Archive for 9月 24th, 2010

日本の外交政策の終焉!! 中国の猛抗議に無条件で屈した“菅ヘタレ内閣”!! 北朝鮮の拉致問題も何処へ!?

金曜日, 9月 24th, 2010

大阪地検特捜部の隠ぺい工作もそうだが、中国人船長の釈放でもそう。いつから日本は「法治国家」を返上したのか?いや、それ以上に日本は「外圧」に弱い国であることを内外に示してしまったことになる。

沖縄・尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海上保安庁の巡視船に中国の漁船が体当たりしたことから、那覇地検は公務執行妨害の現行犯で中国漁船の船長を逮捕し、日本の国内法で起訴する方針を立てていたが、ここにきて、中国の猛抗議に“ヘタレ菅内閣”は屈してしまった。何と「今後の日中関係を考慮」なんて都合のいいことを言って、船長を釈放してしまったのだ。

 確かに、中国側の抗議はエスカレートしていた。また、タイミングが悪いというか何というか、大手ゼネコン「フジタ」の社員4人が、中国の軍事管理区域に許可なく入って撮影していたということで、中国当局に拘束され「スパイ容疑」なんて言われている。そればかりではない。ハイテク製品に不可欠な「レアアース」(希土類)の輸出まで停止してきた。今や経済的にも中国に押されっぱなしの日本はヘロヘロとなってしまった。「もう勝ち目なし」と判断したのだろう。「長い物には巻かれろ」とはよく言ったもの。中国に巻かれてしまったというわけだ。

それにしても、余りにも呆気なさい。おそらく、菅内閣で目出度く「官僚主導」になって、官房長官の仙石由人あたりが外務省から「中国には逆らわない方が得策」とか何とか提言され「外務省が言うなら…」なんて判断したのだろう。外相になった前原誠司なんて「国内法にのっとって粛々と…」なんて言っておきながら、言っていることとやっていることが全く違う!!

 だいたい、中国の抗議に全く反論できないというのが情けないではないか。少なくとも小沢一郎だったら、いくら屈するにしても、それなりのネットワークを通じて中国と折衝しただろう。そういった意味でも菅内閣はヘタレという以外ない。

だいたい、釈放の理由が笑っちゃう。

 「とっさにとった行為で、計画性が認められない」。

だって。

最初は、撮影映像とか何やらで「故意」と言っておきながら…。それをご都合主義と言う。だいたい、公務執行妨害というのは「とっさに取る行為」であって「計画的なもの」ではないはず。冷静に、計画的に公務執行妨害する者なんているのか?実に妙な判断である。こんな理由をつけたら、今後、公務執行妨害で逮捕される者はいなくなる。とにかく一事が万事、菅内閣の外交政策は、ヘタレになることは確実になった。

沖縄の普天間基地は、アメリカに逆らえずヘタレ、中国にはペコペコ。おそらく、この日本の姿を見て、喜んでいるのは北朝鮮だろう。「日本なんてチョロイチョロイ!!もう拉致問題は終わった」と思っているに違いない。

いずれにしても、無条件に船長を釈放してしまったことは、今後の日本の外交を弱体させることは間違いなし。経済も弱体化の一途を辿る日本の未来はもうない。

「少年よ大志を抱くな!!

ま、そうは言っても、こんな日本にしてしまったのは、民度の低い有権者たる国民だってことを忘れてはならない。