RIAJ週間「着うたフル」ランキング…新人バンドのザ・ルートレス「One day」初登場1位に!!

一般社団法人・日本レコード協会(RIAJ)は、音楽有料配信「着うたフル」の10月19日付週間チャートを22日に公表した。集計期間は10月13日から10月19日までの1週間。
 
前週1位に初登場のEXILE「I Wish For You」が8位に、また「もっと強く」が3位に、それぞれ後退した。代わって1位に躍り出てきたのは新人バンドのThe ROOTLESS(ザ・ルートレス)のデビュー曲「One day」。同曲は、アニメ「ONE PIECE」の主題歌。同曲を使っての映像が、You Tubeで、僅か1週間に再生回数100万回を記録するなど大反響を呼んでいた。
 因みに、EXILE「もっと強く」は、キャンシステムの有線放送・全国ランキング(10月22日付)では、前週2位から1位に返り咲いており、The ROOTLESS「One day」は100位圏外。
 また、2位にはAKB48の新曲「Berinner」が初登場。同曲はAKB48としては18作目のシングルで10月27日に発売される予定のもの。AKB48の楽曲が初登場でベスト3にランクされたのは今回が初めて。因みにだが、AKB48については、前作「ヘビーローテーション」が9位にランクされている。他に初登場は、LGMonkees「Life feat. Noa」が5位にランクされた。
今週の注目曲は、前週6位から4位にランクアップした黒木メイサ「LOL!」。また、韓国の女性グループ、KARA「ミスター」が前週24位から7位に急上昇してきた。韓国のK‐POPは、少女時代「Genie」が32位にランクされている。
ベストテン外の初登場は、12位にKG「また出逢えたなら…duet with HanaH」、16位にMey,n「シンジテミル」、そして舞花「心」が17位にランク。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(−) The ROOTLESS 「One day」
2(−) AKB48 「Berinner」
3(2) EXILE 「もっと強く」
4(6) 黒木メイサ 「LOL!」
5(−) LGMonkees 「Life feat. Noa」
6(4) flumpool 「君に届け」
7(24) KARA 「ミスター」
8(1) EXILE 「I Wish For You」
9(8) AKB48 「ヘビーローテーション」
10(5) 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」
次(3) Juliet 「アキラブ」

エリカ様ハリウッド進出計画は50億円プロジェクト!? 上海版・東京ガルコレにもSP出演か!?

“エリカ様”こと沢尻エリカが夫であるハイパー・メディア・プロデューサーの高城剛と組んで目論む「ハリウッド進出」。2人は、そのためのビジネス・パートナーとして新たなスタートしようとしているというのだ。
高城は、エリカ様のために巨額な経費を投じてきた。それだけに、ここで簡単に離婚に応じて引き下がってしまったら男を下げてしまう。だったら、何としてもエリカ様をビジネスに変えていかなければならないというわけだ。2人は台湾で合流し、話し合った結果、「ハリウッド進出」で利害が一致したといってもいいだろう。
高城の自己試算では、エリカ様のハリウッド進出と、その他、関係するメディア展開で何と50億円以上もの儲けが出ると言うのである。高城は、エリカ様の個人事務所「エル・エクストラテレストレ」をスペインに設立しているし、現時点では夫でもあるため、エリカ様に拘る権利も所有していると思われる。そういったことから考えても、エリカ様がハリウッドに進出した場合の”儲け”は「青天井」だと言うことだろう。破天荒なエリカ様に何もトラブルもなく、高城の描いたことが計画通り進み成功したら、もうウハウハである。
確かに、エイベックスとの契約の問題もあるが、実は、エイベックスとの契約は微妙な状態になっている。
「エイベックスとしてはエリカ様に魅力を感じているし、出来るなら契約したいと思っているようです。しかし、エイベックスは上場会社ですからね。その部分がネックになっている。スキャンダラスなエリカ様を好まない株主も多いようなんです。これまでも、押尾学など所属タレントで問題を引き起こしているし、エリカ様のマネジメントは株主の説得が大前提なんです」(事情通)。
いずれにしても、現時点では高城の主導でエリカ様が動くしかないようである。
しかも、エリカ様に関しては、来年5月7日に上海で行われる予定の「東京ガールス・コレクション」のスペシャル・ゲストとしても内定したと言われる。もっとも、この上海版「東京ガールズ・コレクション」は企画の段階で出演者に「酒井法子」の名前まで書き込んでいるようで、実情は「話題先行型」の感じも…。それだけに、ビミョーな部分もあるが、関係者は「沢尻エリカの出演は、ほぼ決まりました」と言う。いずれにしても上海で初めての「東京ガールズ・コレクション」だけに出演すれば話題性十分なことは確かだ。

エリカ様離婚問題に新展開!! ハリウッド進出目論み夫・高城剛とビジネス・パートナー組む!?

