「冬のソナタ」のパク・ヨンハの自殺…日本でのコンサートがタイト過ぎると不満訴えていた!?

 ”韓国ドラマ”の火付け役ともなった「冬のソナタ」で主役のペ・ヨンジュンの恋敵を演じて人気だった韓国人俳優、パク・ヨンハさん(32)が、ソウル市内の自宅で自殺していた。パクさんは、自室で携帯電話充電器のコードで首をつった状態で死亡していたという。30日早朝、母親が発見したそうだ。自殺の原因は不明だが、パクさんは、末期の胃がんを患っている父親を看病をしていて鬱病だったという。
それにしても、パクさんは、6月26日の埼玉・川口リリアホールを皮切りに全国ツアーをスタートさせたばかり。川口でのコンサートの終了後に一時韓国に帰国して今回の自殺となった。関係者によれば、あした7月1日に来日して、2日の神戸国際会館でのステージに備える予定だったようだ。
コンサートツアーは、9月3、4日の大阪国際会議場まであったが、パクさんは「スケジュールがきつ過ぎる」と訴えていたと言う。「こんなタイトなスケジュールでは、父親が何かあったときに帰ることが出来ない」と不満を訴えていたなんて情報もあるが…。もっとも、パクさん自身が自殺してしまったら、父親はどうするのか? 情報が事実だとしたらパクさんの精神状態に何らかの異変が起こっていたことだけは確かだ。
東京公演は、7月17,18日の東京国際フォーラム・ホールAだった。他にもパシフィコ横浜とか、かなりのスケジュールが組まれていたようだ。パクさんは、ポニーキャニオンに所属していてシングル8枚、アルバム2枚を発売し、4年連続でゴールデンディスク賞を受賞、韓国の歌手としては初めて日本武道館でコンサートを行った。
それにしても、自殺によって当然、コンサートは中止になったが、主催者が受ける損害は計り知れない。おそらく数億円規模の損害になるだろう。
しかし、韓国の俳優の自殺は多い感じがするが…。

TBSのW杯・日本×パラグアイ中継…38年ぶりに記録塗り替える57.3%、最高瞬間64.9%

昨夜のW杯南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦、日本×パラグアイは、TBSが午後11時からの放送とあって、時間的にもよかったのか驚異的な視聴率を上げた。ビデオリサーチによると、関東地区の平均視聴率は57.3%だったという。また、最高瞬間視聴率は午後11時46分の前半ロスタイムの時で64.9%。まさに日本中がW杯の日本戦に一喜一憂したというわけだ。それにしても、夕べは都内全域に大雨、洪水警報が出され、電車にも影響が出たはずだが、そんな情報も吹き飛んでしまう盛り上がりだったとは実に怖ろしい…。
それにしても試合を中継したTBSは、ここ最近、何かといいことがなかったが、昨夜だけは酔いしれたようだ。それもそのはず、この57.3%という視聴率はTBSにとっては開局以来の高視聴率だったからだ。TBSのよれば、過去最高の視聴率は、72年に放送したドラマ「ありがとう」だった。平岩弓枝(脚本)と石井ふく子プロデューサーのコンビで制作されたドラマで、あの「三百六十五歩のマーチ」の大ヒットで知られる水前寺清子と山岡久乃が主演した。このドラマが56.3%で最高だったが、今回38年ぶりに塗り変えたことになる。
もっとも、「ありがとう」といえば、昨年5月にTBSの横に、ドラマに因んでか「ありがとう」なんていうラーメン屋がオープンしたが、その店は1年過ぎた今月、人知れず閉店している…。
いずれにしても、今回は、NHK−BSも放送してなく、完全にTBSの独占放送だったことも高視聴率に結びついたかもしれない。
因みにだが、関西地区の視聴率は平均で54.1%、最高瞬間視聴率は64.3%と、ま、関東に比べれば、やや冷静だった? しかし、これで今年の年末の「NHK紅白歌合戦」は大きく後退することになる。

伊藤美咲に第一子誕生の裏で…旦那の「京楽」榎本善紀社長は沖縄 ・松山で夜な夜な!?

