この2~3年でイメージDVD20本…。心機一転!!事務所から独立したグラドルの石川優実

P1030093.jpgグラビア・アイドルとして活躍中の石川優実に東京・六本木で会った。
彼女と会いうのは久しぶりである。数えてみたら1年半ぶりぐらいになる。しかも、会って食事をしたのは初めてだった。
彼女は、日本一暑いと言われる岐阜県多治見市の出身。今年は、ゲリラ豪雨で大変な被害があったらしい(彼女の家は被害がなかったらしいが…)。その彼女と、初めて会ったのは3年前の秋。まだ、東京に越してきたばかりの時だった。第一印象は、ハッキリ言って物静かな田舎娘という感じだった(おそらく猫を被っていた?)。
因みに、彼女は現在23歳、デビュー6年前になるが、さすがに東京生活も3年となると、垢抜けして、当時の田舎娘のイメージは全く感じられない。女は怖い!? もっとも、彼女の第一印象を田舎娘と言ったが、実はグラビア界での人気は高く、あるグラビア系のプロダクションの社長さんに聞いたところ、彼女は「お菓子系アイドルの革命児」なんだとか。
ま、「お菓子系アイドル」って何だ?と思うだろう。僕も最初は知らなかった。要は、「クリーム」のような雑誌を“お菓子系”と言うそうで、そういった雑誌で活躍する子が“お菓子系アイドル”と呼ばれているらしい。しかも、彼女の場合、「クリーム」の行ったアイドル総選挙(AKB48の総選挙は、このパクリ?)でダントツの1位に輝いたという。しかも、04年と05年の2年連続で…。聞くところによると、石川優実の登場で“お菓子系アイドル”が異常に盛り上がったらしい。ところが、その彼女を06年に抜いたのが仲村みうだった。もっとも仲村は、石川を抜いて“お菓子系のアイドル”の新しい女王になったのだが、同時に「ミスマガジン」で“ミスヤングマガジン”を受賞してしまい、何と、マガジンにお株を奪われてしまった。しかも、石川も抜けてしまい踏んだり蹴ったり。せっかく盛り上がった“お菓子系アイドル”は再び低迷路線を歩んでいるらしいが…。
その石川。最近は、女優にも目覚め舞台にもチャレンジしている。確かに、いつまでもグラビアばかりやってはいられないだろう。しかも今回、彼女と会ったら
「実は、事務所を辞めてフリーになりました」。
「大丈夫なの?」
と心配したが、彼女の話を聞くと、事務所に頼っていては何も出来ないと判断したようだ。しかも、表情も爽やかで明るい。事務所を辞めて表情が爽やかというのは…。
3年前、初めて彼女と会った時、彼女から一番最初に聞かされたのは、所属していた事務所を辞めようと思っていることだった。そして今回、久しぶりに会ったら、またまた事務所。それにしても、タレントも相性のあう事務所に巡り合うのはなかなか大変なことだ。ただ、彼女は顔に似合わず頑固でしっかりしている。どこか猫を被ったところもあるが、実は負けず嫌いで気が強い。とにかく、何をやるにしても自分自身のことだから真剣に考えるのはいいことだろう。いずれにしても、イメージビデオ(DVD)は、この2〜3年だけでも20本近く出していて、すでに30本以上がリリースされているという。それも1回、彼女と仕事をしたスタッフからの再オファーが多いというから、現場での評判がいいのだろう。これは大切なことだ。
石川優実の再出発が楽しみである。