生きる強さがなかった? 人気ロックバンド“エルドラード”の元メンバーだった瞬介が自殺!!

1894393817.jpg04年に解散した人気ビジュアル系ロック・バンド“EllDorado”(エルドラード)のメンバーでベイシストの瞬介さんが先月3月28日に亡くなっていたことが分かった。31歳の若さだった。自殺だったという。葬儀は、近親者だけの密葬で執り行ったそうで、葬儀終了後に親族から明らかにされた。それにしても、ショックな話である。聞くところでは、3月25日に都内でイベントの終了後に岡山・倉敷の実家に戻っていたそうだ。周囲のよれば躁鬱だったとも言うが、真の自殺の原因は分からない。しかし、昨年の加藤和彦さんもそうだった。また、ロックバンドのカニヴァリズムのボーカル、怜も躁鬱に苦しんできた(「躁鬱ロッカー」という自伝を出版している)。
それにしても、瞬介さんについては、よく聞かされていた。それは、彼の最後は“仏滅ヘッドロック”なんていうロックバンドを結成して、このブログを運営しているライブハウス“HOLIDAY”を中心にライブを行っていたからである。この“仏滅ヘッドロック”がなかなかの人気だったという。もちろん、自身のブログもやっていた。HOLIDAYの代表・藤原靖弘によれば「瞬介は、渡邉さんのことが好きでしたからね」。そういえば、よくライブを観に来て下さいなんて言われていた。
ところで、瞬介さんが最後に残した、「傷つけてきた人たちへ」と題したメッセージあった。
【みんな。いろいろありがとう。ありがとう。心配かけてもいつも心配しなおしてくれてありがとう。生きる強さのないオレには、みんなへの感謝の気持ちを伝えるのが精いっぱいです。とにかくありがとう。そしてごめんね。傷つけて。また会おう】

因みに、応援してきてくれたファンや音楽関係のための「お別れ会」が、5月3日(月)東京で執り行われる。なお、会場については近日中に決定するという。