パスポート返納命令で不法滞在になるのを避けた?小向美奈子が逮捕されに帰国する!!

覚せい剤取締法違反(譲り受け)の容疑で逮捕状の出ている元グラドルで現在はストリッパーの小向美奈子が、ついに渡航先だったフィリピンから逮捕されに帰国する。
週刊ポストの直撃インタビューに「ありのままを話したい」と言っていたが、何で、この時期に帰国を決めたのかは不明だ。まさか、ニュージーランド大地震でワイドショーなんかの話題が、その地震の被害に向いているうちに帰国しちゃおうっていう算段なのか?あるいは、もうお金がなくなっちゃった!? いずれにしても小向の行動は奇怪だ。
しかし、1月21日にフィリピンに入った後、現地で3月21日まで滞在延長を申請し許可された。だいたい11日にマニラ発の成田行きの搭乗券を予約しておきながら、ドタキャンしていた女である。少なくともこの調子で延々とフィリピンに居続けるつもりだったかもしれない。と言うのも現在、執行猶予中の小向にとっては逮捕されたりなんかしたら、そのまま執行猶予は取り消され、女子刑務所行き。そんなのは嫌に決まっている。逃げ切れるものだったら逃げ切ろうと考えていたはずである。もちろん、誰かが、小向に、そういった逃げる知恵を与えていたことだけは確かだろう。
だが、想定外だったのは、意外にパスポートの取り消しだったかもしれない。
捜査をしている警視庁組織犯罪対策5課は、検察庁を通じ、外務省に「旅券返納命令」を出すように要請したのだ。もし、命令が出たら、パスポートは使えなくなり、小向は「不法滞在者」となり、早かれ遅かれ国外退去処分(強制退去)。結局は帰国して逮捕と言うことになる。
そういった意味では、もはや白旗を上げた状態だったかもしれない。
一部には小向は「マスコミにトラウマがある」と言っていたが、確かにトラウマはあるかもしれないが、そんなもの身から出たサビである。自業自得と言った方がいいかもしれない。
それにしても、小向も、ここでおとなしく逮捕されるとは思えない。アッと思わせるようなどんでん返しを考えているかもしれない。一部には「起訴まではいかない」なんていう情報もあるし、小向が平然と「ありのままを話す」とは、実に余裕っぽさも感じる。一体、何を話そうとしているのか?
そうは言っても、百戦錬磨の警視庁組織犯罪対策5課の捜査員である。いくら尿検査で反応が出てこなくても、おそらく、イラン人だか誰だかは分からないが証言の信ぴょう性から逮捕→起訴→実刑は確実だろう。しかも、海外に逃亡していたことは紛れもない事実。場合によっては5年程度の実刑になる可能性は大だ。
ところで、その小向だが、ある情報では「結婚している」とも。相手は分からないが、フィリピンで同行していた男か?しかし、結婚していたとなると、今回の事件も思わぬ方向にいってしまうかもしれない。いやいや、酒井法子、押尾学に続く“お騒がせ芸能人”である。

「着うたフル」22日付週間チャート…ナオト・インティライミ「今のキミを忘れない」が初首位!!

日本レコード協会(RIAJ)は、音楽有料配信「着うたフル」の2月22日付週間チャートを25日に公表した。集計期間は2月16日から2月22日までの1週間。
それによると、2月22日付ということで、前週まで2週に亘って首位にランクされてきた西野カナ「Distance」が2位に後退し、前週3位に初登場だったナオト・インティライミ「今のキミを忘れない」がニャンと1位に躍り出てきた。まさにニャランク(2ランク)のアップである。ナオト・インティライミは、ニューヨークのアポロシアターにも出演したことのある実力派シンガーだそうで昨春にメジャーデビューした。一時「ナオト」の名前で活動していたこともある。
 AKB48の新曲「桜の木になろう」は前週6位から3位に、また、前週19位だったサスケ「青いベンチ」が4位へと急上昇してきた。「桜の木になろう」は2月16日に発売された、AKB48としては通算20枚目のシングル。
 一方、4位のサスケは、09年に解散した2人組の男性デュオ。「青いベンチ」は、04年にリリースした名曲。フジテレビで放送した「青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ」で、決勝出場チームが同曲を歌唱して以来、反響を呼び「着うたフル」に結びついた。
 今回の初登場曲は、5位のTEE「電話で抱きしめて」と6位のSCANDAL「Pride」、そして8位のコブクロの「流星(ドラマバージョン」。
 「Pride」は、TBS/MBS系 TVアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」エンディング・テーマに起用されている。また、「流星」は、フジテレビ系”月9”ドラマ「流れ星」の主題歌だったが、今作はドラマバージョン。因みに、通常の「流星」の方は37位ランクされているが、そのコブクロは、17位に新曲「君への主題歌」が初登場。今後の動向が注目されるところ。

