“自分自身に傷をつけ、血を流しているようなライブをやっていた”尾崎豊さん――果たして裕哉は!?(下)

生前、尾崎豊さんと取材を通して公私にわたって親交のあったというノンフィクション作家で音楽評論家の田家秀樹氏は「尾崎がいなかったら、今の僕はなかった」と前置きした上で、「死を聞かされた時は一瞬、全身の力が抜け頭の中が真っ白になった。言葉も出なかった」という。しかし、その一方で「やっぱり…」とも思ったそうだ。
「自分自身に傷をつけ、血を流しているようなライブをやっていた奴だったからね。…だって、楽しそうにライブをやっていなかったんですからね。そもそも、自分を痛めつけ傷つけるようなライブをやっている奴が長生きするはずがない。今思うと、自分で答えを出したような気もしますね」。
尾崎さんは、デビューして3年後の86年、1年間活動を停止した。「活動を休止して単身で米ニューヨークに渡ったが、1年間の米国生活はクスリ漬けの日々だった」と関係者は言う。結局、翌87年の年の瀬に「覚せい剤取締法違反」で逮捕された。東京拘置所で60日間を過ごし、下された判決は懲役1年6月、執行猶予3年だった。
88年5月12日に繁美夫人と入籍した。「挫折と失意に打ちひしがれる彼を支えたのが、熱烈なファンだった繁美さんの存在だった」と当時の音楽関係者。翌89年7月24日は長男・裕哉が生まれた。
だが、その一方で女性スキャンダルもあった。
91年1月。雑誌の対談で知り合った斉藤由貴との不倫が発覚したのだ。「頻繁にデートを重ねていた」(雑誌記者)という。尾崎さんとの交際を問われた斉藤は「同志の関係」と名言を残した。「お互い才能を認め合い、励まし合う間柄だった」とは2人を知る芸能関係者。それだけに、尾崎さんの急死を告げられた時、斉藤は仕事先のテレビ局で号泣したと言う。
尾崎さんの死因については、今なお疑問視する声がある。「アルコールと薬物でのショック死では…」というのだ。しかし「薬物に関しては当然、警察も調べたはず。医者の診断書も出ている以上、噂話でしかならない」(井上レポーター)。急変する前、必死に看病する繁美夫人に対して、もうろうとした意識の中で「ゴメンネ」と繰り返していたという。それが、尾崎さんの最後の言葉だった。
亡くなって、5日目の4月30日。降りしきる雨の中、東京・文京区にある護国寺で「告別式」がしめやかに執り行われた。会場には、ヒット曲「I LOVE YOU」が流れ、全国から約4万人のファンが駆けつけ焼香をした。
尾崎さんが永眠する埼玉・所沢の狭山湖畔霊園や、尾崎さんのモニュメントのある東京・渋谷駅近くの渋谷クロスタワー(当時は東邦生命ビル)には、没後18年経った現在でも命日にはファンが集まり黙とうを捧げ、NHKでは尾崎さんの特集を放送し続けている…。
「自分自身に傷をつけ、血を流しているようなライブをやっていた」という尾崎豊さんをジュニアの裕哉が果たして越えられるかどうかは分からない。しかし、新しく始まるFM番組「CONCERNED GENERATION」では、「正しさとは何か」「人を愛することにどんな意味があるのか」「働くとは何か」といった、あまりにストレートで根本的なテーマを前面に掲げ、裕哉流の語り口でリスナーにメッセージを送っていくのだという。
いずれにしても、FMラジオらしくない番組になりそうな感じがするが…番組は10月2日から毎週土曜日の16時30分から放送される。

“時代の寵児”尾崎豊さん長男・裕哉がFMラジオのパーソナリティーで本格デビュー!!(上)

