Archive for 11月 26th, 2010

K−POPの次はK−JAZZ!? イケメン韓流ジャズ・ピアニストのハクエイ・キムがデビュー!!

金曜日, 11月 26th, 2010

101126_141932.jpgholiday-P1030411_ed.jpg
昼下がりの東京・八重洲でイケメン韓流ジャズ・ピアニストがデビュー演奏会を開くというので行ってみた。
東京駅の八重洲口に隣接したグラントウキョウ・サウスタワーの1階にあるBMWのショウルームで、韓流ジャズ・ピアニスト、ハクエイ・キムがデビュー・コンベンションを行った。
韓流ブームに乗って、少女時代やKARAなどを出し、K-POPで勢いづいているユニバーサルミュージックが「K−POPの次はK−JAZZ」とか言い出し、来年はジャズにも力を入れようとしている。とにかく、ユニバーサルは、ジャズ&クラシックのセクションに「area azzura(アレア・アズーラ)」などという新レーベルまで作って本格的に取り組むのだと言う。
ハクエイ・キムは、確かに韓流ではあるが、日本での実績はあった。今年の夏には渡辺貞夫のツアーに・グループにも抜擢されているし、初めて知ったが、東京・赤坂の一ツ木通りで、宇崎竜童・阿木燿子夫妻が経営するライブビストロ「ノヴェンバー・イレブンス」でも何度か演奏していたとか。この店には何度か行ったことがあったが全く気づかなかった。しかも、宇崎と阿木のお気に入りのジャズ・ピアニストだったとは…。
ハクエイは、韓流ジャズ・ピアニストと言ったが、実際には日本人の父親と韓国人の母親とのクォーターとして京都で生まれた。現在、35歳。来年1月19日にデビューアルバム「トライソニーク」を発売するというが、すでにタイアップも決まりつつあるようで、注目度は高い。
しかし、コンベンションには都内や都内近郊のCDショップの販売担当者やマスコミ、音楽関係者が駆けつけていたが、この種のコンベンションとしては異常に多くの人が詰めかけていた。やっぱり「韓流」と「イケメン・ジャズ・ピアニスト」というキーワードにつられたのか?しかも、女性が多かった。
それにしても、「一緒に写真を撮ってください」と言われて撮ったが、正直言って余り気乗りしなかった。もっとも、撮ってみたら、これが何となくBMWの展示会にでも行ったような写真になったが…。

RIAJ「着うたフル」週間チャート…JUJU「この世を止めてよ」初1位、コブクロ「流星」初2位!!

金曜日, 11月 26th, 2010

日本レコード協会(RIAJ)は、音楽有料配信「着うたフル」の11月23日付週間チャートを26日に公表した。集計期間は11月17日から11月23日までの1週間。
 先週まで3週に亘って連続首位に立ってきた、フジテレビ系ドラマ「フリーター、家を買う。」(出演・二宮和也、香里奈)の挿入歌で西野カナ「君って」が3位に後退し、1位にランクされたのはJUJU「この夜を止めてよ」。
 同曲は、17日に発売された作品で,JUJUにとっては通算15枚目のシングル曲。菅野美穂の主演で現在、放映中のフジテレビ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌となっている。一方、2位にはコブクロの新曲「流星」が初ランクされた。同曲もJUJUの作品と同様に17日に発売され、こちらもフジテレビ系月9時ドラマ「流れ星」の主題歌になっている。
因みに、キャンシステム発表の「有線放送」全国ランキング(26日付)では、コブクロ「流れ星」が前週3位から1位となり、JUJU「この夜を止めてよ」は5位だった。
また、前週1位から3位に後退した西野カナだが、「君って」のカップリング曲「Christmas Love」が9位に初登場してきた。これにより、ベストテン内に2曲登場となる。
他に初登場は、5位に大黒摩季「Anything Goes!」。同曲は、12月18日から東映系で公開される正月映画第一弾「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE 大戦 CORE」の主題歌シングル。
 急上昇曲は、「紅白」にも初出場が決まった植村花菜「トイレの神様」。前週48位からの初ベストテン入り。「紅白」では、9分52秒をフルコーラスで歌うことが決まるなど今後、さらに注目が高まりそうだ。
 ベストテン外では、Perfume「ねぇ」が11位、三代目 J Soul Brothere「On Your Mark〜ヒカリのキセキ〜」が14位に初登場。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(−) JUJU 「この夜を止めてよ」
2(−) コブクロ 「流星」
3(1) 西野カナ 「君って」
4(3) KARA 「ジャンピン」
5(−) 大黒摩季 「Anything Goes!」
6(9) TEE 「ベイビー・アイラブユー」
7(48) 植村花菜 「トイレの神様」
8(7) KARA 「ミスター」
9(−) 西野カナ 「Christmas Love」
10(2) 平井堅 「アイシテル」

次(−) Perfume 「ねぇ」

歌舞伎の市川海老蔵がボコボコにされた現場は小向美奈子が覚醒剤逮捕された付近…!?

金曜日, 11月 26th, 2010

101125_232832.jpg
小林麻央と結婚して、新婚ホヤホヤの歌舞伎役者・市川海老蔵がボコボコにされた事件は、歌舞伎界はもちろん、芸能界にも大きな衝撃を与えている。
この事件について、会見に応じた父親の団十郎によると、海老蔵はTシャツやズボンが血まみれ。左目の方にあざ、出血があったばかりか額にも傷があり、左側の鼻の横に陥没骨折、歯も折れていたという。現在は入院している。
海老蔵は「六本木付近の飲食店で飲酒し、泥酔した人を介抱していたら、突然そばにいた知らない人に一方的に殴られた」と言っているが、事件の起こった場所は、六本木の交差点傍の、「瀬里奈」の裏手だったようだ。
海老蔵は、クラブが何軒か入っている、このビルの1階にある「New REX」という店で飲んでいたようだ。しかし、ボコボコにされたのは、店内ではなく、店の前だったらしく、目撃者の話として、時間は朝方の4時半頃、かなりの乱闘が繰り広げられていたというのだが…。
事件後、現場には通報で何人かの警察が駆けつけていたという情報がある。ただ、警察が来た時には海老蔵は現場から立ち去っていたようだ。それにしても、この現場は、裏通りっぽい場所で、薄暗い。深夜は怪しげな通りで、人通りも少ない。喧嘩があっても、意外に目立ちづらい。
因みに、この場所は、去年1月に元人気グラドルで、現在はストリッパーとして活躍中の小向美奈子が覚醒剤取締法違反(使用)で現行犯逮捕されたのと同じ場所付近である。