Archive for 2月 17th, 2011

左手の甲にラッキーナンバー「13」の文字…。テイラー・スウィフトが日本から世界ツアー!!

木曜日, 2月 17th, 2011

110216_200728.jpg
アメリカン・アイドルのカリスマ、テイラー・スウィフトが16日の夜、東京・北の丸の日本武道館でジャパン・ツアーを行った【写真】。テイラーの日本公演は13日の大阪城ホールに続くもの。
今回のジャパン・ツアーは、テイラーにとっては初のワールド・ツアーのスタート。このワールド・ツアーを日本からスタートすることについて「20歳と言う節目に、初のワールド・ツアーが出来るのは自分にとっても大きな励みになるし、素敵なこと。スタートを日本にしたのは、私からのバレンタインデー・プレゼントだと思って欲しいわ…」と言っていた。
そのテイラーは、09年にアルバム「フィアレス」で日本デビューした(全米では08年11月発売)。このアルバムは「第52回グラミー賞」では、10部門でノミネートされていたビヨンセを抑え「最優秀アルバム賞(アルバム・オブ・ザ・イヤー)」を史上最年少(19歳)で受賞した。因みに、アルバム「フィアレス」は、米ビルボード誌のアルバム総合チャートで11週1位に輝き、最少年記録を樹立している。ビルボードで10週以上に亘って1位獲得したのは、99年のサンタナ「Supernatural」以来で、今世紀に入ってからは初めての記録となり、スーザン・ボイルのアルバム・セールスをも抑え「世界で最もアルバムを売ったアーティスト」にも選ばれた。
ワールド・ツアーに先駆け、昨秋11月10日にはサード・アルバム「スピーク・ナウ」が発売された。このアルバムは自立したテイラーの素顔を全面に出した作品集となっていて、全米では僅か2週間で300万枚を突破している。また、収録曲の中で「Mine」は、日本テレビ系「ズームイン!! SUPER」のテーマ曲としても起用されてきた。
「Sparks Fly」で幕を開けた今回のステージは、新アルバム「スピーク・ナウ」の収録曲を中心にアンコールを含め13曲を熱唱した。また、途中は自ら客席を通り、客席の後方に設けられたサブ・ステージで、ギターの弾き語りで「Fearless」や「15」などを披露するサービスぶりも。
ところで、テイラーにとって、この「13」はラッキー・ナンバーで、今回も左手の甲にも「13」の文字が描かれていた。
「数字の13は、人生全般で信じているジンクスなんです。私の人生で起こったいいことって全て、13という数字なんです。例えばアワード・ショーに出席しようとしている時に、色々なところで13を見かけると、そういう時って受賞するの。(12月)13日生まれだし、13日の金曜日に13歳になった わ(笑い)。ファースト・アルバムは、13週目でゴールド・ディスクになったし、13がある所には、常にいいことが起こってるのよ。だから今回も左手の甲に13って書いてからショーに挑んだの」。
日本武道館公演は、きょう17日にも行われる。