桑田佳祐ばかりじゃない!! 食道がんを克服した小澤征爾の“復活ライブCD”が大評判に…

110126_104652.jpg昨年1月に食道がんの手術を受けながらも昨年末に完全復活を果たした“世界の小澤”こと指揮者・小澤征爾が、昨年12月14日に米ニューヨーク・カーネギーホールで行った公演の模様を収録したライブCD「奇蹟のニューヨーク・ライヴ」が26日に発売された。これが、無茶苦茶の売れ行きらしい。ま、無茶苦茶と言っても嵐やAKB48、ましてKARAなんかに比べたら、そりゃ少ない。が、クラシックとしては早くも爆発的なセールスになっているというのだ。
きょうは発売日とあって東京・銀座の山野楽器本店で初日の店頭キャンペーンが繰り広げられた【写真】。これが早朝から100人以上が並ぶほどの盛り上がりになった。発売メーカーであるユニバーサルミュージックの担当者なんかは
「発売前から2万枚の予約が殺到していますからね。これはクラシックCDとしては記録的な数字なんですよ」
と豪語していた。
とにかく、山野楽器なんかは「クラシック作品では歴代最高の予約数となった」とか。
なるほど東京・銀座と言う土地柄もあってか、購買層は中高年が圧倒的。そういった意味では、小沢征爾のメーン・ターゲットだってことだ。それだけに「超強力作品」として同アルバムを推していくという。「発売日だけで1000枚以上を売り上げることは確実です」と意欲満々だった。これまで、山野楽器のクラシック予約数では09年に発売された盲目のピアニスト辻井伸行「感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ」が最高だったらしいが、世界の小澤征爾がその記録を僅か1年で塗り替えたということになる。
ところで、このライブCD「奇蹟のニューヨーク・ライヴ」は、サイトウ・キネン・オーケストラが「ブラームス 交響曲第1番 ハ短調」を演奏している。「小澤征爾と言えばこの作品」という、いわば十八番の作品。公演は昨年12月14日に行われたものだが「ライブの感動をいち早く届けたい」ということから、公演から僅か1ヶ月でCD化したという。そういったタイムリー性も今回のセールスに結びついたと言えそうだ。
それにしても、小澤征爾は9年間に発売した「ニュー・イヤー・コンサート2002」が100万枚を突破して話題になった。今回の作品は、その作品を上回る可能性も出てきた。

韓国5人娘・KARA騒動の顛末は「来日未定」に。「先週末来日していた」のガセ記事まで…

結局、日本のマスコミは、韓国の女性5人組アイドル・グループKARA空(カラ)情報に振り回されっぱなしである。

 25日に来日」との情報がマスコミを駆け巡り、羽田空港で会見するとか、会見はどこの局の誰が仕切るとか言って大騒ぎになっていた。しかし、昼過ぎになって雲行きが怪しく…。「本当に来日するのか?」

 まあ、冷静に考えてみれば、韓国で揉めていて、解決したのかどうかも分からないうちに「来日する」っていうのも妙な話。だいたい、「5人でのKARA」を希望していることは分かっているというものの、しかし、所属事務所の「DSPメディア」に契約解消を求めたハン・スンヨン、二コル、カン・ジヨンは3人がどういった形で事務所と解決したのか全く報道されないまま、来日ってことになったら、一体、今回の騒動は何だったの?ってことになりかねない。しかも、午後になって「来日」どころか、韓国で話し合いが続いているなんて情報まで出てきて「それじゃ来日できないじゃん!」。いずれにしても、韓国側の関係者は「まずは韓国で状況を明らかにし、メンバーが会見する話。自国を反故にして日本で会見なんてあり得ない」としている。確かに、「まずは韓国で」が筋だろう。

 とは言っても、結局のところ、話し合いを行って要求したものの、一部には「物別れになった」とも…。だとしたら「来日」はまだまだ。現時点では未定の状況のようだ。

  それにしても、理解できなかったのは昨日の「スポーツ報知」。

  「KARA 先週末 極秘来日」

  と大見出し。一体、どこから、こんなガセネタを掴まされたのか?

  その記事を見ると「先週末にメンバー全員で極秘に来日、都内に滞在していた」というのだ。まあ、記事はそれだけなのだが、こんな騒動の中、どうやって来日したというのであろうか? 当然ながら韓国のメディアだってマークしているはずだし、行動がチェックされている中でメンバーの5人もが動けるはずがない。しかも、KARAが出演しているテレビ東京「URAKARA」は、先週の時点で収録がキャンセルされていたはず。にも拘らず、何で、こんな記事が出るのか? 摩訶不思議な記事だった。 

 いずれにしても、フジ「とくダネ!」の前田忠明さんも含め、ここにきて、このKARA騒動を混乱させようと企てている人物が陰にいるとしか思えない。もしかして、昨日と今日、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館で開催している「SMTOWN LIVE」の話題潰しだったりして…。だとしたら、少女時代のライバルであるKARAの緻密な奇襲作戦だ。

 いずれにしても、今回の騒動は、余りにも情報が錯綜し過ぎている。メンバーは「5人のKARA」を望んでいるということは、おそらく、そうだろうと思う。しかし、現時点ではそれだけ。だいたい、メンバー3人の弁護士である洪弁護士は、テレビ東京「URAKARA」について、「まだ契約書にサインしていないと承知している」と言っている始末である。「オイオイ、契約をかわしていないのかよ!」って感じだが、テレビ東京側は「契約を交わした」って言っているし、そういった部分でも曖昧すぎる!!

 もっとも、その「URAKARA」の視聴率だが1回目は4.2%で「凄い!」と驚かせたが、2回目は1.7%…。この話題の渦中に、この数字…。もしかして、余りの低視聴率にメンバーもショックで、実は突如、来日予定をキャンセルしたなんてことも考えられなくもないが、いずれにしても、このスケジュールでいったら「URAKARA」の放送はどっちにしろ断念するしかない状態だろう。もっとも、関係者によると、現在はKARA抜きでドラマの収録を行い、今週末にもKARAの来日を待って最終収録を行うという最後の最後まで待つつもりのようだが、このぶんだとドラマ担当者は眠れない日々が続く…。