Archive for 11月 13th, 2010

「じょいふる」歌詞でレアなネタ…APECの厳戒態勢の中、横浜アリーナでは“いきものがかり”コンサート!!

土曜日, 11月 13th, 2010

日が明けてしまったが、夕べ(12日)、いきものがかりの横浜アリーナ公演「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 ~なんでもアリーナ!!!~」に行った。
横浜で開催される「アジア太平洋経済協力会議(APEC)」前日だけに、同じ横浜。さぞ厳戒態勢だろうと行ったが、これが拍子抜けするほど甘い感じの警備体制だった。ま、いきものがかりのコンサートでテロっても意味はないと見ているのだろう。
新横浜駅の改札口で、江崎グリコのY氏と待ち合わせして会場に行った。Y氏は、元々は東京の宣伝部だったが、これが経費の使い過ぎかどうか知らないが、宣伝部から販売促進部に飛ばされてしまった。同時に東京の宣伝部はお取り潰し(以来、東京には宣伝部がなくなった)。
で、現在、Y氏は「マーケティング企画室」なんて、何やっているのか、よく分からないところにいるが、そのY氏、実は、いきものがかりのファンだったことをは白状した。会うなり「一度、観たかったんだ。ようやく念願がかなって嬉しいよ」なんて言っていた。ちょっと、大げさである。
しかも、きょうのチケットは「実券」である。招待なんかで行っていないから、誰にも気兼ねしないで何でも言えるというもの(もっとも、因縁や文句を言うために行っているわけではないが…)。
それにしても、会場に入って思ったのだが客層は実に幅広い。ある大物業界人が、いきものがかりについて「ハイティーンから20代前半のファンは男が多いのが、ちょっと気になるね…」と言っていたが、そんなことはなかった。男女比は6対4ぐらいで若干、女性が多いように感じた。あとは、年配の男性も多いし、家族連れで子供も目に付く。今どきのポップス・アーティストとしては実に珍しい客層である。やはり、これは昨年の「YELL」、そして、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌だった「ありがとう」で得た客層なんだろう。
ま、ステージの内容については、WOWOWで来年1月に放送するらしいから、ここで説明する意味はないのだが、隣で、思ったより冷めた表情で?観ていたY氏が、一番、盛り上がっていたのは、やっぱり「じょいふる」だった。
この曲は昨年、グリコの「POCKY(ポッキー)」のCM曲だった。そんなわけで、やっぱり、グリコの人だけあって、この曲を聴くと自然に興奮するのだろう…。
「(コンサートでの)振り付けは、コンサート・バージョンだね」
なんて言い出し、振り付けの意味まで聞かされた。さらに
「JOYとJOYとJOYとPOPなベイビー」
と歌っている時には、その歌詞について
「違うんだよ!! CM曲では『JOYとJOYとJOYとPock’nなベイビー』なんだよね」
なんて、レアな話までする始末。もう、今はCM曲じゃないんだから…。もっとも、ここで話が途切れたら意味がなと思い、何となく
「コンサートの中ではメチャクチャ盛り上がっているけど、グリコの社内での評判はどうだったの?」
と聞いたら、どうやら、グリコの社内でも「じょいふる」の評判は良かったらしい。
「『元気が出る』って好評だったね」。

ところで、7時開演だったコンサートは、本編が終わったのが9時50分。それから、アンコール3曲。終わったのは10時20分。さすがはストリート・ライブ出身らしく気合の入り方が違う。が、いくら何でも3時間以上ものステージというのは、ちょっと長過ぎる。だいたい、新横浜駅は新幹線が中心で、地下鉄も横浜線も情けないんだから、1万人以上もの人をさばき切れない。これは、ちょっと考えた方がいい。それに、前回の武道館公演もそうだったが、何故かPAに問題ありだ。会場が会場だから…と言ってしまえば、それまでだが、吉岡聖恵の歌が音が割れるのは、やはりPAが悪いと言うしかない?