“エリカ様”こと沢尻エリカと夫であるハイパー・メディア・プロデューサーの高城剛の離婚騒動に新展開が浮上している。2人は台湾で合流し、密会したことは分かっている。その際、高城はエリカ様との離婚に「合意した」とされていた。しかし、これが、とんだ茶番になる可能性が出てきたのだ。ある高城に近い関係者が言う。
「離婚もないわけじゃないが、復縁も十分にあるということです。ただ、2人の間では離婚するにしても、復縁するにしてもビジネス・パートナーとして今後もやっていこうという思いはあるようです」。
ビジネス・パートナー!?
確かに、聞こえはいいが、一体、これはどういうことか?
「高城に未練がでてきたことは確かです。一方のエリカ様は、高城とは別れたいが芸能界の仕事はしたい。結局、その部分で高城と結びついているんですよ」
実は、高城は、エリカ様にハリウッド映画の仕事を提案したと言うのだ。
ハリウッド進出はエリカ様にとっては大きな夢。エリカ様は、その夢を叶えてくれるなら高城と「離婚しなくてもいい」となったようだ。もっとも、それは「割り切った仲」ということで、どうやら「ビジネス・パートナーとしてやっていこう」となったようだ。
しかも、エリカ様のハリウッド進出には、スペインに設立した個人事務所「エル・エクストラテレストレ」の出資者であるフランスの大富豪もついているというのである。エリカ様も、そこまで「補償付き」なら安心というわけか?
「結局、今年の春に大騒ぎした、たかの友梨ビューティークリニックのCMの時と同じです。ハリウッド進出のためなら2人の関係を何でもショーにしてしまおうという魂胆でしょうね。ですから今後の流れとしては、離婚を売りに、もっと騒動を起こそうとするのか、あるいは関係が修復したことをアピールするためにツーショットを撮らせて話題を作るのか…いずれにしても、2人の魑魅魍魎とした関係を最大限に引き伸ばしてビジネスに変えていこうという高城の提案にエリカ様も乗ったようですね」。
さすが「ハイパー・メディア・プロデューサー高城剛」である。
もっとも、高城にも知恵袋のような人材がいるようだ。かつて、仕事を共にした人物が2人の「窓口」になって動いているという情報もある。いずれにしても、聞くところによれば、高城の描くエリカ様のハリウッド進出は、総てうまくいけば50億円を手にすることが出来ると言うのだ。しかし、その一方で
 「ハリウッド進出に関して、ある企画をエリカ様に提示したところ、エリカ様が大ノリだったとは言いますが、高城にも内心、迷いがあるんです。と言うのは、ハリウッドの契約の厳しさです。もし契約を結んだら、極端な話、髪型や体型も契約書に盛り込まれますからね。その1つにでも違反したら契約違反になってしまう。実は、その部分を高城は不安視しているようなんです」
エリカ様のハリウッド進出も楽ではないということか!?
(つづく)

エリカ様。台湾で夫・高城剛と離婚成立か!? エイベックスと契約し年内に芸能界完全復帰も!!

