Archive for 1月 12th, 2011

“反小沢”はみんなの党と連携!?小沢は桝添、原口を党首に国民新党と組み新党結成も…

水曜日, 1月 12th, 2011

朝日ニュースターで上杉隆が司会を担当する「ニュースの深層」という番組に民主党の小沢一郎が出演していたのには驚いた。しかも、小沢は余裕たっぷりの表情で自らの政治理念を語っていた。
その小沢を煙たがっているのが、やっと総理大臣になった菅直人である。「市民運動家の星」とでも言いたいのか、単なるお調子者。何を勘違いしているのか、政治生命を賭けて小沢一郎との対決姿勢を露わにしている。きっと、小泉純一郎の真似をしているのだろう。小沢を「抵抗勢力」と位置付けているのかもしれないが、救いようのないというのはこのことだ。
「本気で小沢を切れば支持率がアップすると思っている」(政界関係者)
ようである。
しかも、小沢を追い出して何を考えているかと言ったら…。
「要するに、菅は、小沢を追い出して、みんなの党と連携して連立を組もうとしているのでしょう。みんなの党も小沢がいなければ…と気持ちもある。所詮は政権内に入りたい連中ですから」
みんなの党は、中身を見たら小泉純一郎の別動隊。そんな党と民主党の反小沢が合流したら、それこそ悪夢だった小泉政権の傀儡になってしまう。アホらしい!!
では、小沢はどう動くか? 
民主党を1人で離党するケースがあるが、濃厚なのは新党結成らしい。新党結成の場合は国民新党と合流するパターンのようだ。もちろん社民党とも連携するだろう。その場合は、桝添要一か原口一博あたりを党首にするという案があるようだ。
「民主党からは30人前後が小沢と行動を共にするようです」(関係者)
なんていう情報もある。
どっちにしても民主党の解体は、もはや避けられそうもない。

新成人に偉そうなこと言えるか!! 内閣改造で官房長官に参院選惨敗A級戦犯・枝野起用?

水曜日, 1月 12th, 2011

いつまでたっても「親小沢」だの、「反小沢」だとの言っている民主党の菅・仙石政権。もっとも、マスコミ自体が「小沢派か?反小沢派か?」なんて言って騒いでいるんだからに日本の政治は進歩しない。今や、この事態はハッキリ言って「政治と金」を論議している場合じゃない。日本の将来がかかっているのである。
今年の新成人は124万人と過去最低の人数だったと言う。「責任を持てる大人に」などと、その新成人に対してオジンやオバン連中に混ざって政治家どもは言っているけど、その新成人から夢や希望を奪い取っているくせに偉そうなことを言ってる場合じゃない!! 
結局、菅直人が出演しながら目を覆うような低視聴率だった「ニュースステーション」でも分かるように、菅がノコノコと偉そうなツラして出てきても視聴率が稼げない。所詮、菅なんかに視聴者は興味がないのである。そこでメディアは、小沢を引っ張り出してきて、「小沢派」とか「反小沢派」とか言って、無茶苦茶な政治ショーを演出するしかないのだ。しかも人気のない菅・仙石政権も、ワラにでもすがるような思いで、そのメディアが演出する政治ショーに乗っているだけ。実にアホらしい茶番である。
早い話が、政治もメディアも変えるには、国民(有権者)しかないのだが、肝心な国民がいい加減だから変わりようがない。
ところで、新成人と一緒で夢や希望もなくなった民主党だが、菅や仙石がアホなら岡田幹事長もクズ。かつて福田内閣の時、小沢一郎が「大連立」を画策した際、小沢は、民主党について「いまの民主党では政権を動かせない」というようなことを言っていたが、本当にその通りだった。
だいたい、厚生大臣を1回やって調子に乗っている菅に一国を動かす力なんてあるはずないし、器もない。日本にとっては実に不幸な選択だった。ま、選択した責任は有権者にもある。民主党の党員は世論操作に動かされ、菅を選択したが、僅か3ヶ月で不平不満だ。しかし、今さら「やっぱり小沢に入れておけばよかった」とも言えないから「誰がやっても同じ」なんて無責任な言い方をしている。何とかならないか!?
さて、その菅は、内閣改造で、仙石に代わる官房長官として枝野を考えているというのだ。それにしても、枝野じゃ、仙石に続いて、またまた弁護士官房長官である。弁護士上がりは口達者だからか?いずれにしても、情けない内閣改造になる。
「当初、官房長官として菅は桝添要一を説得したようなんですが、その場で断られてしまった。それで、枝野ということになったんですが、枝野は先の参議院選での大敗の責任を取って辞めたのに、これじゃ、反省も何もないですよ」(政界関係者)。
もはや、民主党は破滅への道を突っ走っている。
(つづく)