【着うたフル・週間チャート】 ※カッコ内は前週順位
1(3) ナオト・インティライミ 「今のキミを忘れない」
2(1) 西野カナ 「Distance」
3(6) AKB48 「桜の木になろう」
4(19) サスケ 「青いベンチ」
5(−) TEE 「電話で抱きしめて」
6(−) SCANDAL 「Pride」
7(5) 東方神起 「Why? (Keep Your Head Down)
8(−) コブクロ 「流星(ドラマバージョン)」
9(4) EXILE 「Each Other’s Way 〜旅の途中〜」
10(8) KARA 「ミスター」

次(14) ソナーポケット 「好きだよ。〜100回の後悔〜」

ワーナーミュージックのブロンフマン会長は音楽出版会社「ワーナー・チャペル 」売却でEMIミュージック買収を狙っている!?

洋楽に詳しい高橋裕二さんが自身のブログ「洋楽天国」(http://yogakutengoku.blog135.fc2.com/)で、「ワーナーミュージック」の売却と、先ごろシティグループに買収されるをとが発表された「EMIミュージック」について続報が語られていた。興味深かったので、取り上げることにした。
それによると「今週アメリカのニューヨーク・ポスト紙やロイター通信、音楽業界誌のFMQBやヒッツ・マガジンがワーナーミュージックの売却について様々な憶測を交えながら伝えている」と言うのだ。

《24日のニューヨーク・ポスト紙は、勿論ワーナーミュージックは全部を売りたいという案があるが、出来れば音楽著作権を管理する音楽出版部門の「ワーナー/チャペル」を売りたいと考えていると関係者の取材で記事を書いている。「ワーナー/チャペル」はEMI音楽出版と肩を並べる音楽出版の最大手。ワーナーミュージック全体の売上の15%を占める。
「ワーナー/チャペル」の買い手候補の筆頭はドイツの出版最大手のベルテルスマン。アメリカの投資会社KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)と音楽出版を主とする合弁会社BMGライツ・マネージメントを設立、クリサリスを始め積極的に音楽出版社を買収している。
「ワーナー/チャペル」を買いたいと思っているのはユニバーサルミュージックの音楽出版部門と、マイケル・ジャクソンとビートルズ・カタログを管理する音楽出版社SONY/ATV。勿論ソニーミュージックの子会社だ。

ここにきて新たに買い手が現れた。ロシア系の億万長者のレナード・ブラヴァトニック。不動産やメディアを持ち、既にワーナーミュージックの株を2%持っている。ワーナーミュージックのエドガー・ブロンフマン会長とも仲が良い。他にもバックストリー・ボーイズやインシンク、ブリトニー・スピアーズで財をなしたレコード会社「ジャイブ・ゾンバ」の創業者のクライブ・カルダーや投資会社「アポロ・マネージメント」も手を挙げた。
エドガー・ブロンフマンは「ワーナー・チャペル」を売った金でEMIミュージックを買いたいと思っている。その場合、買収金額の多くを占める音楽著作権の管理会社「EMI音楽出版」はいらない、レコード部門だけを買いたいようだ。ワーナーとEMIのレコード部門が一緒になれば、ユニバーサル、ソニーに次いでアメリカで3番目のレコード会社になる。そして「ワーナーEMI」の最高経営責任者に収まる。
まもなく米金融最大手のシティグループもEMIミュージックを売りに出す。その時レコード部門と音楽出版部門がばら売りにされた場合、音楽出版部門のEMI音楽出版の買い手に誰が手を挙げるのだろうか。ユニバーサルやソニーが「ワーナー/チャペル」を買ってEMI音楽出版も欲しいと言ったら、EUの独禁法に抵触するのは間違いない》

ところで、シティグループによる「EMIミュージック」の買収だが、改めて記すと、投資会社「テラ・ファーマ・キャピタル」が保有してきた「英EMIミュージック」の全株式を取得したというもの。これは資金難に陥っていた投資家のガイ・ハンズ氏から取得したという。しかも、情報によるとシティーグループは、買収と同時にEMIに対して資本の増強を実施した。その結果、、EMIの負債は34億ポンド(約4500億円)から、12億ポンド(約1800億円)へと65%も大幅に削減された。これによって3億ポンド(約400億円)を超える利用可能なキャッシュを有することになり、この資本構造によって「EMIの財務力は高まった」とされ「アーティストやソングライターの価値を最大に高める戦略が実行できるようになった」としている。
買収後に関しての役員体制は、「従来どおりの経営陣で経営される」と言う。
「EMIは、この12ヶ月間、クリエイティブにおいても、またビジネスでも成功をおさめてきましたが、今後も引き続き高い目標を掲げた成長戦略を追及していく」
としている。
で、EMIのロジャー・ファンクソン最高経営責任者(CEO)は、今回のシティグループによる買収劇について

