GReeeeNで知られる郡山のソフト会社が販売代理契約先ソフト会社の商品を“海賊”契約!!

不況に喘ぐのは夜の酒場だけじゃない。売上げを稼ぐために様々なアイデアを出してくるものである。
ナント、福島県郡山市のソフトウェア販売代理店F社は、社長と営業担当者がグルになって代理店契約を結んでいるソフト会社の主力商品の海賊版を作った上、顧客との契約を成立させ、裏で契約金をネコババしていたというのだ。会社ぐるみの事件としては前代未聞の事件であろう。しかし、郡山と言えば、あのGReeeeNのメンバーが通っていた歯科大学(奥羽大学歯学部)のあるところでも知られる。その郡山は今、ゲリラ豪雨で大騒ぎとなっているが、その騒ぎの裏で事件は発生した。
福島県警郡山北署は、福島県警生活環境課と生活安全企画課の応援を得て、郡山のソフトウェア販売代理店F社の社長A(49歳・男性)と営業本部長B(46歳・男性)、営業部長C(38歳・男性)の3人を逮捕した。容疑は著作権法違反。3人は、会社の売上げが上がらないことに悩み、土木積算システムソフトウェア「土木積算システム 技」を無断で複製して、裏販売契約を結んでいたという。
関係者によれば、F社は、土木積算システムソフトウェア「土木積算システム 技」の権利を持つ、ジェイビーテックと平成13年6月から販売代理店契約を結んできたと言う。契約に基づいてジェイビーテック社は、F社が営業で使用できるように「土木積算システム 技」のCD―Rを提供。同商品の発注があった場合、F社から連絡を受けたジェイビーテックがF社にCD―Rや使用許可証などを送り、顧客との契約を成立させるシステムになっていた。
ところがF社のA社長以下3人は、同商品の発注を受けてもジェイビーテックには全く報告せず、それどころか「土木積算システム 技」を顧客のパソコンに無断でインストールした上にF社が無断で複製したCD―Rを渡し、正規品価格の180万円を受け取っていたというのだ。いやいや、これじゃ販売代理店なんてものじゃない。著作権法違反で逮捕されたが、どうみても詐欺だろう。本来なら刑事責任を問わなければならない案件である。
今回の事件は、F社と「土木積算システム 技」の契約を結んだ企業が、契約方法に不審を感じジェイビーテックに問い合わせしたことから発覚したという。インチキは出来ないものだが、F社は常習的にやっていたようだ。とんでもない社長と営業の幹部である。
福島県警郡山北署は今後、捜査を進め販売代理店F社についても送致を予定している。

千堂ゆりあ、杏あづさ、西川かなのAV嬢が六本木のクラブで“レズ緊縛”をナマで実演!!

20100708051830.jpg20100708051756.jpg夜の盛り場も不景気になると、客集めのために様々なアイデアを出してくるものである。
ナント、今度はAV嬢が“レズ緊縛SM”をナマで実演するというのである。東京・六本木のクラブ「鹿鳴館」が始めた異色の納涼企画だ。まあ、小向美奈子の写真集「花と蛇3」の”緊縛”ショットが話題になっているだけに、タイムリーな企画と言えばタイムリーかもしれない?
「鹿鳴館」は、S級の美人AV嬢や外国美人ホステスばかりを集めて評判となっているが、最近は、近所に似たような店が続々と出店。しかも、メチャクチャ邪魔されているらしくAV嬢も集まらない。仕方ないから、最近はグラビア系のアイドルまで集めていて結果的にバラエティーに富んだ女の子のいる店となっている。まあ、近所のAV店は、指名料が人気AVだと2万円というからリーズナブルではない。そういった意味では、この「鹿鳴館」は良心的かもしれない。
いずれにしても、サッカーやゲリラ豪雨なんかも手伝って、ますます不況に喘ぐ夜の盛り場のクラブやキャバクラは、さまざまな企画で客を集めている。とりわけ、このシーズンは「浴衣」や「水着」が定番のようだが「それでは満足できない」という客も多いらしい。そんな欲求不満な客のニーズに応えようと言うのが今回の”レズ緊縛SMショー”だというのだ。
しかも、この企画は女の子の間から出てきたらしい。
考えたのは、AV界では”女王キャラ”で知られる千堂ゆりあ(24)と杏あづさ(24)、そして西川かな(23)。この3人、同じ事務所だったらしくて仲がいい。そんなところから今回の企画が出てきたのだろう。ゆりあ嬢は
「私たち浴衣とか水着なんて似合わないし、やるんだったらSMだよね! 私たちも楽しいし、お客さんも楽しめるでしょ」
ショーは2〜3回、ゆりあ嬢が女王様になって、あずさ嬢とかな嬢が緊縛され、ムチで叩かれ、ロウソク攻めにあう。
ただ、ゆりあ嬢に言わせたら「1人で2人相手は辛いわよね」だって。
それにしても、女同士でナマのSMショーを見せるというのも異色。しかも、ショー中は客からの写真撮影も受け付けるとサービスぶり。それだけじゃない、ショーとショーの間は、客について酒の相手もする…。男ばかりじゃなく女性の客であっても楽しめるかもしれない。
この店は通常、ピアノの弾き語りによる生ライブなどで、ムードたっぷりの雰囲気を演出しているが、緊縛SMショーの時には、これまた生演奏で盛り上げている。
リーズナブルな料金といったが同店では「うちは指名料を入れても60分で高くても1万5000円前後で楽しめます」。
緊縛SMショーは今夜も予定している。また、来週も彼女たちは「月曜日からやりたい」と意欲を見せていた。それにしても、ゆりあ嬢はAV界に入る前は動物病院の看護婦だったらしい。あづさ嬢は、紅ほたるが”名づけ親”らしい。芸能界やスポーツ界にも顔が広い。かな嬢は、岩手県の出身で親バレを恐れている? で、3人に共通するのは”アキバ系オタク”かもしれない。
場所は港区六本木3‐10‐9 山経28ビル11階(六本木交差点から溜池方面に50m程度歩いたビル。1階に「寿司三昧」がある)。
※写真は千堂ゆりあ(女王様)と杏あづさ