「冬のソナタ」のパク・ヨンハの自殺…日本でのコンサートがタイト過ぎると不満訴えていた!?

 ”韓国ドラマ”の火付け役ともなった「冬のソナタ」で主役のペ・ヨンジュンの恋敵を演じて人気だった韓国人俳優、パク・ヨンハさん(32)が、ソウル市内の自宅で自殺していた。パクさんは、自室で携帯電話充電器のコードで首をつった状態で死亡していたという。30日早朝、母親が発見したそうだ。自殺の原因は不明だが、パクさんは、末期の胃がんを患っている父親を看病をしていて鬱病だったという。
それにしても、パクさんは、6月26日の埼玉・川口リリアホールを皮切りに全国ツアーをスタートさせたばかり。川口でのコンサートの終了後に一時韓国に帰国して今回の自殺となった。関係者によれば、あした7月1日に来日して、2日の神戸国際会館でのステージに備える予定だったようだ。
コンサートツアーは、9月3、4日の大阪国際会議場まであったが、パクさんは「スケジュールがきつ過ぎる」と訴えていたと言う。「こんなタイトなスケジュールでは、父親が何かあったときに帰ることが出来ない」と不満を訴えていたなんて情報もあるが…。もっとも、パクさん自身が自殺してしまったら、父親はどうするのか? 情報が事実だとしたらパクさんの精神状態に何らかの異変が起こっていたことだけは確かだ。
東京公演は、7月17,18日の東京国際フォーラム・ホールAだった。他にもパシフィコ横浜とか、かなりのスケジュールが組まれていたようだ。パクさんは、ポニーキャニオンに所属していてシングル8枚、アルバム2枚を発売し、4年連続でゴールデンディスク賞を受賞、韓国の歌手としては初めて日本武道館でコンサートを行った。
それにしても、自殺によって当然、コンサートは中止になったが、主催者が受ける損害は計り知れない。おそらく数億円規模の損害になるだろう。
しかし、韓国の俳優の自殺は多い感じがするが…。

TBSのW杯・日本×パラグアイ中継…38年ぶりに記録塗り替える57.3%、最高瞬間64.9%

昨夜のW杯南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦、日本×パラグアイは、TBSが午後11時からの放送とあって、時間的にもよかったのか驚異的な視聴率を上げた。ビデオリサーチによると、関東地区の平均視聴率は57.3%だったという。また、最高瞬間視聴率は午後11時46分の前半ロスタイムの時で64.9%。まさに日本中がW杯の日本戦に一喜一憂したというわけだ。それにしても、夕べは都内全域に大雨、洪水警報が出され、電車にも影響が出たはずだが、そんな情報も吹き飛んでしまう盛り上がりだったとは実に怖ろしい…。
それにしても試合を中継したTBSは、ここ最近、何かといいことがなかったが、昨夜だけは酔いしれたようだ。それもそのはず、この57.3%という視聴率はTBSにとっては開局以来の高視聴率だったからだ。TBSのよれば、過去最高の視聴率は、72年に放送したドラマ「ありがとう」だった。平岩弓枝(脚本)と石井ふく子プロデューサーのコンビで制作されたドラマで、あの「三百六十五歩のマーチ」の大ヒットで知られる水前寺清子と山岡久乃が主演した。このドラマが56.3%で最高だったが、今回38年ぶりに塗り変えたことになる。
もっとも、「ありがとう」といえば、昨年5月にTBSの横に、ドラマに因んでか「ありがとう」なんていうラーメン屋がオープンしたが、その店は1年過ぎた今月、人知れず閉店している…。
いずれにしても、今回は、NHK−BSも放送してなく、完全にTBSの独占放送だったことも高視聴率に結びついたかもしれない。
因みにだが、関西地区の視聴率は平均で54.1%、最高瞬間視聴率は64.3%と、ま、関東に比べれば、やや冷静だった? しかし、これで今年の年末の「NHK紅白歌合戦」は大きく後退することになる。

伊藤美咲に第一子誕生の裏で…旦那の「京楽」榎本善紀社長は沖縄 ・松山で夜な夜な!?

女優として人気の伊東美咲に女児が生まれたという。
伊東の亭主は、大手パチンコメーカー「京楽産業」の榎本善紀社長。08年に友人の結婚式で知り合って以来、トントン拍子に話が進んで昨秋11月24日にハワイで挙式した。
それにしても、どう見ても子供が出来ちゃったから結婚した感じは否めない。所詮、結婚しても榎本社長は遊び人のようである。伊東の妊娠をいいことに、かなり遊びまくっていた。
榎本氏が率いる「京楽」は、今年3月に吉本興業グループが沖縄で開催した「沖縄国際映画祭」のメーン・スポンサーとしてバックアップしたが、スポンサーになったことをいいことに、沖縄で羽を伸ばしていたというのだ。沖縄在住のギョウカイ・スズメの間からは「子供が生まれるのに、亭主がこれでいいんですかねぇ」なんて声まで出る始末だった。ま、夫婦のことは分からないが、沖縄での榎本氏は、かなりハメをはずしまくっていたようである。
「沖縄の那覇市には松山という飲み屋街があるんですが、榎本さんは毎晩、夜な夜な姿を見せていましたね。お気に入りの店は、松山の中心部にある高級キャバクラのJYO。ここのVIPルームで飲みまくっていました」
JYOと言えば、元横綱の朝青龍も豪遊した店。沖縄県内でも有名で100人以上は入る高級店。中核に「エス」という店があるチェーン店だが、おそらく殆どの芸能人や業界人は行っているはず。しかも、値段は安く1時間4000円程度と安いが、女の子のレベルは高いと評判。余談になるが「JYO」という店名は、オーナーが野球の新圧剛志のファンだったことからつけたのだという。
「榎本さんは、JYOで系列店の女の子まで(指名で)呼ぶんですよ。お気に入りは、STARという店にいるAちゃんとい子のようでしたね。しかも、毎晩200万円ぐらい使っていたようですよ」。
1時間4000円程度の店で200万円って、どんな使い方をしているのさ!! 単なる目撃談だけによく分からないのだが…。ただ
「店から出る時は、しっかりお持ち帰りしていましたね」。
お持ち帰りか、アフターかは微妙に分からないが、いずれにしても沖縄の夜を毎晩毎晩満喫していたことは確かだ。羨ましい話である。しかも、その目撃したギョウカイ関係者によれば「榎本さんは、沖縄にマンションを持っていて、まるで移住してしまった感じでしたよ」。
もっとも、榎本社長が沖縄に居座るのは、単に「沖縄国際映画祭」のスポンサーになっているだけの理由でもなさそうで、榎本氏の脇には、いつも大手エンターテインメント企業の某社長が同席していたなんて情報も…。
ま、沖縄で遊んでいたわけではなく実際には、何らかのビジネスを展開しようとしているのかもしれないが、それにしても、危うさの漂う夫婦であることは確か。女児が生まれ現時点では「女優復帰は未定」らしいが、この分では、女優復帰も早いかもしれない。いずれにしても、お節介かもしれないが、別れるなら早いうちがいい…。