は音楽配信」って言っちゃえばそれまで。まして「(被災地復興支援で)期間限定」と言ってしまっても「そうなの?」って感じである。
そりゃ、今回のような場合は、CDで発売するよりも音楽配信の方がタイムリーだろう。しかし、考えてくれって。みんなが言う肝心な被災地というのは、未だ被害の全容すらハッキリしていないし、そうでなくとも被災地はテンヤワンヤの状態だ。それどころか余震余震で、それどころじゃない。昨夜(3月7日)のマグニチュード7.4とかの余震で、またまた大混乱だ。現実として復興は長期化することは言うまでもない。そんなカンフル剤を打つような話ではないのである。
いずれにしても、チャリティーと言えば「音楽配信だけ」という考えは、さまざまな意見があるだろうが僕には理解出来ない。
「CDと音楽配信の両方じゃダメなの?」
って思ってしまう…。
特に、今回のSMAPの新曲「not alone〜幸せになろうよ〜」については、5月4日に決まっていたCD発売を中止して音楽配信である。ジャニーズは、これまでCD発売を重視し音楽配信には一定の考え方を持っていたのだが、それが何で、ここで音楽配信に傾いたのか…!?
各情報では「計画停電の影響でCD工場の生産量が落ち、短期間での大量生産は困難と判断した」なんて説明しているが、実に無理のある言い訳である。
確かに、ゴールデンウィーク中の発売で、CDの生産には限界も出てくるかもしれない。しかも、この計画停電だ。だったら、CD発売を遅らせてもいいのではないか?CDショップだって納得してくれるはずである。そもそも、そこまでCDの生産が大変だとは思えない。発売と同時にミリオンになってしまうなら「時期的に大変だよね…」ってことになるが、この時代である。SMAPに限らず、残念ながら「CDが売れちゃって大変」なんてことにはならないだろう。
いずれにしても、今や、音楽業界は危機的な状況である。CD(パッケージ)が売れなければ、レコード会社も困るがCDショップだって大変だ。基本的に、音楽業界はレコード会社とCDショップが一体となって盛り上げていくものだと思う。同じように音楽配信とCDとは両輪でなければならない。確かに、米国の「ライブ・ネーション」のように、CDはコンサート・チケットのオマケなんていう考え方もあるが、パッケージ商品としてのCDの役割は本来、そうじゃないだろう。
いずれにしても、今回のSMAPの新曲は、香取慎吾主演のフジテレビ系”月9”ドラマ「幸せになろうよ」の主題歌だ。発売は「着うたフル」のみで、ダウンロード料金525円のうち100円をジャニーズの災害支援プロジェクト「Marching J」を通して被災地に寄付するとか。
ただ、言えることは、音楽配信でダウンロードされた作品というのは、いくらミリオンになってもCDで売れた作品に比べて「ヒット感」に乏しい。

「着うたフル」週間チャート…ミスチルとAKB48 の大震災被災地復興支援ソングが1、2位!!

一般社団法人・日本レコード協会(RIAJ)は、最新の「着うたフル」の4月5日付・有料音楽配信チャートを8日に発表した。今回の集計対象期間は、3月30日から4月5日までの1週間となっている。
 それによると、前週3位から1位に躍り出た5人組のガールズ・グループ、KARAの新曲「ジェットコースターラブ」が4位に後退し、代わって首位の座に立ったのはMr.childrenの新曲「かぞえうた」。同曲は、東日本大震災の被災地復興を応援する作品。ミスチルの桜井和寿が、今の想いを書き下ろした新曲で、当初、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)でライブを予定していた3月26、27日にミスチルのメンバーとプロデューサーの小林武史が急きょ、レコーディングしたもの。4月2、3日の北海道・札幌公演のアンコールで初披露され話題になった。「着うたフル」は、4月4日からスタートした。http://www.mrchildren.jp/news/news20110402.html
 また、2位のAKB48「誰かのために ―What can I do for someone?―」も、やはり東日本大震災のチャリティー曲。復興支援活動「誰かのためにプロジェクト」の一環として、配信限定で発売されたもの。
 また、3位にランクインした、あやまんJAPAN「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(CDバージョン)」が、前週の33位から一気に急上昇、ランクインした。
 あやまんJAPANは、当初からその”安すぎる素人芸”が話題になっていた。今回は、テレビのバラエティー番組への出演が功を奏したよう。他には、前週12位からRake「100万回の『I love you』」が9位ランクイン。
 ベストテン外では、Juliet「サクラブ ―桜、咲く―」が14位に初登場。なお、Julietは「サクラブ ―桜、散る―」が7位にランクされている。

【有料音楽配信チャート】 ※カッコ内は前週
1(−) Mr.children 「かぞえうた」
2(−) AKB48 「誰かのために ―What can I do for someone?―」
3(33) あやまんJAPAN「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(CD.ver)
4(1) KARA 「ジェットコースターラブ」
5(3) JAMOSA「何かひとつ feat.JAY’ED & 若旦那」
6(5) WISE 「By your side feat.西野カナ」
7(2) Juliet 「サクラブ?桜、散る?」
8(7) 加藤ミリヤ 「勇者たち」
9(12) Rake 「100万回の『I love you』」
10(4) AKB48 「桜の木になろう」

次(6) FUNKY MONKEY BABYS 「あとひとつ」