かつて”時代の寵児”"10代の教祖”と呼ばれたシンガーソングライターの尾崎豊さん。その尾崎豊さんのジュニア(長男)尾崎裕哉(おざき・ひろや)がデビューすることになった。それも”歌手”ではない。何と、FMラジオのパーソナリティーでデビューするというから驚きだ。21歳だが、まったくの素人。しかし、そこは”尾崎ジュニア”ということなのだろう。彼が一体、ラジオで何を語るのか大いに注目だ。
“尾崎ジュニア”の裕哉を起用するのは、テレビ東京系のFMラジオ局「インターFM」(エフエムインターウェーブ)。10月2日から毎週土曜日の16時30分にスタートする30分枠の新番組「CONCERNED GENERATION」にメーンDJとして登場することになった。
裕哉は、5歳の時から米国で暮らしてきた。文字通りの帰国子女である。現在は大学3年生だが、聞くところによれば、国際学生交流団体「日米青年会議」にも参加していたという(因みに、この団体のOBには宮沢喜一や橋下徹、茂木健一郎などがいる)。とにかく、人種・貧困・環境などの社会問題を「音楽」という手段で解決しようという志を持っているらしい。よくわからないが、若いのにしっかりしているらしい。
ところで、尾崎ジュニアを語るなら当然、尾崎豊さんを語らなければならないだろう。
父親である尾崎豊さんは、余りに早すぎる生涯だった。しかし、尾崎さんの死は、一般紙までが取り上げ、社会現象にまでなった。
尾崎さんの亡くなったのはゴールデンウィーク前の92年4月25日。
東京・足立区。周囲はまだ暗く静まり返っていた。聞こえるのは、新聞配達の自転車の音ぐらい。午前4時、民家の軒先の隅に泥酔し全裸姿のままで倒れている男性が近所に住む住民によって発見された。「不審な物音に気づいて出てみると、男性がうずくまっていた」という。この男性こそ尾崎豊さん、26歳だった。
青山学院高校を中退し、83年――18歳の時に「17歳の地図」でデビューした。大人社会への反抗の心情を歌に託して、特に10代後半の世代から支持を得ていた。
当時、マスコミは尾崎を指し「時代の寵児」「10代の教祖」といった表現で報道していた。しかし、まさか全裸でうずくまっていたその男性が尾崎さんだとは誰も想像できなかったはずだ。
発見した住民は、慌てて110番通報した。「軒先に全裸で倒れている男性がいる」。駆けつけてきた千住署員は、命に係る可能性があると判断、救急車を呼び病院に搬送した。午前6時のことだった。
病院には警察からの連絡で繁美夫人が駆けつけた。検査の結果、命には別状がないことが分かり午前8時、繁美夫人に付き添われて自宅マンションに帰った。異変は、それから2時間後に起こった。「突然、苦しみ始め、驚き慌てた繁美夫人が救急車を要請したんです」と当時を知る音楽関係者。しかし、すでに尾崎さんの呼吸は停止していた。
尾崎さんは、救急車で東京・文京区の日本医科大学病院に運ばれた。医師によって懸命な治療がほどこされたが午後12時6分、息を引き取った。死因は、肺に水がたまったための呼吸困難による衰弱死――肺水腫と診断された。
(つづく)

有線放送全国ランキング…EXILE「もっと強く」初首位!!嵐2位、中島美嘉6位、倖田來未9位

キャンシステム㈱発表の9月24日付「有線放送」全国ランキングは次の通り。集計期間は9月11日から9月17日まで。

それによると、前週まで3週に亘って1位にランクされ続けてきた氷川きよし「虹色のバイヨン」が3位に後退し、代わってEXILEの新曲「もっと強く」が前週8位からトップに躍り出た。

「もっと強く」は32位に初登場して以来、3週目での1位獲得。同曲は、9月17日から公開されている映画「The LAST MESSAGE 海猿」(羽住英一郎監督/出演=伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、三浦翔平)の主題歌となっており、映画公開と連動して露出展開も際立っていた。3D映画との触れ込みもあって映画も大ヒット、前作を上回っている。配給の東宝では興行収入100億円を宣言しており、今後も同曲の露出は高まりそう。因みに、㈳日本レコード協会(RIAJ)発表の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャート(9月21日付)では2位にランクされている(14日付は1位)。

2位には、前週10位に初登場してきた嵐「Love Rainbow」が急上昇してきた。嵐にとっては、通算32枚目のシングル。今作は、メンバーの松本潤が主演したフジテレビの〝月9〟ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の主題歌だった。最終回の視聴率は13・1%で、今期の連続ドラマの中ではまずまずの数字だったか…。

ベストテン内での注目曲は、前週12位から6位までアップした中島美嘉「一番綺麗な私を」、演歌では大川栄策「はぐれ舟」が前週16位から8位に急上昇してきた。また、RIAJ発表の「着うたフル」週間チャート(21日付)では初登場1位にランクされた倖田來未「好きで、好きで、好きで。」が前週70位から登場2週目にして9位にランク・インしてきた。

なお、洋楽はタイオ・クルーズ「ブレイク・ユア・ハート feat. リュダクリス」が前週4位からトップにランクアップした。故マイケル・ジャクソンさんの“隠し子”として話題になっているB.ハワード「スーパー・モデル」は2位に後退した。

 【有線放送・全国ランキング=邦楽】 ※カッコ内は前週順位

(8) EXILE 「もっと強く」

(10)  嵐 「Love Rainbow」

(1) 氷川きよし 「虹色のバイヨン」

(2) BIGBANG 「BEAUTIFUL HANGOVER」

(4) 冠二郎 「小雪の酒場」

(12) 中島美嘉 「一番綺麗な私を」

(6) KARA 「ミスター」

(16) 大川栄策 「はぐれ舟」

(70) 倖田來未 「好きで、好きで、好きで。」

10(7) 花咲ゆき美 「女のしぐれ酒」

(3) 福山雅治 「蛍」