ビクターEのソフトバンク売却破綻!! 原由子の最新アルバム朝日新聞全面広告が要因か!?

JVC・ケンウッド・ホールディングスの音楽事業部門である、ビクターエンタテインメントとテイチクエンタテインメントの売却問題で、出資交渉していたソフトバングとは予想通り破綻となった。昨秋のゲームソフト大手のコナミとの交渉決裂に続いて2連敗である。音楽部門の中核であるビクターエンタテインメントを1円でも高く売りたいと思っていたJVC・ケンウッド・ホールディングスと孫正義率いるソフトバンクとの金額交渉で折り合いがつかなかったというが、やはり決定的な原因は、桑田佳祐、サザンオールスターズの楽曲が自由にならないことだろう。そういえば、先週だったか、朝日新聞に、原由子のアルバム発売の全面広告で、意味深なことが書かれていた。この広告によって、ソフトバンクが買収交渉から手を引いたなんて言われている。
確かに、サザンオールスターズ関連の楽曲は最大の魅力だろう。しかし、楽曲には権利問題がある。これだけは簡単にはいかない。しかも、サザンオールスターズの所属するアミューズは、ライバル会社「KDDI」と合弁会社「A-Sketch」まで作っているし、その合弁会社の社長はサザンオールスターズのマネジャだった人である。これは一筋縄ではいかない。
他にも、情報が読売新聞に掲載されたことも交渉を硬直させたとも言われている。情報のネタ元は、JVC・ケンウッド・ホールディングスの河原春郎氏(JVC・ケンウッド・ホールディングス代表取締役会長兼社長・執行役員最高経営責任者兼日本ビクター代表取締役)と言われているが、コナミへの売却交渉に続いて読売新聞にスッパ抜かせて、少しでも金額を有利にしたいと考えていたのかもしれないが、結果的には裏目に出たことは確かかもしれない。いずれにしても、今回の音楽事業部の売却問題は、少なからずともJVC・ケンウッド・ホールディングスの中でも責任問題に発展する可能性が出てきそうだ。
それにしても、ソフトバンクの総帥・孫正義は何としてもレコード会社が欲しいと思っているようで、本心ではエイベックスかユニバーサルミュージックに興味を持っていると言われる。ま、ユニバーサルミュージックは、フランスのビベンディが100%所有しているだけに難しいが、正直言って孫さんのことだから何を考えているのか分らないのも事実。
結局、ビクターエンタテインメントの売却問題は白紙に戻り、JVC・ケンウッド・ホールディングスは再び売却先を探さなければならならないが、こんな問題が続いていたら、参ってしまうのは所属するアーティストであり社員だ。こんな状態ではヒット作も出来ない。親会社のJVC・ケンウッド・ホールディングスは、売却することばかりを考えるのではなく環境を整え、再建への道を模索した方が懸命なのではないだろうか?

エリカ様vs 高城剛…離婚騒動ドロ沼化は必至か!?高城は離婚に同意せず提訴も準備!!(9)

それにしても、女は怖い! そう思わせてくれたのがハイパーメディアクリエーターの高城剛との“離婚騒動”でドタバタのお騒がせ女優・沢尻エリカである。
とにかく、ここにきて連日、マスコミの前に登場し、まるでファッション・ショーでもやっている感じ。彼女の涼しげな表情…。どう見ても離婚騒動の渦中にある女とは思えない。恐るべしエリカ様である。
しかし、これまで、人の助言も聞かず、自由奔放な振る舞いをした挙句、自由気ままに結婚したはずのエリカ様が、離婚に関しては、人任せとは、やはり彼女の身勝手な性格は直っていない。確かにエンターテインメントとしては面白いが、その一方で、エリカ様のような身勝手な小娘が若者のオピニオンリーダーだっていうんだから、こもはや日本の未来はない。確実に崩壊するだろう…。
ま、そんなことはどうでもいい。この離婚問題は、今後、どう展開していくか?
ハッキリ言って「ドロ沼化」の一言だ。それも、収集がつかず、ゴールデンウィーク中に解決どころか、長期化することは確実だろう。ぶっちゃけ、収集がつかない状態になる。
現時点で、高城側は、今回の離婚騒動について「状況が掴めない」と言っている。最も早い解決方法は、2人が会って、協議離婚をすることがベストだろうが、ここまできたら、エリカ様も会って話す気持ちなんて全くなし。おそらく、気持ちの中では「勝手にほざいていればいい」ぐらいの程度でしか考えていないかもしれないし、「この件に関しては、弁護士が勝手にやってくれる」と思っているに違いない。
いずれにしても、高城側は「裁判での決着もじさない辞さない」という思いらしい。すでに、裁判のための準備もしているという情報もあり、逆にゴールデンウィーク明けにも新展開する可能性が出てきた。万が一、裁判にでもなったら、法廷でエリカ様と高城との論戦…なんてことにもなりかねない。
「ここで、エリカ様の意向を全面的に受け入れて、高城が引き下がったりしたら、それこそ、高城の価値は失ってしまう。今でさえ、高城は男を下げたイメージがあるだけに、ここで奮起しないと…。当然、高城だって、そのことは分っていますから、最後の最後まで抵抗し続けることは確かです。最終的には、金銭での解決になるのでしょうが、10億円以上を請求する可能性もありますね。いずれにしても、高城は、エリカ様の新恋人であるフランスの大富豪の息子との関係も持ち込むことも考えているようですよ」(高城を知る関係者)。
いずれにしても、高城は「離婚届には捺印しない」と断言しているそうだし、エリカ様の思惑通りに事が進展する状況は完全にない。
芸能界の事件としては、今後の展開がまつます面白いことになりそうである。

異例人事!! ニッポン放送社長にフジテレビ・バラエティー番組班トップの港浩一氏就任か!?

AMラジオ局「ニッポン放送」の社長にフジテレビの港浩一氏が就任するという情報が飛び交っている。
港氏と言えば、80年代に深夜番組「オールナイトフジ」や夕方の「夕やけニャンニャン」のディレクターとして活躍、その後は、明石家さんま、とんねるずの数々の番組をプロデュースしてきた。12年前の98年にフジテレビの第二制作部副部長になり、01年には同部長。現在は執行役員常務編成制作局バラエティ制作センター担当局長。昨年は「FNSの日26時間テレビ 2009超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!」のゼネラルプロデューサーを務めている。
しかし、ニッポン放送が、フジ・メディア・ホールディングスに吸収されたとは言っても、港氏が、ニッポン放送の社長に就任となれば、これは明らかに異例の人事。言うまでもなく港氏は、フジテレビのバラエティー番組のトップ。情報通り、ニッポン放送に異動となったら、フジテレビにとってもそれなりの影響が出てくる可能性があるが、ニッポン放送が、いま以上にバラエティー色のあるラジオ局に変身し、あるいはラジオが面白くなるかもしれない。どっちにしても、ニッポン放送のトップに港氏というのは、“大穴”人事だろう。