Archive for 9月 22nd, 2010

特捜捜査の証拠隠滅事件…鈴木宗男の調書も怪しい限りだが小沢一郎事件は特捜の悪意がプンプン!!

水曜日, 9月 22nd, 2010

それにしても、とんでもない事件が発覚したものだ。

大阪地検特捜部の主任検事・前田恒彦の証拠隠滅事件のこと。逮捕されるのは当然として、その事件は、当時の特捜部長だった大坪弘道(現・京都地検次席検事)ら上層部も認知していたことが分かって組織的な犯罪だったことが明らかになってきた。

いずれにしても、一事が万事である。こんな犯罪、特捜内部では日常茶飯事だった可能性もある。今回は、たまたま大阪地検特捜部だったが、我が国最強の捜査機関と言われる「東京地検特捜部」だって多かれ少なかれあったに違いない。

ま、今回の事件は厚労省の村木厚子元局長の大阪郵便局不正事件でのことだった。ただ、村木局長は「無罪判決」が下ったから、地検特捜内部で隠ぺい工作があったことが発覚したのかもしれないが、これが有罪判決だったらどうなったか?とにかく、地検特捜部は、自分たちのメンツを守るためには何でもやる。

そう考えると、最高裁で上告が却下され「有罪」が決定した鈴木宗男にしても、地検特措部の提出した「調書」は怪しいと思った方がいい。よく調べてみたら、東京地検特捜部のでっち上げで案外「無罪だった」なんてことはあり得る。

だいたい、「国策捜査」というのは特捜部が何をどう捜査し、事件を操作しているのか国民にはサッパリ分からない。まさに恐るべしである。

そういった意味では、小沢一郎の政治資金問題は捏造の可能性は十分だ。とにかく“小沢潰し”のでっち上げだった疑いがある。しかし、でっち上げてもでっち上げても証拠が出てこない。起訴しても公判が維持できない。

で、検察では不起訴になってのだが、検察審査会なんていうのは民度の低い一般人ばかりだから、いくら説明されても分からない。だいたい、検察が1年がかりで調べたものを、知識も何もない奴らが、たった数回の説明で理解できるはずがない。だから、単なる小沢のイメージだけで「起訴」なんて言い出す。まさに「キチガイに刃物」のよう無茶苦茶な判断なのだ。

検察審査会に選ばれた面々は、最低でも1年間ぐらいは勉強させ、まともな判断を下せるのか試験をやらせるべきだろう。民度も低く知識もない輩が偉そうに「検察審査会だ!」なんていうこと自体、本末転倒!! いずれにしても、国策捜査として取り調べをしてきた小沢問題は、絶対に怪しい。地検特捜部の悪意がプンプン匂ってくる。そういった意味でも、現在の捜査と、検察審査会は注目しなければならない。