英EMIの迷走!! 「ヒット曲が分る耳なんていらない。どうやったら儲かるかが分るかだ」

つい先日、EMIミュージック・ジャパンの親会社である英EMIミュージックが、所有している「アビイ・ロード・スタジオ」の売却先を探していることが報じられた。このスタジオは、ザ・ビートルズのレコーディング・スタジオとして知られている。業界内では「ついに、そこまで…」なんて言われたが、その後、英国発のロイター電は、噂されている「アビイ・ロード・スタジオ」について「売却せずに保有したい考えだ」と報じた。
一体、どうなっているのか? そこで、この辺の事情について、業界でも洋楽に詳しい前ポニーキャニオン洋楽部長だった高橋裕二さんが自身のブログ「洋楽天国」(http://ameblo.jp/yogaku-tengoku/)の中で、記しているので、その高橋さんのブログを今回はパクルことにした。

《(ロイター記者がEMIの関係者に聞いた話として)資金が必要な為にアビイ・ロード・スタジオを売るのに幾つかの相手先と交渉はしているが、別に急ぐものではないそうだ。
2007年に投資会社のテラ・ファーマがEMIを買収した折、契約の内容に「アビイ・ロード・スタジオを保持する事の優先順位は高い」があり、EMIミュージック・グループのバラ売りをする際もそれは考慮されなければならない。だがここ数年アビイ・ロード・スタジオは赤字続きで、EMIミュージック内で再生の為の検討や売却の検討も続けられていたという。
ビートルズのアルバム・ジャケットでお馴染みの世界一有名な「横断歩道」は観光名所だ。世界中から観光客が訪れ、ビートルズと同じ格好で記念写真を撮る。今回の売却騒ぎでビートルズ・ファンが悲しみ嘆いているという話や報道が多い。でも2年前に投資会社テラ・ファーマがアビイ・ロード・スタジオを含むEMIミュージックを買収した時には誰も悲しみ嘆かなかった。EMIミュージックの社員以外は。
「オペラ座の怪人」のアンドルー・ロイド・ウェバーが買いたいとBBC放送が伝えたが、これには理がある。ウェバーは殆どのアルバムをこのスタジオで録音しているのだから。
今回のロイターの記者とEMI関係者への取材記事、EMI関係者は売却当事者でも何でもない。売却するのはオーナーである投資会社テラ・ファーマだ。買収騒ぎにはよくある話。いずれにせよバブル期に買収したEMIミュージックをどうするのかという事の結論はまもなく出るのだろう。
2007年、投資会社テラ・ファーマがEMIミュージックを買収した後、テラ・ファーマの最高経営責任者のガイ・ハンズがEMIの社員に送った社内メモ。「ヒット曲が分る耳なんていらない。どうやったら儲かるかが分るかだ」。》
因みに、アンドルー・ロイド・ウェバーは「オペラ座の怪人」の他に、「キャッツ」、「スターライト・エクスプレス」の作曲家でプロデューサーとして知られる。高橋さんのブログによれば、「(広報担当者が)彼はアビイ・ロード・スタジオを救う事がイギリスの音楽業界の未来にとって非常に重要な事だと考えています」と語っているとか。

媒酌人・エビジョンイルの支離滅裂な長話で横綱・白鵬の結婚披露宴がシラケ・ムードに…

大相撲の横綱・白鵬の結婚披露宴が21日、東京・芝のザ・プリンスパークタワー東京で行われた。日本相撲協会の武蔵川理事長をはじめ政・財界を始め芸能、スポーツ界からも多数詰めかけ、その人数はざっと870人だったという。
白鵬はもう2年ぐらい前に結婚し、子供も2人いるが、タイミングが合わずに披露宴が伸びに伸びていたと言う。で、紗代子夫人がYOSHIKIの大ファンだということから披露宴ではX JAPANのYOSHIKIが登場して、ピアノで「Forever Love」を生演奏するなど「宴は盛り上がった」(出席したプロダクション関係者)というが、実は、シラケた部分もあったとか。一体…。
「媒酌人の海老沢勝二ですよ」(放送関係者)
海老沢勝二とは、元NHKの会長だった「エビジョンイル」の異名を持った御仁である。NHKのプロデューサーによる制作費不正事件で退任に追い込まれた。その後、横綱審議委員会(横審)の委員長に就任した。委員長時代は白鵬に対して苦言を呈したことなんかもあったが、披露宴では媒酌人を務めた。
その海老沢サン。キラー朝青龍が辞めて、結果的に“1人横綱”となった白鵬の晩酌人を務めたことが機嫌が良かったのだろうか? それとも、晩酌人になって、久しぶりに大勢の前に出られることが嬉しかったのか、披露宴で語り始めた。何と35分以上も独演会を行ったという。
考えてみれば、NHKを辞めさせられたのが05年1月。それから、もう5年も経った。その間、横審もあっただろうが、よっぽど欲求不満がたまっていたに違いない。ただ、喋るのは勝手だが、喋っているうちに何を言っているのか分からなくなってしまったようだ。話の中身も支離滅裂になってしまった。「昭和」と「平成」を間違えたり「ちょっとヤバイんじゃないか」と思う点も多々あったようだ。それにしても、媒酌人の長話はよくない。話が面白ければいいが、海老沢の場合は思いっきり”KY”だった。NHKを辞めたら、空気も読めなくなってしまったのか? 
そういえば海老沢さんは、凍結されていたNHKの退職金も支給されないことが昨秋、決定した。
「会長を除く役員時代(副会長・理事時代)の3146万円だけは支給されたんですが、会長時代の9500万円は貰えませんでした。海老沢さんも内心、納得できなかったでしょうね」(関係者)。
退職金の凍結には、おそらく腹立たしかったに違いないが、その反動が、今回の披露宴で露呈したのかもしれない?