女優として人気の伊東美咲に女児が生まれたという。
伊東の亭主は、大手パチンコメーカー「京楽産業」の榎本善紀社長。08年に友人の結婚式で知り合って以来、トントン拍子に話が進んで昨秋11月24日にハワイで挙式した。
それにしても、どう見ても子供が出来ちゃったから結婚した感じは否めない。所詮、結婚しても榎本社長は遊び人のようである。伊東の妊娠をいいことに、かなり遊びまくっていた。
榎本氏が率いる「京楽」は、今年3月に吉本興業グループが沖縄で開催した「沖縄国際映画祭」のメーン・スポンサーとしてバックアップしたが、スポンサーになったことをいいことに、沖縄で羽を伸ばしていたというのだ。沖縄在住のギョウカイ・スズメの間からは「子供が生まれるのに、亭主がこれでいいんですかねぇ」なんて声まで出る始末だった。ま、夫婦のことは分からないが、沖縄での榎本氏は、かなりハメをはずしまくっていたようである。
「沖縄の那覇市には松山という飲み屋街があるんですが、榎本さんは毎晩、夜な夜な姿を見せていましたね。お気に入りの店は、松山の中心部にある高級キャバクラのJYO。ここのVIPルームで飲みまくっていました」
JYOと言えば、元横綱の朝青龍も豪遊した店。沖縄県内でも有名で100人以上は入る高級店。中核に「エス」という店があるチェーン店だが、おそらく殆どの芸能人や業界人は行っているはず。しかも、値段は安く1時間4000円程度と安いが、女の子のレベルは高いと評判。余談になるが「JYO」という店名は、オーナーが野球の新圧剛志のファンだったことからつけたのだという。
「榎本さんは、JYOで系列店の女の子まで(指名で)呼ぶんですよ。お気に入りは、STARという店にいるAちゃんとい子のようでしたね。しかも、毎晩200万円ぐらい使っていたようですよ」。
1時間4000円程度の店で200万円って、どんな使い方をしているのさ!! 単なる目撃談だけによく分からないのだが…。ただ
「店から出る時は、しっかりお持ち帰りしていましたね」。
お持ち帰りか、アフターかは微妙に分からないが、いずれにしても沖縄の夜を毎晩毎晩満喫していたことは確かだ。羨ましい話である。しかも、その目撃したギョウカイ関係者によれば「榎本さんは、沖縄にマンションを持っていて、まるで移住してしまった感じでしたよ」。
もっとも、榎本社長が沖縄に居座るのは、単に「沖縄国際映画祭」のスポンサーになっているだけの理由でもなさそうで、榎本氏の脇には、いつも大手エンターテインメント企業の某社長が同席していたなんて情報も…。
ま、沖縄で遊んでいたわけではなく実際には、何らかのビジネスを展開しようとしているのかもしれないが、それにしても、危うさの漂う夫婦であることは確か。女児が生まれ現時点では「女優復帰は未定」らしいが、この分では、女優復帰も早いかもしれない。いずれにしても、お節介かもしれないが、別れるなら早いうちがいい…。

25歳のグラドル桜井まりが舞台で16歳を演じる!? AKB48元メンバーだった早野薫も…

20100629192837.jpg20100629203525.jpgちょっと前にも紹介したが、贔屓(ひいき)にしているグラビアアイドルで女優としても活躍している桜井まり【写真・左=http://ameblo.jp/sakurai-mari】が2年半ぶりに舞台に出演することになった。その発表会があるというんで秋葉原の会場に行った。「月光の不安」という舞台だが、彼女は吸血鬼を愛する少女役だとか。彼女は現在25歳だが、今回の舞台では16歳の役を演じる。ま、身長が150cmだし、見方によっては高校生に見えなくもない!?
桜井は、2年前の08年11月に劇場公開された映画「十年愛」で初主演した。その後、昨秋11月に公開された映画「妖美伝奇 新説 牡丹灯篭 壱〜この世の果て」「同 弐〜さよなら」でも主演を演じている。他にも、ビデオ映画に出演するなど頑張ってきたが、やはりナマの舞台が好きのようだ。
ところで、吸血鬼を演じるのは“将棋アイドル”とか言う梨沙帆。妙な雰囲気が魅力の子だ。因みに、彼女は「主都大学東京」の学生で、何かと話題になっている「ドブスを守る会」のメンバーとは友達なんだとか。彼女は“ドブス”ではなかった…? その他にも元AKB48のメンバーだったらしい早野薫【写真・右】も出演する。
最近のAKB48といったら、軽くなった芸能界の中でドサクサに紛れて、元AKB48のメンバーとかいうジャリタレが隙間を狙って続々と出てくる。とは言っても所詮は、中身も何もない、芸も出来ないお猿さん以下のジャリタレばかり。結局は、AV嬢になるしかない。“AV予備軍”である。これから、元AKB48のメンバーとか言いながら、そんなジャリタレがウヨウヨと芸能界に出てくるのだろう。考えただけでもウンザリする。この事態に大喜びなのはAVメーカーぐらいである。
ま、そういった中で早野は例外的にマトモのようで、自分なりに演技を頑張っているようだ。おそらく、チンピラでペテン作詞家の秋元康に惑わされなかったからだろう。不幸中の幸いだった!!
他にも、オタク系から人気があるという西本早希や妙齢の役者・北原マヤなんかも出演すると言うが、正直言って、どんな舞台になるのかはサッパリ分からない。しかし、確かなことは出演者はみんな若いけど、舞台自体は、その出演者に支えられなければ全く成立し得ない舞台だということだ。舞台は8月4日から東京・銀座「みゆき館」で。