“エリカ様”こと沢尻エリカが台湾にいた…と、きょうの東京スポーツで報じられ話題になっている。
確かに、エリカ様は、台湾で夫のハイパーメディア・クリエーターの高城剛と密会していたようである。で、東スポによると「離婚決定的になっていた2人は”ビックリ復縁”した可能性が高い」と報じている。
果たして…。
現時点で伝えられる情報では、エリカ様はエイベックスとの契約を目前にしていたが、高城との離婚が成立しない以上は、契約が出来ない…という状況になっていて、さらに、一部では「芸能界引退」とも。ま、エイベックスと契約できなければ、芸能界引退なのかどうかも分からないが、エリカ様の周辺は騒々しい。
だいたい、今年の春に大騒ぎとなったが、マスコミに突き付けてきた6項目の”要求”――エリカ様の情報や声明は正確に伝え、歪曲や誤解を招くようなことはしない。さらに、情報公開の前は情報に関しての信憑性を十分確認し、根拠のない情報は出さない。屈辱的で侮蔑的な表現、名誉を棄損するようなコメントは使わず、私生活やプライバシーにかかわる情報については出さない。不正確、有害な情報を公開したら訂正する。さらに、私生活などを撮影した映像、画像は許可なく公開しないというのは、どうなっちゃったのか? 
それに、エリカ様が出演した「たかの友梨ビューティークリニック」のCMも一体…?まあ、「たかの友梨ビューティークリニック」にしても、結果論だろうがエリカ様を使ったことが逆効果になったかもしれない。
いずれにしても、エリカ様のスキャンダラスなイメージは確実にバージョン・アップしている。そういった意味では実に面白い女である。
さて、そのエリカ様、情報では「復縁」と言われているが、実は、高城と「離婚」の方向で話し合われていることは間違いない。台湾で高城と会ったのは、おそらく清算するために「最後の時」を過ごしたという情報がある。「これが最後よ!その代り、離婚届にサインしてね」とエリカ様が言ったかどうかは分からないが、ま、それに近い状態だったのではないか?
いずれにしても、エリカ様と高城の間では「離婚」が成立したと見ていい。
エリカ様は、すでに日本に帰国しているという。
「今後の芸能界の活動について相談している可能性がありますね。エリカ様は芸能界復帰に意欲を見せていますから。もっとも、彼女は日本の芸能界でしか活動できない女ですからね」(芸能関係者)。
復帰に向けて、再びエイベックスも契約に向けて動き出しているという情報がある。
「高城との離婚が成立するのは時間の問題です。離婚が決まったら、エイベックスとの契約にも障害がなくなります。年内には芸能界に完全復帰すると思いますよ」(事情通)。
もっとも、エリカ様の芸能界復帰は、離婚問題以外にも色々とあるようだが…。

有線放送・全国ランキング…前作から僅か28日!嵐の新曲「Dear Snow」初登場1位!!

キャンシステム発表の10月15日付「有線放送」全国ランキングは次の通り。集計期間は10月2日から10月8日まで。
 それによると、嵐の新曲「Dear Snow」が初登場で1位にランクされた。同曲は、10月6日に発売されたものだが、前作「Love Rainbow」から僅か28日での新曲だ。嵐にとっては通算33枚目のシングルだが、今年に入ってからは5枚目の新曲となる。CD低迷と言われる中での快進撃である。因みに同曲は、現在公開中の二宮和也主演の「大奥」(アスミック・エース=松竹)の主題歌。同映画は10月1日の公開以来、好調な伸びを見せており最終的には興収25億円前後が見込まれている。
 EXILE「もっと強く」(2位)、氷川きよし「虹色バイヨン」(3位)、そして、前週1位にランクされたものの今週4位に後退した倖田來未「好きで、好きで、好きで。」にしても、根強い露出展開で上位にランクされている。また、前週3位に初登場してきたキム・ヨンジャ「約束」。さらに、79位→5位と急上昇してきた、浜崎あゆみ「Virgin Road」はやや伸び悩み傾向だった。
その一方で、K‐POPのKARA「ミスター」は6位と安定した露出展開となっている。韓国の女性アーティストでは、少女時代「GENIE」が81位→62位→38位→28位→31位と、有線放送の露出としては、やや伸び悩んでいるだけに突出した存在となっている。
ベストテンの圏外では、前週23位に初登場の成世昌平「虎落の里」が12位に、また48位に初登場の倖田來未「あなただけが」が14位に急上昇してきた。次週でのベストテン入りが期待される。
 因みに、洋楽では、マルーン5「ミザリー」が前週に引き続いて1位にランク。また、タイオ・クルーズ「ブレイク・ユア・ハート feat. リュダクリス」が連続2位。

【有線放送・全国ランキング ベスト10】 ※カッコ内は前週のランク
1(−) 嵐 「Dear Snow」
2(2) EXILE 「もっと強く」
3(4) 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
4(1) 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」
5(3) キム・ヨンジャ 「約束」
6(7) KARA 「ミスター」
7(5) 浜崎あゆみ 「Virgin Road」
8(6) 坂本冬美 「ずっとあなたが好きでした」
9(8) 中島美嘉 「一番綺麗な私を」
10(22) Hilcrhyme 「トラヴェルマシン」
次(12) 城之内早苗 「泣き砂 海風」

