「NHK紅白歌合戦」個人視聴率…前半最高はAKB48の40%超え!桑田佳祐45.4%、48.9%でメンツ保ったSMAP!?

holiday-P1030475_ed.jpg
「第61回NHK紅白歌合戦」の出場歌手の個人視聴率がまとまった。視聴率と言えば、その番組が視られたかどうかどうかだが、「紅白」の場合は、視聴率がアーティストの「成績表」に変わってしまう。とりあえず、今回の「紅白」は、前半(第1部=19時30分〜21時25分)が35.7%、後半(第2部=21時30分〜23時45分)は41.7%の視聴率だった。この平均視聴率より、上か下かで判断が変わってしまう。
さて、今回の「紅白」は、オープニングは29.9%でスタートしたが、プロゴルファーの石川遼が登場し「紅白」の開会宣言をすると34.8%と一気に30%台へと急上昇した。しかし、石川だけで4.9%もアップするとは大したものである。その後、トップバッターの浜崎あゆみが登場しウエディング姿で「Virgin Road」を歌うと37.0%となり、続くEXILEの「I Wish For You」では、37.3%となった。しかし、次のAKB48が前半の最高視聴率40.3%を弾き出した。
意外によかったのは、AKB48 の歌が終わった後の「審査員紹介」だった。何と39.7%で、何と前半では2番目に高い視聴率だった。他には、おかあさんといっしょ「ドコノコノキノコ」や怪物くん、熊倉一雄「ゲゲゲの鬼太郎」など、いわゆる企画ものの「キャラクター紅白歌合戦」が37.3%。さらに、楽天イーグルスの”マー君”こと田中将大がFUNKY MONKEY BABYSの応援で出てきた時は、マー君の出てきた時の方がFUNKY MONKEY BABYSの歌っている時より0.5ポイント高い37.8%と皮肉な結果に。

一方、後半はどうか。スタートで「『紅白』テーマソング『歌の力』」を出場歌手全員が歌う企画のコーナーは、39.2%だった。その後、嵐と出場歌手の有志によって繰り広げられた企画コーナー「僕たちのふるさとニッポン」は、36.8%と後半では最も低い数字となった。企画と言えば、司会の松下奈緒が「ゲゲゲの女房」の主題歌だった「ありがとう」のピアノ演奏を披露したのは44.5%と高視聴率をマークした。
また、東京・渋谷区のビクター青山スタジオからサプライズ出演した桑田佳祐は45.4%と、DREAMS COME TRUEとSMAPの”トリ組”に続く視聴率だった。桑田の相乗効果もあって、いきものがかりも45.2%と45%を超えた。
いずれにしても、今回の司会は嵐だったが、視聴率的には2年連続でSMAPがとりあえずメンツを保った感じか!?
さて、最高瞬間視聴率で最も高かったのは、23時42分で「蛍の光」の合唱前の勝敗決定の瞬間で49.7%だった。50%近くの視聴者は「白組が優勝したんだぁ〜」と確認して年を越したのだった…。

【個人視聴率】 ※出演順
≪前半≫
浜崎あゆみ 37.0%
EXILE 37.3%
AKB48 40.3%
NYC 38.0%
アンジェラ・アキ 37.0%
AAA 36.5%
中村美律子 34.8%
flumpool 34.1%
平原綾香 33.3%
遊助 32.8%

※企画「キャラクター紅白歌合戦」 37.3%

伍代夏子 36.3%
細川たかし 36.1%
ポルノグラフィティ 37.1%
西野カナ 36.0%
FUNKY MONKEY BABYS 37.3%
川中美幸 37.5%
HY 37.5%
クミコ 36.0%
水森かおり 36.5%
徳永英明 36.1%
水樹奈々 35.3%
L’Arc~en~Ciel 35.1%
天童よしみ 36.8%
森進一 36.0%

≪後半≫
※企画「紅白」テーマ曲「歌の力」合唱 
39.2%

郷ひろみ 39.8%
aiko 40.0%
Perfume 39.5%
TOKIO 41.5 %
倖田來未 40.3%
五木ひろし 42.2%

※企画「僕たちのふるさとニッポン」 36.8%

和田アキ子 39.3%
加山雄三 40.0%
福山雅治 43.4%
小林幸子 43.9%
コブクロ 43.2%
植村花菜 42.2%
嵐 43.0%

※企画 松下奈緒「ありがとう」ピアノ演奏 44.5%

いきものがかり 45.2%

※サプライズ 桑田佳祐 45.4%

石川さゆり 44.0%
北島三郎 42.7%
坂本冬美 44.9%
氷川きよし 43.9%
DREAMS COME TRUE 47.9%
SMAP 48.9%

※審査結果 49.7%