Archive for 11月 15th, 2010

原因は!? マツケン(松平健)の妻・元アイドル松本友里さん自室のドアノブで首つり自殺!!

月曜日, 11月 15th, 2010

作詞家・星野哲郎さんの死去で騒いでいたら、今度は「マツケンサンバ」で知られる俳優・松平健の奥さんで元アイドルの松本友里さん(本名=鈴木友里子)が、東京・目黒区の自宅で首つり自殺をしていた…なんて衝撃ニュースが。警視庁碑文谷警察署の現場捜査では、きょう午前3時頃、自室のドアノブに首を吊って亡くなっていたという。
松本さんは、84年に「過剰にオンリー・ユー」で歌手デビューしたアイドル歌手。04年に松平と舞台で共演したのがキッカケで交際に発展し、05年に入籍した。その後、06年には男児を出産していたが、最近はのノイローゼ気味だったという。
自殺すれば「躁鬱」「ノイローゼ」となるが、彼女の場合は、今年6月に母親の和歌鈴子さん(元宝塚歌劇団)を亡くしてから一気に元気がなくなっていたという。母親が亡くなったことが原因かどうかは分からないが、もしかしたら子供のこともあったり、松平との関係も悩みのうちにあったかもしれない。遺書などがあったかどうかは不明だが、それにしても今更言っても仕方のないことだが自殺はよくない。しかも、まだ42歳の若さである。実にショッキングで悲惨なニュースとなった。

昭和の偉大な作詞家がまた…JASRAC会長も務めた星野哲郎さんが85歳で死去!!

月曜日, 11月 15th, 2010

「三百六十五歩のマーチ」「函館の女」など数多くのヒット曲で知られ、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会長や日本作詩家協会会長なども務めた作詞家・星野哲郎(ほしの・てつろう)氏が、15日午前11時48分に亡くなった。85歳だった。葬儀の日程などは未定だという。
星野氏は、大正14年生まれ。終戦直後の1946年、清水高等商船学校(現商船大)機関科を出てトロール船の機関士見習いになったが、腎臓結核にかかり船乗りを断念。療養中の52年に雑誌「平凡」の流行歌歌詞募集に応募した「チャイナの波止場」が入選したことから作詞家に転身した。58年には日本コロムビアの専属となった。出世作は59年にスリー・キャッツが歌った「黄色いさくらんぼ」(浜口庫之助作曲)の大ヒットだった。その後、東京オリンピックが開催された昭和39年に都はるみに書き下ろした「アンコ椿は恋の花」は「日本レコード大賞」の最優秀新人賞に選ばれた。
その後、日本コロムビアから分離して設立された日本クラウンに移って、北島三郎の「兄弟仁義」や「函館の女」を始め、水前寺清子「いっぽんどっこの唄」「三百六十五歩のマーチ」なども手掛けてきた。
他に、小林旭「昔の名前で出ています」や鳥羽一郎「兄弟船」を作詞し、演歌作家の第一人者と言われた。手掛けた曲は4000曲以上と言われた。
86年に紫綬褒章、00年に勲三等瑞宝章を受章している。

「有線放送」全国ランキング…氷川きよし「虹色のバイヨン」登場15週目でも1位にランク!!

月曜日, 11月 15th, 2010

キャンシステム発表の11月12日付「有線放送」全国ランキングは次の通り。集計期間は10月30日から11月5日まで。
 前週1位だった西野カナ「君って」が2位に後退し、2位だった氷川きよし「虹色のバイヨン」が再び1位に浮上した。
 氷川の「虹色のバイヨン」は、8月6日付で29位に初登場した後、翌8月13日付で1位にランクされた。その後、9月24日付でEXILE「もっと強く」(1位)、嵐「Love Rainbow」(2位)に続く3位に後退したものの、2週前の10月29日付で5週ぶりに1位に返り咲いた。既に15週間もベスト5入りしているほどとなっている。
また、2週前に89位に初登場だった三代目 J Soul Brothers「Best Friend’s Girl」が前週28位から4位に急上昇してきた。同グループは、EXILEのHIROのプロデュースで活動してきたダンスボーカルユニット。「Best Friend’s Girl」は、明治製菓「メルティーキッス」のCMソングとして起用されている。
一方、韓国のK‐POPは、年末の「NHK紅白歌合戦」への初出場が決定的となった人気アイドル・グループのKARA「ミスター」は根強い人気で前週6位から3位に再浮上してきたが、前週3位だった少女時代「Gee」は9位に後退した。
龍馬伝・福山雅治の新曲「心 color〜a song for the wonderful year〜」が前週の初登場90位から10位へと急上昇。演歌では、若手演歌の上杉香緒里「おんな傘」が前週18位から8位にランク・アップした。
ベストテン外では、前週48位に初登場の友近&堀内孝雄「倖せの求め方」が11位だった他、真下ことみ「酒の舟」が15位に初登場。また、順位は前後するものの前週25位初登場だったAKB48「Beginner」は13位にランクアップ。
洋楽では、前週2位だったアンダーワールド「オールウェイズ・ラヴド・ア・フイルム」が1位となり、前週まで5週間連続首位を独走してきたマルーン5「ミザリー」は2位に後退した。

【有線放送・全国ランキング】 ※カッコ内は前週の順位
1(2) 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
2(1) 西野カナ 「君って」
3(6) KARA 「ミスター」
4(28) 三代目 J Soul Brothers「Best Friend’s Girl」
5(7) Hilcrhyme 「トラヴェルマシン」
6(5) 大月みやこ 「心ひとすじ」
7(9) EXILE 「I Wish For You」
8(18) 上杉香緒里 「おんな傘」
9(3) 少女時代 「Gee」
10(90) 福山雅治 「心 color〜a song for THE wonderful year〜」

次(48) 友近&堀内孝雄 「倖せの求め方」