普天間基地騒動の陰に隠れて…。ネットオークションでアニメ映画 「ONE PIECE 」海賊版を販売して逮捕!!

千葉県にある成田空港に来た。せっかく、千葉県に来たのだし、千葉県モノのネタで…。

千葉県東署は、ネットオークションを使って東映アニメーションの劇場用アニメ映画「ONE PIECE」などの海賊版DVD9枚を製造していた沖縄県国頭郡在住の42歳の無職男性Aを、著作権法違反の疑いで逮捕したというのだ。無職Aは、東京の男性に6800円で販売したことから足がついたというが、この普天間の基地問題で大騒ぎしている中で、Aは、黙々と海賊DVDの製造に精を出していたってことなのだろう。
警察の調べによるとAは、、海外から購入したと思われる海賊版DVDをネットオークションに出品した上で、「海外正規品」と説明していたという。しかも、Aが今回、出品していた海賊版DVD9枚1セットというのは、正規にはセット販売されていないらしい。このため「収録されていた内容をそれぞれ合わせると、正規の価格は4万5085円(税込)になる」(関係者)そうだ。それを6800円で売っていたのだから、買う側にとっては安い買い物である。
今回の事件は、千葉県警の捜査員がサイバーパトロールで発見、著作権者である東映アニメに連絡し、逮捕となったというが、沖縄県国頭郡のA宅の家宅捜索では、パソコンや海賊版DVDなどが押収されたという。
ところで、この「ONE PIECE」の海賊版では、もう1人、逮捕者が出ている。
これも千葉県警の捜査である。凶悪事件は解決できなくても、ネット犯罪に関しては実に熱心である…。で、千葉県警君津署は、千葉県市原市の30歳・男性会社員Bを逮捕したという。Bも、沖縄のAと同様に「ONE PIECE」の海賊版DVD9枚を製造して東京都在住の男性に販売していたが、これがAよりも1300も安い5500円で販売していましたというのだ。やはり、この金額に無職のAとの差が出ている?
しかし、偶然だがAもBも手口は一緒で、やはり海外から購入したと見られる海賊版DVDを出品した上で、「海外正規品」と説明していたらしい。
「Bが出品していた海賊版DVD9枚1セットも正規にはセット販売されていないものです。ただ、収録されていた内容をそれぞれ合算すると、正規品価格は4万5085円(税込)になります」と関係者。
いずれにしても、捜査員がサイバーパトロールで発見したらしいが、Bの家宅捜索でもパソコンや海賊版DVDなどが押収されている。
共に「小遣い稼ぎのために海賊版を販売していた」と供述しているらしいが、大した儲けにもならないことをやって、一生がパーになってしまった?特に、Bは、会社もクビか?