新人ビジュアル系ロックバンド“我羇道”のボーカル・Piyoがライブ移動中の事故で即死!!

新人ビジュアル系ロックバンド“我羇道(がきどう)”の乗ったワンボックスカーが12日午前9時20分ごろ、滋賀県甲賀市信楽町の新名神高速道路上り線で横転し、メンバーの1人が亡くなっていたことが分かった。ワンボックスカーにはメンバーとスタッフ男女7人が乗っていたが、亡くなったのは後部座席に座っていたメンバーでボーカルのPiyo(山田嘉昭さん・28歳)のようだ。
現場は片側2車線で見通しのよい直線だったそうで、事故の原因は前方不注意かスピードの出し過ぎかと思われる。
“我羇道”は、亡くなったPiyoの他、耀矢、崇太郎の3人がボーカルを担当し、幽(ギター)、Rito(ベース)、TOSSY(ドラム)の6人で活動していた。ワンボックスカーに乗っていた他のメンバーとスタッフは腰を打つなどの重軽傷を負ったが、Piyoは、車から放り出され頭を強打し、病院に運ばれたが亡くなったという。即死状態だったとも言われる。現場には楽器やCDが散乱していたそうだ。
“我羇道”は、11日に大阪の「holiday大阪」でライブを行った。ライブはオムニバスで、“我羇道”を中心にRe:dis、α.、the fool、XI〜サイ〜、PICE、Ouroboros、バロン、hya’Loiddといったアマチュアのビジュアル系ロックバンドが出演し、エキサイティングなステージを繰り広げたようだ。会場は、熱気に包まれたという。ライブが終了しメンバーは、大阪に1泊し、12日の早朝、次のライブ地である名古屋の「Holiday名古屋」に向かう途中だった。
名古屋公演は、事故のため中止になったが、今後はバンドの活動にも大きく響きそう。関係者の中には「解散もやむを得ない」といった声まである。“我羇道”は、まだ新人バンドだが「将来性のあるバンドだった」(音楽関係者)と言われていただけに、事務所関係者のショックは大きい。