「自分は悪くない!」被害者面全開!! 海老蔵が緊急会見で逃亡犯と対決姿勢!! 松竹は「無期限謹慎」処分に !!

20101207200114.jpg20101207200607.jpg歌舞伎役者の海老蔵が東京・高輪プリンスホテル地下1階のプリンスルームで緊急記者会見を行った。事件が長期化する中で、時間が経つにつれ海老蔵の起こしてきた悪態ぶりが次々に明かされはじめたため、慌てた松竹が、少しでも海老蔵のイメージ挽回になればということでセットしたようだ。会場には500人を超える報道陣が殺到している。これは小林麻央との婚約会見なんかより熱く盛り上げっている。会見の冒頭、松竹から海老蔵の「無期限謹慎」が発表された。ま、これは、世間様を騒がせたということで、海老蔵に対してのお灸のようなものだが、表向きには「世間を騒がせた海老蔵に対する処分」ということだろう。それだけのこと。そういった意味でも会見で海老蔵は「自分には非がない」と言い続けるしかない。とにかく、「海老蔵にも責任があった」なんてことを認めたら、今後の海老蔵にも汚点を残す。…と言うより、会見の席では、海老蔵には責任がないことを何としてもアピールしておかないといけないのだ。ま、反省としては「社会人として節度を欠いた…」程度。しかし、海老蔵も32歳だろう。「社会人」と言うより、もう立派な「大人」。アホじゃないか!?だが、これが事件のこととなったら認めない、認めない。とにかく全否定。「(伊藤リオンとは)初めて会った」「介抱していたら、いきなり殴りかけてきた」とにかく、報じられているように、海老蔵側から手を出したり挑発したことは全くないと断言していた。ただ、口のきき方に関しては、「相手がどう感じたかは分からない」としていたが、それにしても自らの責任は一切認めようとしなかった。だが、よく考えて欲しい。海老蔵といったら酒乱、女癖の悪さは歌舞伎界どころか業界一。そんな男が「介抱した」なんて、ちゃんちゃら可笑しくて笑っちゃう。それも、「介抱」した男が元暴走族のリーダーで、その男とは初めてあったのだという。しかし、海老蔵ともあろう歌舞伎役者が、そんな初めてあった男と一緒に酒を飲み交わし、酔い潰れたからと言って介抱までするものなのか? そもそも、自分に責任がないのに殴られ、全治6週間ものケガを負ったのに、何で被害届を出すことを拒み続けたのか? 理解に苦しむ。だが、そんな理屈は関係ない。会見では、「被害者は自分だ!」と言い切るしかないのだろう。まるで、政治家のようである。歌舞伎の世界では中村獅童と並ぶヒール役者だ。それだけに、今回、ボコボコにされ全治6週間の大けが…なんて時は祝杯をあげた人もいたという。それにしても、会見は質疑応答のスタイルで8時から1時間半も行ったが、海老蔵側は犯人側との取引も和解も全くせず、全面対決する姿勢は出していたかもしれない。因みに、犯人グループの中で、伊藤リオン以外の誰かが、明日にも出頭するとの情報もあるのだが…。

海老蔵事件で出頭したら実刑は確実!! 伊藤リオンは傷害で昨年12月まで服役していた!?

歌舞伎役者・市川海老蔵の傷害事件は、海老蔵をボコボコにした伊藤リオンが逃亡したまま。今や、酒井法子の覚せい剤事件や押尾学の一連の事件に匹敵するぐらいの長期話題になっている。
最近は、海老蔵のネガティブな情報が氾濫して、被害者が被害者でなくなっているのも現実。CMにしてもヤマサや伊藤園などが難色を示し始めているし、損害は大きい。海老蔵は今夜8時から都内のホテルで会見を行うが、少しでも事件を沈静化させようという魂胆だろう。
が、それも自業自得と言ったところ。しかし、7月にフリーアナの小林麻央と結婚したばかり。新婚ホヤホヤなのに、このいい加減さは何なんだ。正直言って、2人の新婚生活は一体、どうなっていたのか?
それにしても、逃亡中の伊藤リオンは、なかなか出頭してこないし、逮捕される気配もない。一体、これはどうなっているのか? まあ、事件のあった場所の所轄が、またまた警視庁麻布署っていうのもあるのだろう。結局は、麻布署と犯行グループとの馴れ合いが、今回の事件を引き起こしたと言っても過言ではないからだ。
しかし、伊藤リオンが出頭できない決定的な理由が分かった。
ある事情通が言う。
「実は、伊藤は、傷害事件を起こして服役していたんですよ。服役を終えて出所してきたのは昨年12月だったらしいけどね。結局、刑を終えて出てきたのに、また傷害事件で逮捕なんてことになったら、例え、海老蔵側に何らかの責任があったとしても実刑は免れない可能性があります。だとしたらリオンも出頭は拒否しますよ。おそらく代理人を通して話し合っていると思いますね。少なくとも、リオンとしては海老蔵側の責任を主張しているはずですから、海老蔵側が被害届を取り下げるか、逮捕されても起訴されないことを条件にしているはず。」
一部には、服役ではなく「執行猶予中だった」との情報もあるのだが、どっちにしても、タチが悪い。しかし、ここまでの凶悪犯を警視庁捜査一課が捜査をしている割には、どうも逮捕すると言う気迫のようなものを感じないのは、一体どういうことか?何か理由でもあるのだろうか?
しかし、リオンの条件を呑んで海老蔵側が責任を認め、万が一でも被害届を下したりしたら、海老蔵にしてみたら大ダメージである。ここまで大騒ぎになって、最後のオチが「私の責任です」なんてシャレにもならない。ハッキリ言って、市川海老蔵の人間性にも関わってくるし、最後は、横綱・朝青龍のような道を選ばなきゃならなくなる。歌舞伎界にとっても笑い話にならない。
海老蔵は、今夜の記者会見で、事件を沈静化させようという魂胆だろうが、果たして何を語るのか?