脳幹出血だった!! 名司会者・玉置宏さん逝く!享年76歳

名司会者・玉置宏さんが倒れた…といった“未確認情報”が、業界を駆けめぐったのは5日の深夜のことだった。この時は、詳しい病状など真相は掴めなかったが、11日午前10時33分に亡くなった。脳幹出血だったそうだ。享年76歳。前回も記したが、玉置さんは、文化放送の第1号アナウンサーだったが、独立してフリーに転身してから大活躍だった。中でも「ロッテ歌のアルバム」(TBS)での名司会ぶりで人気だった。プロ野球は大の横浜ファンで知られた。財団法人・横浜市芸能文化振興会が管理・運営する大衆芸能専門館「横浜にぎわい座」(横浜市中区)の館長も務めていた。12日に近親者だけで密葬が執り行われた。お別れ会も後日に行われるようだ。

前代未聞!?  アニメを無断上映した「まんがランド本八幡店」店長が著作権法違反で逮捕!!

㈱サンライズや㈱小学館集英社プロダクション、東映アニメーション㈱などが権利を持っているアニメを無許諾で店内上映していたことで、千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と市川署から家宅捜索(1月26日)を受けていた千葉県市川市のマンガ喫茶「まんがランド本八幡店」の店長男性A(37歳)が、「著作権法違反(上映権の侵害)」の疑いで逮捕された。
この事件は、「まんがランド本八幡店」他3ヶ所が「著作権法違反(上映権の侵害)」の疑いで捜索していたものだった。【ヘッドロック】でも先月27日に書いたが、マンガ喫茶(インターネットカフェ)の店長が逮捕されるなんていうのは、あまり聞いたことがない。
「まんがランド本八幡店」などは、今年1月13日から15日までの間、3回に亘って、「機動戦士ガンダム 第1話 ガンダム大地に立つ!!」(サンライズ)を始め「『メジャー MAJOR・第1シリーズ・1st.Inning』(第1話 吾郎の夢、おとさんの夢)」(小学館集英社プロダクション)、「TVシリーズ用アニメーション『ドラゴンボール』第1話『ブルマと孫悟空』」(東映アニメーション)を、店内で無断上映していた疑いがもたれていた。
千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と市川署の調べによると、「まんがランド本八幡店」などは、アニメーションなどを店舗内のサーバーに蔵置した上で、客用に設置したパソコンからアクセスできる状態にすることで、不特定多数の客が上映、閲覧できる状態にしていたという。今回は「店内で、客2人に対しパソコンを通じて同アニメを上映していた」で、客からのチクリで明らかになったのだという。
同店は「Share」や「Perfect Dark」などのファイル共有ソフトを通じてアニメーションなどを入手していたそうで、本八幡店の家宅捜索では、パソコン3台、サーバー7台、ハードディスク26台などが押収されていた。
Aは、単なる雇われ店長だったかもしれないが、逮捕なんかされては割に合わない? バレないと思っていたかもしれないが、客からバレるとは…。悪いことはやめた方がいい!! それにしても、千葉県というところは、いろいろ事件の起こるところである。