さだまさし。3804 回目のステージは奈良・東大寺の大仏様と30 年ぶりのコラボレーション!!

holiday-ツつウツつセツづ慊つウツつオ.jpg101016_203917.jpg
まさにシンガーソングライターさだまさしと東大寺の大仏様とのコラボレーションだった。奈良・華厳宗大本山東大寺の大仏殿前で16日夜、さだまさしが奉納コンサートを行った。境内には全国から9000人のファンが詰めかけた。
さだが東大寺でのコンサートを行ったのは80年10月17日の以来、実に30年ぶり。当時は大仏殿の昭和大修理を祝う落慶法要として奉納コンサートを行ったらしい。そのさだが今回は「光明皇后1250年御遠忌慶讃奉納行事」の一環として奉納コンサートを行った。
関係者がいう。今年5月27日のこと、華厳宗管長に就任した北河原公敬大僧正を、さだがお祝いした際、東大寺サイドから「ぜひ…」と、コンサート開催の依頼を受けたという。
「初めて大仏様とお会いしたのは中学生の修学旅行の時」というさだ。その大仏様の前でのコンサートには「やはり緊張する」という。ソロ・デビューして以来3803回ものコンサートをやってきた百戦錬磨のさだも顔を強張らせていた。
大仏殿前に作られた幅30mほどある巨大な特設ステージに立ったさだはオープニングで「天文学者なればよかった」を歌った。続いて「案山子」「主人公」「北の国から」「精霊流し」など、ファンの間でも人気の高い名曲を立て続けに披露。さらに、残光に映える大仏殿をバックに752年から一度も途切れることもなく続いている「お水取り」として有名な「東大寺二月堂」の修二会法要を歌った「修二会」など、約2時間のステージで16曲を力いっぱい熱唱した。
「天候に恵まれたのがよかった。30年前に歌った時は、正直言って自分が何者か分からないまま歌っていたが、それから30年経った今、再び大仏様の前で歌わせてもらえたことに感謝している」
とさだ。

「光明皇后1250年御遠忌慶讃奉納行事」でさだまさしが東大寺大仏殿前で異色コンサート

101016_160917.jpg
平城遷都1300年の年で沸く奈良県の華厳宗大本山東大寺・大仏殿前で今夜、さだまさしが異色の奉納コンサートを行う。まだ開場になっていないが、5時過ぎには、東大寺の境内には1万2000人が詰めかけるという。
さだが東大寺でコンサートを行うのは80年10月17日の以来、実に30年ぶり。この時は大仏殿の昭和大修理を祝う落慶法要として奉納コンサートを行った。で、今回は「光明皇后1250年御遠忌慶讃奉納行事」の一環としてコンサートを奉納するのだという。

加山雄三・芸能生活50周年を上回る人数…ホリプロ創業50周年記念パーティーに3000人!!

・・.jpg
大手芸能プロダクション「ホリプロ」の創業50周年を記念したパーティーが15日午後、東京・港区のグランドプリンス新高輪・飛天の間で行われた。都内でも最大級と言われるホールでの記念パーティーだが、何と詰め掛けた人数は3000人を超えていた。とにかく足の踏み場もないと言うのはこのことだ。誰がどこにいるのかもわからない。探すのも一苦労である。
比較するものでもないが今年4月8日に、この会場で”若大将”加山雄三の芸能生活50周年の祝う会が行われた。その時も「凄い人数」と思ったが、集まった人数は1000人ぐらいだった。今回は、単純に言って”若大将”の3倍である。そういった意味でも大変なものである。
しかも、会場には芸能界は当然だが、東宝の松岡功名誉会長や東映の岡田裕介社長、松竹の迫本淳一社長ら映画界からもトップが顔を揃えた。政界からは…。招待状を出しているのかどうか分からないが菅直人や仙石由人はもちろん、ミーハーで何でも顔を出したがる前原誠司の顔はなかった。小沢一郎も、シドニー、アテネ両五輪の柔道女子48キロ級で金メダルを獲得し、現在参院議員のヤワラちゃんこと谷亮子の柔道現役引退会見があったから当然、行けない…。しかし、芸能業界、映画業界、放送業界、スポンサーの関係、さらには所属のタレントも顔を揃えた。
ミーハーな記者は「深キョン、カワイイよな!」とか「綾瀬はるかはどこにいる?」「妻夫木 聡も来てるじゃない」なんて言っていたけど、とにかく賑やかだった。
乾杯の発声は誰がやるのかと思ったら、やはり…。やはりこの人しかしないということなのか和田アキ子が音頭をとった。「こんな大役を私が務めることを”笑って許して…”」なんてジョークを交えながら喋っていた。まあ、やっぱり和田アキ子しかないか…。
それにしても、堀義貴会長兼社長に挨拶しようと思ったら、今度は、そこでも大行列。これまた一苦労である。とにかく、円高の進む中で景気がいいのか悪いのか良く分からないが、久しぶりに活気のあるパーティーを味わうことが出来た。やはり、良くも悪くも芸能界はバブリーじゃないとシックリしない。それにしても、3000人とは…凄い人数だった。

