Archive for 10月 15th, 2010

加山雄三・芸能生活50周年を上回る人数…ホリプロ創業50周年記念パーティーに3000人!!

金曜日, 10月 15th, 2010

・・.jpg
大手芸能プロダクション「ホリプロ」の創業50周年を記念したパーティーが15日午後、東京・港区のグランドプリンス新高輪・飛天の間で行われた。都内でも最大級と言われるホールでの記念パーティーだが、何と詰め掛けた人数は3000人を超えていた。とにかく足の踏み場もないと言うのはこのことだ。誰がどこにいるのかもわからない。探すのも一苦労である。
比較するものでもないが今年4月8日に、この会場で”若大将”加山雄三の芸能生活50周年の祝う会が行われた。その時も「凄い人数」と思ったが、集まった人数は1000人ぐらいだった。今回は、単純に言って”若大将”の3倍である。そういった意味でも大変なものである。
しかも、会場には芸能界は当然だが、東宝の松岡功名誉会長や東映の岡田裕介社長、松竹の迫本淳一社長ら映画界からもトップが顔を揃えた。政界からは…。招待状を出しているのかどうか分からないが菅直人や仙石由人はもちろん、ミーハーで何でも顔を出したがる前原誠司の顔はなかった。小沢一郎も、シドニー、アテネ両五輪の柔道女子48キロ級で金メダルを獲得し、現在参院議員のヤワラちゃんこと谷亮子の柔道現役引退会見があったから当然、行けない…。しかし、芸能業界、映画業界、放送業界、スポンサーの関係、さらには所属のタレントも顔を揃えた。
ミーハーな記者は「深キョン、カワイイよな!」とか「綾瀬はるかはどこにいる?」「妻夫木 聡も来てるじゃない」なんて言っていたけど、とにかく賑やかだった。
乾杯の発声は誰がやるのかと思ったら、やはり…。やはりこの人しかしないということなのか和田アキ子が音頭をとった。「こんな大役を私が務めることを”笑って許して…”」なんてジョークを交えながら喋っていた。まあ、やっぱり和田アキ子しかないか…。
それにしても、堀義貴会長兼社長に挨拶しようと思ったら、今度は、そこでも大行列。これまた一苦労である。とにかく、円高の進む中で景気がいいのか悪いのか良く分からないが、久しぶりに活気のあるパーティーを味わうことが出来た。やはり、良くも悪くも芸能界はバブリーじゃないとシックリしない。それにしても、3000人とは…凄い人数だった。

RIAJ「着うたフル」週間チャート…EXILEが新曲初登場で1、2位を独占! Juliet初登場!!

金曜日, 10月 15th, 2010

日本レコード協会(RIAJ)は、音楽有料配信「着うたフル」の10月12日付週間チャートを15日に公表した。集計期間は10月6日から10月12日までの1週間。
 それによると、今週はEXILEが1、2位を独占する快挙となった。前週までトップを独走し続けてきた映画「The LAST MESSAGE 海猿」(監督羽住英一郎/伊藤英明主演)の主題歌「もっと強く」が2位に後退し、代わって新曲「I Wish For You」が首位に初登場で躍り出てきた。同曲は、TBS系「2010 世界バレー」テーマソングとなっている。すでに大会は始まっているが地上波での放送は10月29日から。放送に向けて今後、露出展開が高まりそう。
 3位に初登場してきたのは、シブヤ系ユニットとして女子中高生から人気の高いJuliet「アキラブ」。これまで出してきた「ナツラブ」、「フユラブ」、「ハルラブ」、「ハルラブ2」に続く作品で、四季ラブ・シングルの完結編となっている。
 他に初登場は、女性シンガーのJAMOSA(ジャモーサ)「BOND〜キズナ〜feat.若旦那」が9位、広島出身のシンガー、TEEの第2弾シングル「ベイビー・アイラブユー」が10位。
 JAMOSAは、先住民系台湾人の母と日本人の父を持つ異色のシンガー。アメリカで10代を過し、マイケル・ジャクソンのバックコーラスとして参加した経験を持っている。現在27歳だが、10年前、17歳の時、自身で作った曲が映画「リトル★ニッキー」挿入歌として抜擢された。4年前の06年にメジャー・デビューした。
 ベストテン外では、BUMP OF OHICKEN「宇宙飛行士への手紙」が15位、NO DOUBT FLASH「秋桜に書いた恋文」が16位。そして、宇多田ヒカル「Hymne a I’amour〜愛のアンセム〜」が19位に初登場。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(−) EXILE 「I Wish For You」
2(1) EXILE 「もっと強く」
3(−) Juliet 「アキラブ」
4(2) flumpool 「君に届け」
5(3) 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」
6(9) 黒木メイサ 「LOL!」
7(5) 西野カナ 「if」
8(7) AKB48 「ヘビーローテーション」
9(−) JAMOSA 「BOND〜キズナ〜feat.若旦那」
10(−) TEE 「ベイビー・アイラブユー」
次(6) 浜崎あゆみ 「Virgin Road」