Archive for 9月 25th, 2010

中国人船長釈放。「検察の判断」と言い玉虫色外交を目論んだ?菅政権は日本の外交に汚点残す!!

土曜日, 9月 25th, 2010

菅総理以下、菅政権は今回の中国人船長の処分保留での釈放を「検察当局の判断」として、何が何でもウヤムヤにしたいようだ。しかし、誰から見ても、そんな言い訳は通らない。そんなことを言ってら、今回の大阪地検特捜部の隠ぺい問題にしたって、極端な言い方をしたら「検察当局の判断」なんて言ってた玉虫色、ウヤムヤになってしまう。いずれにしても、「国内法に照らし合わせ粛々と…」なんて言っていた外相の前原誠司までもが「検察が決めたことで、決まったことにとやかく言うことはない」だって。へー、そんなものなんだぁ…。

しかし、そんな子供騙しの言い訳で通るものか?

すでに、中国政府は日本に対して「謝罪と賠償」を求めてきているというではないか。菅直人や前原誠司が言うように「国内法に照らし合わせて検察が決めた」ということなら、中国からの「謝罪と賠償」についても検察当局が判断するということなのか?

いずれにしても、今の閣僚は、政治や外交に対して政策はもちろん理念も何も持ち合わせていないからこうなる。官房長官の仙石由人なんて、頭の中は「殺小沢」しかないんだから、こういった問題が起こると全く対処出来ない。もはや脳死状態だろう。

とにかく外務省任せの無責任男に成り下がっているに違いない。いずれにしても中国に言われっぱなし。しかも、中国で拘束された大手ゼネコン「フジタ」の社員4人の問題に対してはオロオロだ。こんなことで、国民の生命と財産を守っていけるのか!?

ところで、今回の中国人船長に対する処置については賛否両論だ。「釈放してよかった」という声も多い。

まあ、冷静に考えて…。おそらく結果的には、どちらかが折れるしかないのだろう。そう考えると中国が譲歩するとは思えず、日本が譲歩するしかないのだろう。しかし、譲歩――折れるにしても折れ方がある。無条件で釈放し、しかもチャーター機まで用意して帰国させる…。それじゃ英雄扱いじゃないか。そんなの外交でも何でもない。外交には、少しぐらいは駆け引きと言うのが見え隠れするものだ。ところが、その駆け引きもない。菅や前原が中国側と折衝したなんて話も聞かない。まして、最近、人相の悪くなってきた仙石にしても、そんな様子はない。

だいたい、聞こえてくるのは中国の政府高官が繰り返して叫ぶ日本批判ばかりである。ここまで言われっ放しとは…。菅政権は、中国の丹羽大使や外務省、検察におんぶに抱っこなんから。前述したように仙石や前原は、何か言っていたような気もするが、結果的には独り言。そんなものツイッターじゃないんだから。

とにかく、菅政権は外交でとんでもない汚点を残した。前も書いたが、沖縄の普天間基地問題も米国の言いなり、拉致問題も北朝鮮の言いなり。韓国にも歯が立たず、検察の国策捜査の挙句、最高裁で上告を棄却して鈴木宗男を追い出してしまった今、ロシアの言いなりになるだけで北方領土も戻ってくることはない…。とにかく、日本の外交は終わりだ。

 もはや、菅総理は、仙石、前原、岡田克也らを伴って小沢一郎の元へお知恵を拝借に行くしかないだろう。ま、死んでもそんなことだしないだろうけど…。