RIAJ「着うたフル」週間チャート…EXILEが新曲初登場で1、2位を独占! Juliet初登場!!

日本レコード協会(RIAJ)は、音楽有料配信「着うたフル」の10月12日付週間チャートを15日に公表した。集計期間は10月6日から10月12日までの1週間。
 それによると、今週はEXILEが1、2位を独占する快挙となった。前週までトップを独走し続けてきた映画「The LAST MESSAGE 海猿」(監督羽住英一郎/伊藤英明主演)の主題歌「もっと強く」が2位に後退し、代わって新曲「I Wish For You」が首位に初登場で躍り出てきた。同曲は、TBS系「2010 世界バレー」テーマソングとなっている。すでに大会は始まっているが地上波での放送は10月29日から。放送に向けて今後、露出展開が高まりそう。
 3位に初登場してきたのは、シブヤ系ユニットとして女子中高生から人気の高いJuliet「アキラブ」。これまで出してきた「ナツラブ」、「フユラブ」、「ハルラブ」、「ハルラブ2」に続く作品で、四季ラブ・シングルの完結編となっている。
 他に初登場は、女性シンガーのJAMOSA(ジャモーサ)「BOND〜キズナ〜feat.若旦那」が9位、広島出身のシンガー、TEEの第2弾シングル「ベイビー・アイラブユー」が10位。
 JAMOSAは、先住民系台湾人の母と日本人の父を持つ異色のシンガー。アメリカで10代を過し、マイケル・ジャクソンのバックコーラスとして参加した経験を持っている。現在27歳だが、10年前、17歳の時、自身で作った曲が映画「リトル★ニッキー」挿入歌として抜擢された。4年前の06年にメジャー・デビューした。
 ベストテン外では、BUMP OF OHICKEN「宇宙飛行士への手紙」が15位、NO DOUBT FLASH「秋桜に書いた恋文」が16位。そして、宇多田ヒカル「Hymne a I’amour〜愛のアンセム〜」が19位に初登場。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(−) EXILE 「I Wish For You」
2(1) EXILE 「もっと強く」
3(−) Juliet 「アキラブ」
4(2) flumpool 「君に届け」
5(3) 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」
6(9) 黒木メイサ 「LOL!」
7(5) 西野カナ 「if」
8(7) AKB48 「ヘビーローテーション」
9(−) JAMOSA 「BOND〜キズナ〜feat.若旦那」
10(−) TEE 「ベイビー・アイラブユー」
次(6) 浜崎あゆみ 「Virgin Road」

M.ジャクソン究極のショート・フィルム(MV集)「マイ ケル・ジャクソンVISION」DVD3枚組で世界同時発売!!

