2010年“着うたの女王”は西野カナ!!「会いたくて 会いたくて」が1位!シングル年間1位のAKB48 はベストテン外!!

holiday-P1030408_ed.jpg
2010年の”着うた”の女王は西野カナ!!【写真】
日本レコード協会は、音楽配信業者17社の協力で有料音楽配信「着うたフル」のウイークリー・チャートを公表してきたが21日、着うたフルの「年間チャート」を発表した。レコード協会が音楽配信の年間チャートを公表するのは初めてだが、その記念すべき第1回目の年間チャートに西野カナ「会いたくて 会いたくて」が輝いた。
名実ともに”着うたの女王”に輝いた西野カナは次の通りコメントをした。
「『会いたくて 会いたくて』が、着うたフル有料音楽配信チャート、2010年年間ランキング1位を頂きまして、本当にありがとうございました。『会いたくて 会いたくて』は、私の中でも、歌詞、メロディ、アレンジなどすべてにおいて色々と挑戦した曲であったので、その曲が、こんなに多くの皆さんに聴いて頂けたということを心から嬉しく思っています」。
しかし、西野カナは1位の「会いたくて 会いたくて」の他、3位に「Best Friend」、4位に「if」、8位に「君って」、そして14位には「Dear…」がランクされるなど、ダウンロードされっぱなし!! 「着うたフル」の世界ででは、AKB48なんかには負けていなかった。
また、演歌・歌謡曲では坂本冬美「また君に恋してる」が6位にランクされた。
2位の木村カエラ「Butterfly」といい、昨年の「NHK紅白歌合戦」での効果が、着うたフルにも反映した格好だった。また、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌だった、いきものがかり「ありがとう」も10位にランクインした。CDセールスではオリコンの年間セールス1、2位を独占したAKB48は、「ヘビーローテーション」が12位で、「ポニーテールとシュシュ」は16位という結果にとどまった。
また、浜崎あゆみは「You were…」が53位、倖田來未は「好きで、好きで、好きで。」が27位とやや低迷だった。

集計期間は2009年12月16日から2010年12月20日12月14日の52週分ダウンロード数。

【2010年有料音楽配信・年間チャート30】
1. 西野カナ 「会いたくて 会いたくて」
2. 木村カエラ 「Butterfly」
3. 西野カナ 「Best Friend」
4. 西野カナ 「if」
5. ヒルクライム 「春夏秋冬」
6. 坂本冬美 「また君に恋してる」
7. EXILE 「もっと強く」
8. 西野カナ 「君って」
9. 清水翔太×加藤ミリヤ 「FOREVER LOVE」
10. いきものがかり 「ありがとう」

11. ヒルクライム 「大丈夫」
12. AKB48  「ヘビーローテーション」
13. 西野カナ 「Dear…」
14. JUJU 「この夜を止めてよ」
15. JUJU 「Hello,Again〜昔からある場所〜」
16. AKB48 「ポニーテールとシュシュ」
17. FUNKY MONKEY BABYS 「涙」
18. ヒルクライム 「ルーズリーフ」
19. いきものがかり 「YELL」
20. 福山雅治 「はつ恋」
21. 福山雅治 「蛍」
22. コブクロ 「流星」
23. FUNKY MONKEY BABYS 「あとひとつ」
24. KARA 「ミスター」
25. 中島美嘉 「ALWAYS」
26. Honey L Days 「まなざし」
27. 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」
28. 木村カエラ 「Ring a Ding Dong」
29. AKB48 「Beginner」
30. 西野カナ 「もっと…」

有線放送・全国ランキング…コブクロ「流星」首位返り咲き!秋岡秀治「酒慕情」9位初登場!!

キャンシステム発表の12月17日付「有線放送」全国ランキングは次の通り。集計期間は12月4日から12月10日まで。
 前週初1位にランクされたJUJU「この夜を止めて」が2位に後退し、今回、1位にランクされたのはコブクロ「流星」だった。同曲は前週1位から7位へと大きく後退したが、再び露出を増やしトップの座に。
「NHK紅白歌合戦」に初出場の植村花菜「トイレの神様」は45位→35位→7位→5位→4位と着実に上昇中。
 前週4位に初登場したジャニーズ事務所の滝沢秀明と今井翼の男性アイドル・ユニット、タッキー&翼の新曲「愛はタカラモノ」は6位に後退した。また、演歌・歌謡曲で坂井一郎の「オカンのしおむすび」が91位→17位→8位と登場3週目でベストテン入り。また、秋岡秀治「酒慕情」が初登場9位にランクされた。
 秋岡は、91年に「男の酒」で歌手デビューした。父は漫才コンビのWヤングの平川幸男で、秋岡秀治という名前は、師匠の岡千秋と吉岡治の名前が由来となっているという。

【有線放送・全国ランキング】 ※カッコ内は前週の順位
1(7) コブクロ 「流星」
2(1) JUJU 「この夜を止めてよ」
3(2) 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
4(5) 植村花菜 「トイレの神様」
5(3) KARA 「ジャンピン」
6(4) タッキー&翼 「愛はタカラモノ」
7(6) 山本譲二 川中美幸 「仁川エアポート」
8(17) 坂井一郎 「オカンのしおむすび」
9(−) 秋岡秀治 「酒慕情」
10(8) 西野カナ 「君って」

次(16) KinKi Kids 「Family 〜ひとつになること」