僅か6時間で100億円上回る損害!? ファイル共有ソフトを用いた無許諾送信で前橋市在住の男逮捕!!

インターネットのファイル共有ソフト「Share」(シェア)を通じて、任天堂Wii用ゲームソフト「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST  ―黄昏の少女―」を無断でアップロードし送信できる状態にしていた群馬県前橋市の35歳の男が著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕された。男は、今年4月7日、スクウェア・エニックスの「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST  ―黄昏の少女―」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じてアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていたという。それだけではない。他にも、わいせつ物の動画データもアップロードしていて「わいせつ図画公然陳列」の疑いでも再逮捕されたというから情けない。
逮捕した愛知県警生活経済課と南署によると、男は、自宅から会社にパソコンを持ち込んで会社の回線でファイル共有ソフトを使用していたという。しかも、持ち込んだパソコンには、「Share」、「WinMX」、「Winny」、「Perfect Dark」と4種類ものファイル共有ソフトがインストールされていたというから、かなりの常習犯だったと思われる。因みに、男の自宅と勤務していた会社では家宅捜索が行われパソコン2台、ハードディスク4台、改造Wii本体1台など合計12点が押収されたそうだ。
この他にも、ゼンリンのカーナビソフト「08―09年モデル バードビュー ロードマップ全国版DVD―ROM」やトヨタマップマスターのカーナビソフト「トヨタ純正ナビ用地図ソフト(DVDナビ2009年春全国版A1B版)」なども無断でアップロードし送信できる状態にしていた疑いがあり、これに対しも今後、権利者が告訴を予定しているという。
しかし、男は「タダでソフトウェアを入手したかった。7年前からファイル共有ソフトを使い始めた」と供述しているらしいが…。それにしても、まさか、自分が逮捕されるなんて夢にも思っていなかったはずだ。もっとも、誰から見ても「ファイル共有ソフト」に対しては知識もあったわけだから、やっていることが違法行為だということは当然、認識していたはず。
ま、そうは言っても7年もの間、野放し状態になっていたわけだから、罪悪感も薄れていたと思うが、今回のような「ファイル共有ソフト」を用いた無許諾送信による著作権侵害行為の横行によって、被害は増大しているという。このため、著作権団体と電気通信事業者は、ファイル共有ソフトにおける侵害実態や課題などの情報を共有し、共同・連携して著作権侵害対策活動を検討する場として「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」も設立して調査を本格化しているほどだ。
ところで「ファイル共有ソフト」を用いた無許諾送信による被害については、かつて?日本音楽著作権協会や?コンピュータソフトウェア著作権協会が共同で実施した調査によると、僅か6時間で100億円を超える損害があると推計されたという。年々利用者も年々増大している。今ではインターネット利用者の20%前後が「ファイル交換ソフト」を利用しているというデータもある。そういった状況の中、警視庁を含め全国道府県の警察は、サイバーパトロールなどで違法行為者の捜査や検挙に力を入れているだけに今後、ますます逮捕者も増えそうだ。

エリカ様の芸能復帰暗礁!? 沢尻は高城との話合い拒否!! 高城はゲーム感覚で達観視?