「シティによるEMIへの資金増強は、当社にとって大変ポジティブは一歩です。これによってEMIは適度な水準の債務と健全な流動資金を持ち、業界で最もしっかりしたバランスシートを持つ会社の一つとなりました。その堅固な基盤でビジネスを進めていけると確信しています。私たちは既に業界が直面する課題の克服に向けて素晴しい進歩を遂げてきました。音楽と出版の2つの事業部門のより緊密な提携は、クリエイティブな才能のために既に見事な結果を出しています。私たちにはアーティストやソングライターを成功へと導く将来への明快なビジョン、強く献身的な経営陣、そして今、適切な資本と財務構造が備わりました」
 とするコメントを明らかにしている。
シティグループは今後、EMIの財務の体質を強化する方針だ。いずれにしても、ロジャー氏が語るように「EMIミュージック」は、「レコード部門」と「音楽出版」を抱えている。ビートルズやコールドプレイのCDを出し音楽出版を握っていることから魅力的なレコード会社とも言われている。
シティグループのStephen Volk副会長が、買収後後のMAL(EMIの直接の持ち株会社=Maltby Investments Limited)の会長を務める(兼務)が、EMIの買収について

 「シティは、EMIの持ち株会であるMALのオーナーシップを引き継ぎました。このプロセスでEMIは以前の維持不可能な債務負債を65%減収させ、しっかりしたバランスシートを持つようになり、事業の成長への投資が可能となった。これは、EMIやその従業員、アーティスト、ソングライター、サブライターにとって前向きな進展となる。私たちの目的はEMIが私たちの株主に対して長期的に最大の業績を上げるようにすること。EMIは象徴的な企業であり、私たちはEMIの経営陣とその戦略の両方を完全にサポートしていく。これはEMIに所属する全ての人にとっていつも通りのビジネスを遂行することを意味している」
と語っていた。
いずれにしても、今後の成り行きが注目されるところだ。

やはり強運!? ボコボコ海老蔵の女房・麻央が妊娠5ヶ月。生まれてくるのは男の子か…?

妊娠5ヶ月だってことは、事件当時は、すでに”仕込んでいた”と言うことになる。
歌舞伎役者・市川海老蔵の女房でタレントの小林麻央が妊娠5ヶ月だと言うことが分かったが、海老蔵は、夜な夜な遊び回りながらも、しっかり麻央とも子作りに励んでいたわけだ。
それにしても、子作りに励んでいながら、一方では酒に酔ってボコボコにされて帰ってくる海老蔵と言うのだから、歌舞伎界の芸道は妙なものである。しかし、麻央も謝罪したり、「ありがとうございます」なんてお礼を言ったり、まるでカメレオンのようである。
ま、一時は「離婚も…」なんて噂が飛び交ったりもしたが、子供が出来た以上は「離婚」なんて簡単にするはずない。いや、出来るはずがない。
ある業界スズメが言う。
「いくら不満があっても子供が生まれたら、麻央だって離婚なんて簡単には口にしないでしょ。特に、生まれてくるのが男の子だったら、歌舞伎界にとっては後継者にもなりますからね。それでも万が一、離婚なんて話になったら、麻央は巨額な慰謝料を請求できるんじゃないかな」。
いくら「芸の肥やし」だと言っても、麻央にしてみれば、海老蔵の夜遊び、女遊びには苦しめられてきたはず。その麻央も、子供が出来たことで一気に強気な態度に転じるのではないか。確かに「まさか、あの麻央が…」なんていう声もあるが、綺麗なものには棘がある(もっとも、麻央が綺麗かどうかは意見が分かれるかもしれないが…)。心の底では、もしかして…。
いずれにしても、麻央は、すでに5ヶ月。当然、お腹の中の子が男か女かは調べるだろう。おそらく「男の子」だったに違いない。
いずれにしても、海老蔵をボコボコにした伊藤リオンも3月3日の第2回公判で結審する予定だし。リオンに判決が下れば、今度は海老蔵の復帰に向けて騒々しくなってくるに違いない。きっと、海老蔵周辺は、出産予定日に焦点を当てて何かとマスコミに話題を提供して盛り上げ、今回の事件で受けたネガティブなイメージの払拭を図るに違いない。そういった意味では、海老蔵と言う男、なかなか運んい恵まれている…。