何か観光があったかな!? 北九州市の“特命・観光大使”にミスコン54冠の白石さおり!!

20100215035113.jpg“ミスコン54冠”という前人未到の女王で知られる白石さおり【写真】が、出身地・北九州市の「観光大使」を委嘱され、このほど東京・赤坂のグランドプリンスホテル赤坂・クリスタルパレスで委嘱式が行われた。
同大使は、首都圏で北九州市をPRすることを目的に任命したものだという。要するに「北九州市の顔」と言うわけだ。正直言って福岡市の隣にある北九州市は、余りピンとこなかった。
しかし、著名な人は多い。最近、退任するどうのこうのとか言っているNHKの福地茂雄会長も北九州市の出身なんだ…。
で、今回、白石が委嘱された同市の「観光大使」というのは現在、歌手の古閑正美やシーナ&ロケッツのシーナ、さらには元NHKアナの宮本隆治、俳優の森田順平らが務めているらしい。要するに白石は、このメンバーに新たに加わったというわけだ。
知らなかったが、同市は昨年、門司港で運行を開始した観光列車・潮風号や海峡沿いを走る列車に多くの人気が集まったのだという。関係者によれば、当初、乗車数の年間目標は10万人だったらしいが「倍の20万人にもなった」のだとか。もっとも、これは目標数を低く見ていたのが功を奏したんじゃないか…? 
だったらグルメはどうか? 
「ぬかみそ炊きや焼きうどん、焼きカレーなどが知られています」。
これまた、ピンとこない…。
いずれにしても、白石が新たに加わりパワーアップすることに期待しよう。
ところで、白石だが、13歳の時に「ミス・マガジン」に選ばれ芸能界入り、その後、「ミスコン荒らし」として芸能界に君臨、これまでにミスコン54冠を受賞している。ギネスに申請したらしいが、ミスコンには世界規模のものから市町村規模のものまで幅広くあるだけに、受賞数はギネス級でもミスコンの基準が曖昧なため「認定」するには賛否両論があって、見送られたらしい。
現在は「オーディション評論家」として異色の活動している。もちろん自らもCMや舞台などでも現役で活躍している。しかし、今や白石も“ミス”ではない。結婚していて、四十路も過ぎている。何と2人も子供がいる。若い頃が懐かしい…。これからは“ミスコン”じゃなく、“ミセスコン”じゃないか!?
いずれにしても特命で「観光大使」を委嘱された白石は「郷土としての愛着や誇りもあるので、頑張ってPRをしていきたい」と言っていた。それにしても、月並みな意気込みである。