あれだけ大騒ぎしたのに、一体どうなってしまったんだ…。そんな思いがするのが、“エリカ様”こと沢尻エリカだ。
今春、スペインに個人事務所「エル・エクストラテレストレ」を設立したかと思えば、マスコミに誓約書を求めたり、彼女をキャラクターに選んだ「たかの友梨ビューティークリニック」のCMから、夫でハイパー・メディア・プロデューサーである高城剛との離婚騒動、さらにはエイベックスとのマネジメント契約問題、そして、先ごろ、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館で行われた「ガールズアワード2010」に出演…。
とにかく、話題の洪水だったエリカ様だった。
それが、ここききて、全く話題が消えてしまった。一部情報で「エイベックスの株主総会後に正式契約」なんてあったようだが、それにしたって単なる未確認情報に過ぎない。では…、一体!?
ある事情通によれば、エイベックスとの契約話は実際にあったようで、実際にエイベックスはエリカ様を主演に起用した映画の製作も考えていたというのだ。とにかく綿密にエリカ様の復活劇を考えていたようだが、ここにきてエリカ様のその復帰計画が暗礁に乗り上げていると言うのだ。
「実は、スペインに設立した個人事務所『エル・エクストラテレストレ』が大きなネックになっているんですよ。この事務所に沢尻は所属している限り、エイベックスとの契約は難しくなるというんです。というのは、このスペインの事務所は高城が絡んでいる。ところが、今回の離婚騒動で高城との話し合いが全く進んでいない。このままいったら、沢尻は芸能活動が出来なくなる可能性もあるんです」。
沢尻が、「ガールズアワード2010」で、披露した新曲の「Treasure」にしても、中途半端な状態になっている。あれだけ大騒ぎして始まった「たかの友梨ビューティークリニック」のCMなんて一体、どうなってしまったのか?
結局は、高城を無下にしたのが失敗だったのでは? 前出の事情通によると、沢尻側は、ここにきて、沢尻に「高城と直接会って話し合うように進言している」と言うが、沢尻は、高城と会うことを拒否。一方の、高城も「離婚なんて冗談じゃない」と、話し合いを拒否しているそうで、もはや事態は完全に暗礁に乗り上げてしまっている。…というより「現時点での修復は不可能」なんて声も出ている。
「高城は、沢尻の出方を待っているんですよ。万が一、エイベックスとマネジメント契約を結んだら、二重契約で即、スペインの裁判所に訴えると言っているようです」
また、芸能関係者は
「高城と(電話で)話しましたが、彼は、エリカ・サイドの動きに対して異常なほど不信感を抱いているようでしたね。もっとも今や、開き直っていて、ゲーム感覚で考えているようですね。ただ、今の状態では、エリカ・サイドも動きようにも動けないかもしれませんね」。
いずれにしても、エリカ様も、結婚する時は勝手に結婚しておきながら、離婚する時は人任せ…というのでは、成人した大人の行動とは思えない。勘違いも甚だしい。周りも、ちょっとぐらい話題や人気があるだろうからって甘やかさないで、長い人生1回ぐらいは「挫折」や「どん底」を味あわせた方が彼女のためだろう。

人気ロック“カニヴァリズム”ドラムの光也が脱退!! もはや大地の“エアードラム”しかない!?

holiday-kannivalism2.jpgロック・グループ“カニヴァリズム(kannivalism)”でドラムを担当していた光也(みつや=写真の左側)が突然にグループを脱退していたことが分かった。脱退の理由については不明だが、周辺関係者によると「ライブを突然にすっぽかしたり、精神的な問題があった」というのだが…。
“カニヴァリズム”は、ボーカルの怜 (りょう)ギターの圭(けい)、そしてベースの裕地(ゆち)の3人で、05年12月に結成。06年9月にはエイベックスからメジャー・デビューした。第1弾「リトリ」はオリコン初登場7位にランクインした。この年、エイベックスでもデビュー曲がベストテン入りしたのは“カニヴァリズム”ぐらいだった。
その後、怜が躁鬱病になったことから活動を一時休止したが、昨年9月に、新たに光也をドラマーに加え活動を再開したばかりだった。その一方でボーカル、怜が執筆(名義は「兒玉怜」)した異色の激白本「鬱病ロッカー」は異例のベストセラーとなっている。
今回の光也の脱退に、所属事務所は「メンバー、スタッフで何度もミーティングを重ねてきたが、今後のグループの活動を第一に考えた末の結論」としている。
ところで、“カニヴァリズム”のドラムと言ったら…。記憶が正しければ3年前の07年の秋だったが、エアーギター世界選手権で2連覇したお笑いコンビ、ダイノジの大地洋輔が“エアードラム”にチャレンジしたことがあったような…。
確か、「モノクローム」という曲だった。そのプロモーション・ビデオ(PV)に、大地がドラマーとして“新加入”したことがあった。
この時、大地はエアーギターならぬ豪快なエアードラムを全身で披露していたはずである。
もっとも、その大地も最近は話題がなくなった。おそらく、記憶の彼方になっているに違いないので、改めて誰なのか簡単に説明しておくと、彼は、大谷ノブ彦とのお笑いコンビ、ダイノジで活躍していた。シュールとサブカルのネタで人気だったが、そんな彼らを一躍、スターダムにのし上げたのは、お笑いではなく大地のエアーギターだったというわけ。
大地は「エアギター世界選手権」に出場し、06年チャンピオンとなった。さらに07年も連続出場した結果、「オフスプリング」の楽曲で2連覇 を成し遂げた。
この偉業に、各方面から仕事のオファーが舞い込んだが、この時に大地が選んだのがカニヴァリズムのPV演奏だった。しかも、エアーギターではなくドラマーとしての出演。大地はカニヴァリズムの演奏のバックで何と、エアードラムを披露したといわけだ。
光也がドラマーを脱退した今、ここはやはり大地洋輔しかないのでは!? カニヴァリズムも結成時は「ドラムレスの3人編成」だったのだから、これからは「エアードラム」で十分…だと思うのだが。
ところで、“カニヴァリズム”の今後の予定だが、7月21日に今年3月30日に東京・中野サンプラザで行ったライブのLIVE DVDを発売する他、8月11日には新曲「split recollection」もリリースされるという。8月23日には東京・渋谷のC.C.Lemonホールでライブも予定している。

