CCCでなくてよかった!?  ローソンが18億円で「HMV ジャパン」全株式取得し完全子会社化!!

CD、ビデオなど音楽ソフト販売の「HMVジャパン」(代表・太田達之助=東京・丸の内)をコンビニの大手「ローソン」(社長CEO・新浪剛史=東京・六本木)が18億円で買収することで合意した。「HMVジャパン」を巡っては、TSUTAYAなどを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」が買うとか買わないとか大騒ぎしたものの、結局「横浜球団」と同じで最終合意までいかずに終わってしまった。ま、今後の展開は分からないが、音楽業界にとっても、ユーザーにとっても、僕が思うにはCCCに買収なんかされるより、ローソンの方がよっぽどマシだったようにも思えてならない。
発表によよると、「ローソン」は、「HMV ジャパン」の発行済普通株式の全てを「大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ」から取得、完全子会社化する株式譲渡契約を締結した。取得価額は18億円。
発表資料によると「ローソン」は「私たちは『みんなと暮らすマチ』を幸せにします」をスローガンに掲げているらしく、中でも「エンタテイメント事業を重要な成長分野と位置付けている」と言う。その上で
「ネットを活用した利便性の高いサービスの構築を目指しており、現在でも店頭マルチメディア端末『Loppi』や『Ponta&LAWSON ネットショッピング』によるエンタテイメント系オリジナル商品の開発・販売、ローソンエンターメディアでのチケットサービス、アーティストグッズの販売、ファンクラブ運営など、小売業界の中でもエンターテインメント関連事業を強みとしている」
としている。
そんなことから、今回の買収を決めたようだ。
因みに、「ローソン」は、HMVを「スタイリッシュで信頼性の高いブランドとして定着し、リアル店舗とネット通販をバランスよく両立した稀有なブランド」と評価している。
 いずれにしても、「ローソン」としては”総合エンターテインメント・ショップ”を実現することで、競争力の強化を図りたいのだろう。
いずれにしても、レンタルと販売の両刀で、都合のいいスタイルを構築している「CCC」が、HMVを買収したところで、音楽業界の発展に結びつくとは思わない。だいたい、これまでCCCが買収してよかったことは何もない。結局は「食い散らし」状態なのだ。要は、CCCと言うのは経営にビジョンがないのだろう。しかも、そのCCCも、ここ最近は経営的にもいいわけではない。そういった部分でも、ローソンのHMVジャパン子会社化は、ある意味でよかったかもしれない。

ショック!! デビュー30周年を目前に…新春発売予定のアルバムも白紙! “歌姫・中森明菜”が音楽活動引退の危機!!

akina.jpg
歌姫・中森明菜が音楽活動を無期限停止することになった。だが、事態は「現役引退」というほど深刻な状況となっている。現時点では音楽活動への復帰の見通しが立たない。
所属事務所は、具体的な病名は明らかにしていない。だが、過労と疲労からくる免疫低下で、今年に入ってから仕事にも支障を来すようになっていたという。検査した担当医も「よく我慢していたものだ」と驚いたほどらしく「我慢も限界に達している。出来るだけ安静が必要」としている。
明菜は45歳になった今年、パチンコ業界の大手「大一商会」が発売したパチンコ新機種「CR中森明菜・歌姫伝説〜恋も二度目なら〜」のプロモーションを受けていたことから「これだけは頑張りたい」と「無理に」(関係者)参加していたという。明菜を起用した新機種が出たのは4年ぶりだった。しかも今回は、明菜本人をイメージした13種類のアニメキャラクター“ちび菜”まで登場させるなどパワーアップ。さらに、新機種用にオリジナル曲「CRAZY LOVE」まで制作した。
しかも、大一は、新機種の発売に合わせて全国規模のキャンペーンを8月20日から9月30日まで大展開。9月には明菜を起用したテレビCMも大量オンエアーした。
だが、キャンペーンが終了する9月の下旬になって明菜の容体が悪化、明菜は都内の病院に緊急入院した。所属事務所はユニバーサル・ミュージックの担当者と何度も協議を続けてきたという。その結果、一旦は容体を見ることにしたが、その後の病状の経過も思わしくないことから「急な回復は望めない」と判断、ついに無期限での音楽活動休止を決めた。
関係者によると、今後の音楽活動について、明菜自身は明快な気持ちを示していないという。しかし「彼女自身は歌が好きで。音楽活動に対する意欲は十分にある。ファンに対しても心配している」と言うことから「今は治療に専念させ、復帰は明菜の体調を見ながら改めて考えていきたい」としている。
もっとも、現時点では復帰に目途が立たない状態なだけに、周囲は「(再来年の)30周年はファンと迎えられるようにしたい」と言うのが精一杯だ。
それにしても、明菜と言えば、松田聖子と並んで80年代を代表するトップ・アイドルで、今なお年狂的なファンが多い。
逸話も多い。「生意気だ」「逆切れする」「気性が激しい」…。
僕は、明菜に何度も会ったが、そういった感じを抱いたことは全くなかった。いつも気を使うし、会うと挨拶も丁寧だった。いずれにしても聖子と明菜と言うのは、ここ最近の記録を争うアイドルとは違って「記憶に残る」存在感のある歌手だった。
音楽面での中森明菜を語るとしたら、一連のカバー・アルバムがある。「ボーカリストとしての明菜の魅力をアピールしたい」というコンセプトで、94年3月に第1弾「UTA‐HIME」を発売して以来、他アーティストのカバーにチャレンジし、ボーカリスト・明菜をアピールし続けてきた。
明菜は「ボーカリストとしての明菜の魅力をアピールしたい」というコンセプトで、94年3月に第1弾「UTA‐HIME」を発売して以来、他アーティストのカバーにチャレンジし、ボーカリスト・明菜をアピールし続けてきた。カバー・アルバムと言ったら、徳永英明だが、そういった意味で言うなら明菜は「元祖」だろう。
第1弾となった「UTA‐HIME」では「ダンスはうまく踊れない」や「思秋期」「終着駅」など、いわゆる「昭和歌謡曲の名曲」をカバーした。この企画は成功し当時、30万枚を売り上げた。その後も、「歌姫シリーズ」としてカバー・アルバムを出し続け、その当時に発売したカバー・アルバム3部作はトータル・セールス100万枚にも達している。
そのカバー・アルバムも発売してから16年目を迎えている。そういった中「もう一度、原点に立ち返った企画を」ということになり、演歌のカバー・アルバムを始め、昨年は「ムード歌謡〜歌姫昭和名曲集」を皮切りに、6月から8月にかけ3ヶ月連続でアルバム・リリースした。さらに、横浜みなとみらい「横浜BLITZ」で8月18日から9日間に亘って、全14回のライブ「AKINA NAKAMORI Special Live 2009 ”Empress at Yokohama”」も行っている。彼女の音楽活動は精力的だった。
ただ、明菜は40代になった頃からか「大ホールでのコンサートは自分に合わない」と言い出し「ファンと真正面から向かい合える身近なライブをやりたい」といい続けていた。
来年1月末には新作のアルバムを準備していた。しかし「全て白紙に戻した」(ユニバーサル・ミュージック)と言う。
いずれにしても、今は、明菜が再び元気な姿で音楽活動に復帰することを、ただただ祈るばかりだ。