木村カエラも嫉妬!? 話題の瑛太が…。“着うたの女王”菅原紗由理が挿入歌ドラマ初出演!!

20100601051619.jpg20100601051549.jpg着うたの女王として注目されているデビュー2年目の女性シンガー、菅原紗由理が6月3日放送のフジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」(木・後10時)で、女優としてもデビューすることになった。同タイトルの新曲が、挿入歌として使われていることから異例の抜擢となったもの。菅原は「挿入歌だけでも感激だったのに、ドラマにも出させていただいて信じられない気持ち」と喜びを噛みしめていた。
「素直になれなくて」は、ウェブ上の投稿サイト「ツイッター」を通して知り合った5人の男女の友情を描いたドラマ。上野樹里と瑛太のダブル主演で評判となっている。菅原の曲は、2人の切ない心情を歌い上げるバラード曲となっており、ドラマのクライマックスで使われている。すでに「着うた」で人気急上昇中で、日本レコード協会が公表する「着うたフル」の週間ランキングでは初登場3位にランクされたほど。
そういった楽曲の評判もあって、今回、菅原がドラマの中でも異例の抜擢をされた。しかも、そのシーンは、瑛太扮するカメラマンの中島圭介(ナカジ)が、菅原のCDジャケットを撮影するシーンだというのだ。CDジャケットとドラマをコラボレーションさせた異色の手法で、挿入歌を歌う菅原を、一段と際立たせようというわけだ【写真】。
収録は先週末に都内のスタジオで行われた。収録を無事に終えた菅原は
「素晴しい演技をされて雲の上の存在だと思ってきた瑛太さんや、上野樹里さんのドラマの歌を歌えるだけでも感動の一言だったのに、ドラマにまで出させていただいて信じられない気持ちでした。まだ心臓がドキドキしています」
と興奮気味に語っていたが、その瑛太は、歌手の木村カエラと結婚することが今朝の日刊スポーツで報じられている。しかもカエラをハラませたとか…。そんな時に菅原が、この役じゃカエラも嫉妬か?いずれにしても、話題的にも、菅原が出演する3日放送は盛り上がりそうな気配である。実にタイミングがいい。
「恋愛や友情など、今だからこそ言える自分の気持ちや思いを、素直に表しているのが彼女の人気になっている。彼女の透明感溢れたボーカルも大きな魅力になっているし、その彼女の魅力をドラマでも表現できれば…」
と関係者はいうのだが…。