石原慎太郎肝入り「首都大学東京」の「ドブスを守る会」問題で退学処分の学生2人涙ぐむ!?担当教授も停職1ヶ月…

「首都大学東京」の4年男子学生による「ドブスを守る会」問題。この大学は、もともとは「都立大学」だったが、石原慎太郎のツルの一声で大学名が変更された。良く分からないが、勝手に石原の”肝入り”になっていたことでも知られるが、「ドブスを守る会」なんて、いかにも石原都知事が考えそうな的確なネーミングである。
で、この事件、東京首都大学のシステムデザイン学部インダストリアルアートコースに通う4年の学生・SSとTYらが実行役となって、街頭でインタビューした女性を動画投稿サイト「YouTube」にアップしたもの。「今日の日本においては、ドブスが絶滅の危機に瀕している。ドブスを守るための活動の一歩として…」なんて嘯いていたらしいが、結果的には騙しながら街頭インタビューに応じた女性を、ドッキリカメラよろしく撮影し、モザイクなしに「YouTube」に了解を得るどころか、勝手にアップしたというのだ。
「いかにも雑誌のインタビューのように呼び止めて、インタビューに応えた後、『実は…』と名乗っていた。女性の反応見て喜ぶ愉快犯だったわけですが、女性が(映像の)使用を断っても全く聞く耳は持たなかった。SSとTYというのは病的な愉快犯だった」(事情通)。
悪質といえば悪質な行為だが、ま、石原都知事の“肝入り”らしい話って言っちゃ話である。
しかし、本当に“ドブス”が絶滅の危機に瀕しているのかは疑問である。もし、そうだとしたら、化粧の仕方が変わったか、あるいはプチ整形が流行っているとしか言いようがない?
余談はともかく、「ドブスを守る会」のやったことは、笑い話では終わらなかった。「YouTube」にはアクセスが殺到して、逆に大騒動となった。この騒ぎに、首都大学東京は、学長名で謝罪文をホームページに掲載したものの終息せず、ついに、SSこと坂口聡とTYこと角田悠介は、退学処分となった。また、制作に携わったシステムデザイン学部インダストリアルアート学域(大学院)の学生が停学1ヶ月処分になった。
坂口、角田の仲間が言う。
「2人とも、停学処分ぐらいで済むと思っていたようでだから、今回の処分に対して本当に驚いたのは2人だったと思う。大学に来て退学処分を言い渡された時は青ざめていました。もう、目が潤んじゃって、何か可哀想な感じでしたね」。
4年生で、大手出版社への就職も決まっていたと言うだけに、この退学処分で内定取り消しは決定的か? ま、自業自得と言ってしまえば、それまでだが、実は、この被害は在学生まで拡大している。
「担当の教授も責任を取って自宅謹慎(停職)1ヶ月になったんです。また、2人のやった行為に対して『芸術の域』と擁護した教授にも批判が集中して今、大学に来ていません。おかげで、その教授の授業は無期限で休校になるし大変なんです」。
教授も謹慎が解けたといっても、笑いながら出てくるわけにはいかない。ま、夏休みがあるからちょっとは冷却期間があるのかもしれないが、それにしても安易な行為が人生を台無しにしてしまったわけだが、まさにネット社会の起こした悲惨な出来事なのかもしれない。しかし、教授の中には、問題発覚後に学生に対して擁護発言していたほどだから、学校自体もそれほど深く考えていなかったことも事実だろう。それより、学内では
「実は、教授は学生のやっていたことを事前に知っていながら、容認していた部分もあったようです」
なんて噂も…。
いずれにしても、今回の問題というのは多少なりとも石原都知事にも責任があると思うのだが…。

RIAJ「着うたフル」週間チャート…久保田利伸のフジ“月9”主題歌首位! Superfly初登場!!

㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の6月22日付週間チャートを25日に公表した。集計期間は6月16日から22日までの1週間。
前週1位に初登場した木村カエラ「Ring a Ding Dong」が2位に後退し、代わって首位に躍り出たのは前週7位だった久保田利伸「LOVE RAIN〜恋の雨〜」。同曲は、キムタクこと、SMAPの木村拓哉が主演しているフジテレビ系“月9”ドラマ「月の恋人 Moon Lovers」の主題歌。ドラマの視聴率は、正直言って伸び悩んでいるが、それは内容のドラマの中身の問題。主題歌の方が逆に評判が高まっている。実に皮肉な現象である。
また、前週5位に後退していた西野カナ「会いたくて 会いたくて」が3位に再浮上した。同曲は、ジェムケリーCMソング。5月18日付で初登場して以来、上位にランクし続けている。一方、初登場曲は5位にSuperfly「タマシイレボリューション」と5位の西野カナ「love & smile」。
Superfly「タマシイレボリューション」は、NHK「W杯南アフリカ大会」のテーマ曲として使われている。NHKでは総合、BS放送を含めW杯の中継やハイライト番組、さらには関連特番などに同曲を起用している。また、Jリーグの中継放送や天皇杯サッカー中継、アジアカップなどサッカー関連の番組などNHKでは幅広いサッカー番組に起用している。
西野カナ「love & smile」は、6月23日に発売されたセカンド・アルバム「to LOVE」に収録されている楽曲。西野は「会いたくて 会いたくて」を含め、上位5位内に2曲が入るなど“着うたの女王”ぶりを発揮している。因みに、先週10位だった「LOVE IS BLIND」は15位に後退した。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(7) 久保田利伸 「LOVE RAIN〜恋の雨〜」
2(1) 木村カエラ 「Ring a Ding Dong」
3(5) 西野カナ 「会いたくて 会いたくて」
4(−) Superfly 「タマシイレボリューション」
5(−) 西野カナ 「love & smile」
6(6) ヒルクライム 「ルーズリーフ」
7(2) 加藤ミリヤ 「Last Love」
8(4) Honey L Day 「まなざし」
9(8) AKB48 「ポニーテールとシュシュ」
10(3) DREAMS COME TRUE 「ねぇ」
次(9) EXILE 「VICTORY」

W杯南ア大会・日本×デンマーク戦の視聴率…「丑三つ時」に30.5 %、最高瞬間は41.3 %

W杯南アフリカ大会の「日本×デンマーク」戦は、思わぬ3×1で日本は決勝トーナメント進出を決めたが、この劇的な試合の生中継をした日本テレビの視聴率が30.5%だったことが分かった。もっとも、この数字は調査をしているビデオリサーチの機械が5時で一旦、切られてしまうので、厳密には午前3時から5時までの2時間の平均的視聴率。試合終了までの平均視聴率は、来週の月曜日にならないと出ないのだが、それにしても朝方…それも、草木も眠る「丑三つ時」の視聴率だけに驚異的なことだけは確かだ。
それにしても、最高瞬間視聴率は午前4時58分の41.3%だったという。やはり、得点を入れて勝っている時の視聴率は高いということなのか?
ところで、決勝トーナメントへの進出を決めた日本の次なる相手国は南米の強豪、パラグアイである。対戦日は来週の火曜日、6月29日。試合の模様を中継するのは、ここ最近、何かとツキのなかったTBS。しかも、試合開始は午後11時。今回のW杯の中継では、当初はゴールデンでの中継を決めたテレビ朝日だったが、いざ始まってみたら、テレビ朝日以上に日本テレビ、さらにはTBSが得した格好となった。この“特需”を得られないでいるのは、今のところフジテレビだけである。それにしたって、W杯の開幕前は、何かと批判され続けてきた岡田監督だが、結果よければ「岡田ジャパン」なんて言われちゃって、何と、都合のいいことか? ま、世の中なんて、そんなものなのか?