大甘判決!! 3億4500万円脱税の芸能プロ「アバンギャルド」牧野昌哉社長に執行猶予判決!!

20060601133217.jpg小倉優子【写真】や眞鍋かおりなどグラビア系アイドルが多数所属していた芸能プロダクション「アバンギャルド」(現・市エステートコーポレーション)の脱税事件で、法人税法違反に問われた牧野昌哉社長について、東京地方裁判所は懲役2年6月、執行猶予5年(求刑・懲役2年6月)。さらに法人としてのプロダクションに対しても罰金8500万円(求刑・罰金1億円)を言い渡した。巧妙な手口で税金を支払わず、私利私欲にまみれた悪質な犯罪と裁判長は断言したが…。
牧野は平成16年から18年までの3年間に約11億6000万円の法人所得を隠し、法人税約3億4500万円を免れた。しかし、本税をはじめ重加算税、延滞税など全てを納付しているって言っても、1億円以上の脱税なら本来は「実刑判決」になってもいい案件である。執行猶予付きの有罪判決なんて正直言って甘過ぎる感じもしないわけではない。
しかし、有罪は有罪。これで、眞鍋の独立は、さらに過熱していきそうになってきた。もっとも、小倉に関しては、結構、事務所の中で発言力が強くなっているらしい。言いたいことは言い散らしているらしいから、きっと現時点では居心地がいいはずだ。もう、さすがに「ゆうこりん、こまりんこ、こまりんこ」なんて言わないだろうけど、待遇面での不満も余りないだろうし、真鍋のようなトラブルには発展しないだろう。
ただ問題は、他の所属アイドル。これが、結構、ストレスがたまっているらしい。独立したいが、真鍋のように表立った行動も出来ずに、泣き寝入り状態になっていると言われる。
「独立しようとすると、移籍する事務所に対して、これまで出した写真集やDVDなどを買い取らせるような言い方をするようですね。しかも、辞めても、事務所のホームページからプロフィルを削除してくれないともいいます。ある意味の嫌がらせでしょうね。とにかく、やめたり、独立するには精神的な苦痛が伴うようですよ」(芸能関係者)。
確かに「売り出してやって、売れたら独立とは何だ!」という気持ちも理解できないわけじゃない。それが芸能界だからだ。しかし、待遇は最悪らしい。とにかく、仕事をしただけの対価を貰えないと言うのである。そういった中で、自分たちの稼いだ金が牧野の私利私欲に使われていたとしたら、これは、大きな問題である。この際、責任をとって、1回事務所を閉じて、その上でタレントと再契約の交渉をして再スタートするのも1つの方法ではないか?

RIAJ「着うたフル」週間チャート…女優・北乃きいデビュー曲「サクラ サク」初登場4位に!!

0700001784C.jpg㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の3月2日付週間チャートを5日に公表した。集計期間は2月24日から3月2日まで。
それによると、前週1位に初登場した西野カナ「Best Friend」が2週目の首位を獲得。着うたの女王の威信を守った。同曲は、NTTドコモの「ガンバレ受験生」キャンペーン・ソング。一方、1位から5位に後退していた清水翔太×加藤ミリヤ「FOREVER LOVE」は2位に再びランクアップしてきた。
また、前週20位から一気に2位に急上昇してきた湘南乃風「ガチ桜」は今週3位に後退した。同曲は、米倉涼子が主演する映画「交渉人 THE MOVIE〜タイムリミット高度10000mの頭脳戦〜」の主題歌として大量露出されていたが、映画が期待ほど盛り上がらなかったことも楽曲に響いているのか、やや伸び悩み状態となっている?
初登場は女優として人気の北乃きい「サクラサク」【=写真】。映画やドラマ、CMなどで活躍していた北乃のデビュー・シングル。同曲は、夢や目標に向かって頑張っている人に贈るメッセージソングだそうで、北乃自ら出演している「キットカット」のテレビCM曲となっている。CMは昨秋からオンエアーされ問い合わせが殺到していたという。
また、清水翔太×加藤ミリヤとしても評判になっている清水翔太は、「桜」が6位に初登場してきた。清水は、1年4ヶ月ぶりのセカンド・アルバム「Journey」を3月3日に発売したが、そのアルバムの先行着うたとして配信されたのが「桜」だった。作品に対する評価も高く、アルバムへの連動が期待される。
他に、AZU「For You」が9位に初登場してきた。AZUにとっては通算8枚目のシングル曲で、テレビ東京系で放送しているアニメ番組「NARUTO ―ナルト― 疾風伝」のエンディング・テーマ曲になっている。さらに、mihimaru GT「Love Letter」が15位から10位にランクアップ。
 因みに、前週7位に初登場してきたKG「いとしすぎて duet with Tiara」は33位へと一気に急落した。同曲は、有線放送で頑張っていたようだが…。また、演歌でベストテン入りしてきた坂本冬美「まだ君を恋してる」も26位に後退した。同曲は25位から9位にアップしていた。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(1) 西野カナ 「Best Friend」
2(5) 清水翔太×加藤ミリヤ 「FOREVER LOVE」
3(2) 湘南乃風 「ガチ桜」
4(‐) 北乃きい 「サクラサク」
5(4) 木村カエラ 「Butterfly」
6(‐) 清水翔太 「桜」
7(3) サーターアンダギー 「ヤンバルクイナ飛んだ」
8(6) ヒルクライム 「春夏秋冬」
9(‐) AZU 「For You」
10(15) mihimaru GT 「Love Letter」
次(8) JUJU 「桜雨」