“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンが亡くなって1年半。今まだマイケルものは人気が高いが、ここにきて究極のショート・フィルム(ミュージック・ビデオ)集「マイケル・ジャクソン VISION」が、DVD3枚組で11月24日にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから世界同時発売されることになった。商品は「完全生産限定盤」だそうで税込定価7980円を予定しているとか。
このDVDは、常にエンタテインメントの可能性に挑戦し続けた「マイケルの想像力(ヴィジョン)が詰まった映像(ヴィジョン)の全て」が初めて一つに詰め込まれた、完全・究極のマイケル・ジャクソン映像作品集だという。DVD3枚組というのも凄いが、収録内容は、初期の頃のプロデュース作品から、エンタテインメント業界、ひいてはポップ・カルチャーそのものに多大な影響を与えた歴史的なショート・フィルムまでを、完全未発表映像と過去未発売映像15曲を含む全42曲で収めているそうだ。それにしても映像の収録時間は4時間半以上にも及ぶという。正直言って中途半端な気持ちじゃ全て観切れない。観るだけでも一苦労だ。
ところで、このDVDの中に収められている2本のショート・フィルムは、これまでにマイケルの映像集に収録されることのなかった作品だそうで、他にも、マイケルが個人的に保管していたコレクション(パーソナル・アーカイブ)映像も史上初めて網羅されてことになっている。「ロングヴァージョンが存在するショート・フィルムはフルレングス・ヴァージョンで収録。その全てに、映像・音声ともに新たにデジタル・リマスターが施されています」とソニーミュージックでは説明している。。
因みに、同社によると、今回はパッケージの仕様も豪華なものになっていているらしい。パッケージが売れない昨今、さまざまな工夫を加えている。まず、3枚のディスクを収めるケースには6面デジパックを、ジャケットには角度によって絵柄が変わるレンティキュラー仕様を、外装には、ゼロ・グラヴィティを見せるマイケルのシルエットが、ゴールドで箔押しされた透明スリーヴを採用した美麗パッケージとなっている。そればかりではない。ブックレットはマイケルのパーソナル・アーカイブからの秘蔵写真を満載した60ページの豪華版(日本語対訳ブックレット)となっている。

【収録内容】
■トータル収録時間:4時間40分、全42曲のショート・フィルムを収録している
■過去未発表/過去未発売映像、あわせて15曲のショート・フィルムを初収録している
■EPIC在籍のジャクソンズ以降に制作されたショート・フィルムを網羅している
■映像・音声ともに、『マイケル・ジャクソンVISION』のためにデジタル・リマスター

【収録曲】
※DISC1(1時間54分44秒)
01.今夜はドント・ストップ (4:12)
02.ロック・ウィズ・ユー (3:22)
03.あの娘が消えた (3:35)…初収録
04.ビリー・ジーン (4:54)
05.今夜はビート・イット (4:57)
06.スリラー (13:42)
07.BAD (18:05)
08.ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール (9:24)
09.マン・イン・ザ・ミラー (5:03)
10.ダーティ・ダイアナ (5:05)
11.スムーズ・クリミナル (9:27)
12.アナザー・パート・オブ・ミー (4:45)…初収録
13.スピード・デーモン (10:08)…初収録
14.カム・トゥゲザー (5:40)…初収録
15.リーヴ・ミー・アローン (4:39)…国内盤初収録
16.リベリアン・ガール (5:34)

※DISC2(2時間08分07秒)

01.ブラック・オア・ホワイト (11:01)

02.リメンバー・ザ・タイム (9:16)
03.イン・ザ・クローゼット (6:05)
04.JAM (7:59)
05.ヒール・ザ・ワールド (7:32)
06.ギヴ・イン・トゥ・ミー (5:29)
07.フー・イズ・イット (6:34)
08.ウィル・ユー・ビー・ゼア (5:55)
09.ゴーン・トゥ・スーン (3:38)
10.スクリーム (4:47)
11.チャイルドフッド (4:29)
12.ユー・アー・ノット・アローン (5:34)
13.アース・ソング (6:44)
14.ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
  =ブラジル・ヴァージョン (7:08)
15.ストレンジャー・イン・モスクワ (5:33)
16.ブラッド・オン・ザ・ダンスフロア (5:27)
17.ゴースト (3:58)…初収録
18.ユー・ロック・マイ・ワールド 13:30秒ヴァージョン初収録
19.クライ (4:57)…初収録

※DISC3(BONUS DISC/36分12秒)
01.今夜はブギー・ナイト/ジャクソンズ (3:32)…初収録
02.エンジョイ・ユアセルフ/ジャクソンズ (3:31)…初収録
03.キャン・ユー・フィール・イット/ジャクソンズ (9:37)…初収録
04.セイ・セイ・セイ withポール・マッカートニー (4:57)…初収録
05.ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
=プリズン・バージョン (4:52)…初収録
06.WHY/3Tfeaturingマイケル・ジャクソン (4:33)…初収録
07.ワン・モア・チャンス (4:03)=過去完全未発表…初収録