Archive for 10月 4th, 2010

小沢一郎「強制起訴」、審査会は特捜部が「不起訴」と判断したものを何を争えというのか?

月曜日, 10月 4th, 2010

東京第5検察審査会は、小沢一郎に対して「強制起訴」の判断を下した。
何でもアリの東京地検特捜部が、小沢を4回も聴取して嫌疑不十分の「不起訴」処分を下したものを、国民からえらばれた11人の民意は「納得出来ない」と言うことである。
特捜部が、意地になって調べて不起訴としたのは、おそらく起訴しても公判を維持できないと判断したからだろう。それでも、民意は「いや起訴しろ」という根拠が分からない。もし、これが根拠なく小沢のイメージだけで「強制起訴」と判断したのなら、とんでもないことである。まさに魔女狩りでしかない。この国の有権者は、いつの間にか感情に動かされ、殺伐とした世の中を演出するようになってしまった。法の精神である「疑わしきは罰せず」というのは、もはやタブー化してしまった。
しかし、先日の押尾学の裁判員裁判でも、公判後に裁判員はマスコミの前に出てきて、記者会見を行った。確かに、異論はあるが、裁判員は己の判断で判決を下したことを説明していた。しかし、それは当然のことだろう。
ところが…。今回の小沢の事件は、告発者も「市民団体」というだけで、その実態が
明確にされない。そして、その後の検察審査会も誰が、どのような根拠で「起訴」と判断したのか曖昧なばかりだ。裁判員裁判の裁判員は記者会見に出て堂々と喋れるのに、検察審査会は何で堂々と喋れないのか?実に不可解でならない。己の判断で「強制起訴」としたんだから、その根拠なり理由を語るべきだろう。東京第5検察審査会には、社会的責任として「説明」すべき責任が有するはずである。検察、検察、そして検察審査会も可視化が必要だ。
それにしても、小沢を起訴して、今後、弁護人は、どう公判を維持していくのだろうか?果たして維持できるものなのか?どんなに争っても、証拠は出ず「無罪」になることは明らかな裁判だろう。だとしたら、いかに無駄な裁判を民意は求めたことになる。小沢が無罪になったとき、東京第5検察審査会の面々は、再び記者会見をやって改めて心境を国民の前に示してほしい気もする。
いずれにしても、この国は、とんでもない方向に向かい始めてしまったような気がしてならない。
ま。しかし、起訴され以上、小沢は、きっぱり民主党を離党し、新たな政党を作り、自らの描く政策の実現に向けて心機一転邁進すべきだ。どうせ、今の民主党は崩壊する。管政権にパラサイトした新人議員に次はない。

「夜ヒット」の疋田拓氏がプロデュース!! パナソニックの制作で日本初の3 D音楽レギュラー番組をBS朝日で…。

月曜日, 10月 4th, 2010

11月1日から日本初の「3D」音楽レギュラー番組がスタートすることになった。テレビ朝日系列のBS朝日とパナソニックが準備を進めているものだが、これが、何と音楽レギュラー番組としては日本初となる3Dだというのだ。番組のタイトルは「Panasonic 3D MUSIC STUDIO」で、番組の制作・著作はパナソニックが持つのだと言う。
企画したのは、かつて、フジテレビで「夜のヒットスタジオ」を担当してきた名物プロデューサーの疋田拓氏。疋田氏は現在、プロデュース&ディレクションの代表取締役社長だが、番組自体は同社がプロデュースするという。
番組は11月1日からスタートするが、当初の放送は3ヵ月間を予定している。それも毎週月曜日から金曜日までの毎日23時50分から10分間に亘って3Dでオンエアするという。パナソニックとしては、3Dテレビの宣伝を兼ねているわけだ。
しかも、出演者も豪華実力派アーティストを揃えるらしい。11月1日〜5日までの初回の週出演アーティストはSPEED。その後は稲垣潤一、南こうせつ、坂本冬美、DA PUMP、岩崎宏美、谷村新司、青山テルマ…といった面々。基本的に週替わりで、毎週月曜日から金曜日まで、1日の番組内で1曲または2曲を3D演出で披露するのだという。
「大人が毎晩リビングでじっくり楽しむプライベート・コンサート」
というのが番組の基本的なコンセプトで、かつての「夜のヒットスタジオ」や、現在、テレビ朝日で放送中の「ミュージックステーション」のような音楽番組のように最新ヒットチャート上位の楽曲を紹介する情報番組ではなく、40代以上の世代にじっくりと音楽を楽しんでもらえるような番組を目指すと言う。要は、日本レコード協会がキャンペンを展開している「大人の音楽」を全面に出そうということのようだ。
ただ、この番組のポイントは、前記したように当初から3D放送されることを前提に企画されているということだ。そのため収録からフルハイビジョン3Dで制作。パナソニックの業務用3D機器を含め、3Dシステムを構築するだけでなく、アーティストのパフォーマンス、美術、セット、照明など3D用のオリジナル演出により、臨場感溢れる3D映像が家庭で視聴できるように制作していくのだという。
疋田氏は「長く音楽番組を手がけてきて、3D番組の試写を見た人(出演者ら)がこれほど驚き、拍手する様を見たのは初めて。自宅のリビングがライブステージの会場になる」とアピールしていた。