韓国芸能人に何故自殺が多い!?一気に拡大したネット社会にメンタルな部分が追いつけず…

韓国の人気俳優、パク・ヨンハの自殺は、韓国以上に日本の方がショッキングに報道されている。父親の介護に疲れて…なんて、人気俳優の自殺に結びつかない。
それにしても、韓国人の俳優やタレントの自殺は多い。最近でもチェ・ジニョン、チャン・ジャヨン、チェ・ジンシル、アン・ジェファン…。まるで、日本のタレントの交通事故が多いのと似ている。しかし、事故は謝罪で済んでも、自殺では後がない。
結局は、韓国の芸能人はプライドが高過ぎるのか、恥を嫌うのか…。
自殺者を増やす最大の要因は、やはり韓国のネット事情だろう。日本に比べてネットが進んでいると言ったら聞こえはいいが、韓国の場合はネット社会にモラルが追いついていないところに問題があるのではないか?ネットでの芸能人の誹謗・中傷は日常茶飯事である。
とにかく、何でもネットに書き込む。不倫なんて序の口。とにかく、芸能人の私生活を書きまくる。それこそ、国民全部がパパラッチになったかのような状態なのだ。ま、日本人以上に口の軽い国民性と言うのが、ネットでの書き込みを助長しているのかもしれない。しかも、日本以上に学歴社会というのも根底にあるのだろう…。
いずれにしても、ネット攻撃された方は精神的にも参ってしまう。参ってしまうと言うより、恥に曝されることを嫌うのだろう。とにかく「生き恥に曝されたくない」。そういった部分は日本人以上に強いのかもしれない。
今回のパク・ヨンハもそうだろうが、基本的に精神的、肉体的的なプレッシャーやストレスから開放されるために、韓国の芸能人は睡眠導入剤「ハルシオン」を常用する傾向にあるという声もある。プレッシャーやストレスから開放されず睡眠不足に陥る傾向が強い韓国の芸能人は、殆どハルシオンを服用するというのだ。
日本では、ハルシオンの服用は副作用を起こしやすいし、健康面にも悪影響を及ぼす可能性があることから、殆どの病院で出さなくなってきている。処方も厳しくなっている。しかし、韓国は日本ほど厳しく思っていない。
「酒を飲んだりした後にハルシオンを服用すると、一発で精神状態はおかしくなります。意識がもうろうとして、気分がよくなるという人もいますが、精神的に追い込まれたりしている人なんかは発作的に自殺を図る人も多いかもしれません。とにかく、酒と一緒にハルシオンを服用するのは非常に危険なことです」(事情通)
パク・ヨンハの場合は、発作的な行動だったようだが、ハルシオンより強力な睡眠薬をアルコール類と一緒に服用していた可能性もある。
いずれにしても、韓国の芸能人に自殺が多いのは、一気に拡大したネット社会にメンタルな部分が追いついていけない実情があるのかもしれない。中でもネットに曝されやすいのが芸能人なだけに、今後も増えていく可能性は十分だ。日本は、まだ韓国ほどではないが、今やtwitterなんかでもトラブルが起こる時代なだけに、芸能プロも管理体制を含め真剣に考えなければならない時期に来ていると思うのだが、所属タレントの交通事故でさえ防ぐことが出来ないんだから無理か!?

40万円が70万円に化けても…ネットオークションで海賊版DVD‐R販売の会社経営者逮捕!!

宮城県警サイバー犯罪対策室と泉署は、インターネット・オークションを使ってコンピュータ・ソフト「Adobe Creative Suite 4 Master  Collection 日本語版(30日間体験版)」(アドビ・システムズ・インコーポレーティッド)の海賊版DVD‐Rを販売していた東京・豊島区在住の32歳・会社経営者Aを著作権法違反の疑いで逮捕したという。
Aの供述によれば、インターネット・オークションを通じて正規のソフトを購入し、それをマスターソフトとして海賊版を作成して販売したというが、Aは、このソフトをDVD―R計6枚に無断で複製し、宮城県仙台市内在住の男性など2人に、3回に亘って計14万9000円で販売してた。
宮城県警サイバー犯罪対策室の調べによると、Aの手口はインターネットオークションの出品画面で「身元がしっかりした企業等から買い取ったもの」などと説明、中古品を装い海賊版を出品していたこと。正規品の価格は、39万7950円(税込)もするものだったが、Aは、海賊版にして3万9500円〜6万円程度で販売していたらしい。要するに、中古品なんかではなく“完全”なコピー…海賊版ということになる。
しかも、Aは「1度に大量の海賊版を出品していた」そうで「1度の出品で約70万円相当を売り上げていた」と言う。確かに、約40万円で買ったものが、最低でも倍近くの儲けになるわけだからやめられないだろう。しかし、今回の事件は、商品を購入した男性から泉署に被害相談があったことから発覚したようだ。そりゃそうだろう。「中古」だと思って買ったら、単なる「コピー」なわけだから「冗談じゃない!」と怒るのは当然だ。結局、Aはお縄になり、Aの自宅は家宅捜索が行われパソコン4台、ハードディスク10台など22品目33点が押収された。それにしても、ちょっと儲かるからと海賊版なんかを売っていたら、どこで足がつくか分からない。小銭を手にして「これは儲かる」なんて勘違いするのは勝手だが、一方でバレるんじゃないかと毎日毎日、ビクビクしながやっているとしたら割りに合わない。しかも、この程度のことで逮捕でもされたら【ヘッドロック】の餌にもなりかねないわけだし実にリスキーな行為である。