ホリエモンの次はチュートリアルの福田充徳!? 佐々木希には負けたくない!? モデル太田在の“売名行為”か?

20100208130855.jpgお笑いコンビ「チュートリアル」のボケ役・徳井義実が結婚を噂されていた女優の夏川結衣と破局。一方、ツッコミ役の福田充徳はモデルの太田在(おおた・あり=写真)との熱愛が発覚したと、きょうの「スポーツニッポン」が報じた。で「人気お笑いコンビがプライベートでは明暗を分ける格好となった」としているのだが、ツッコミとボケのお笑いコンビらしい記事だった。
もっとも、徳井と夏川の破局なんて、驚きもしない。“半同棲”にまで発展していた関係だったらしいが「多忙なスケジュールで時間的にも精神的にもすれ違いが続いたことが原因」で…なんて言っているけど、最初から結婚まで発展するとは思えなかった。
しかし、徳井と夏川の関係はともかく、笑っちゃったのが福田充徳と太田在の熱愛だ。2人がデートを重ねているというネタだが、どう考えても、これは太田在の“売名行為”としか考えられない。福田は34歳。太田は26歳だが、太田は何としてもエビちゃん(蛯原友里)やモエちゃん(押切もえ)の“後釜”になりたいのだろう。佐々木希なんかには負けられない!?
そもそも、太田在の名前が突如として出てきたのは、4年前の06年10月24日付の、やはりスポニチだった。何と1面で「(当時、証券取引法違反の罪に問われ係争中だった)ホリエモン(堀江貴文・元ライブドア社長)の新恋人」と報じられた。正直言って、「誰?」という次元だった。もっとも、この時の記事を読み直すと、付き合っているんだか何だかサッパリわからないようなものだった。
「交際に発展したのは東京・港区の名物行事『麻布十番納涼祭り』で、友人らと楽しむ2人の姿が目撃された」。
なんて書いてあったが、正直言って、「麻布十番納涼祭り」なんかにホリエモンが来たら、すぐに話題になるはずだ。一体、誰が目撃したのかも分からなかった? そういった意味で今回のネタを読むと、今回の福田との熱愛もいささか疑問だ。ホリエモンとの熱愛報道から「4年経ったら…」では、まるでオリンピックみたいだ。あ、ワールドカップも4年に1度か!?
太田は、東洋英和女学院大時代からファッション誌「JJ」の専属モデルとして活躍している。で、05年には資生堂の人気ブランド「化粧惑星」のCMに、香里奈、長谷川潤とともに出演していらしいが知名度は上がらなかった。06年の春には映画「レアル・ザ・ムービー」に、デビッド・ベッカムと共演して話題になったらしいが、正直言って記憶にない。また、NHK教育「スペイン語会話」にレギュラー出演したり、TBSの深夜番組「ありコレ!」、テレビ東京「セサミストリート」、フジテレビ「めざましテレビ 早耳トレンドNO1」なんかにも出ていたが、その番組が相次いで終了、彼女は暇になってしまった。で、ホリエモンとの熱愛で話題を作ったようだ。「明るいキャラクターでお茶の間にも親しまれている」と報じられていた。
しかし、ホリエモンとの話題は空振り。全く効果なかった。仕事も増えることがなく、4年の月日が過ぎてしまった…といったところだ。で、またまたワンパターンのネタ…。今回はチュートリアルの福田充徳で話題を作ろうとしたのだろう。でも、それって余りに安易過ぎないか? 
ところで、太田とホリエモンの関係で、仲介となったのが実は押尾学に六本木ヒルズのレジデンスB棟2307号室を提供したピーチ・ジョンの野口美佳だった。野口と言えば当時から、ヒルズ族とタレントを結びつけるために「合コン」の企画するなど、いわば、ヒルズ族のタニマチ的な役割を果たしていたと言われる。で、そのコマの1人に太田がいたようだ。
「当時、太田はホリエモンと噂になったが実は、その前まで渋谷109の中に店をもつショップのイケメン役員と交際していたらしいんです。そのイケメン役員と野口が親しかったことから、太田とも親交があった。ま、そのイケメン役員も野口と一緒でいい加減というか、口八丁手八丁だった。TBSの青木裕子アナと付き合っているなんて自慢していたほどですから」(芸能関係者)。
とにかく、太田の周りはいい加減な連中の集合体だったわけだ。
いずれにしても、今回のチュートリアルの福田充徳との熱愛報道は、太田の新たな売り出し戦略だったことは間違いないだろう。ま、この程度の話題で仕事が増えたり、知名度がアップするとは思えないが、とりあえずの現時点でのライバルは佐々木希というところか!?

アイドル矢部美穂と美佳、美樹の3姉妹が“看板娘”。池尻大橋にバー「YABEKE」開店!!

20060114154706.jpg「矢部美穂が、何かバーを開店するらしいね」。
ある事情通が、そう教えてくれた。
矢部美穂とは“やべっち”の愛称で知られるアイドルだ。最近は、個人事務所をたたんで、スカイコーポレーションに電撃移籍したが、目だった活動はしていない。出てきた話題と言ったら、「AV転身か!?」といった噂ぐらいか? AV転身は、三枝実央、吉野公佳など“芸能人専門”AVレーベル「MUTEKI」のターゲットにされているというものだった。もっとも、噂が出てから、すでに2年ぐらい経つが、未だに出てこないのだから、ガセネタだったのだろう。
あと、浮いた話もあった。お相手はテレビ制作プロダクションのカメラマンAさん(36)。矢部が出演していたTBSの昼のドラマ「温泉へ行こう」で知り合った。一部では「半同棲生活を送っている」なんて情報もあったが、気づいたら、矢部も今年33歳。未だに結婚していないと言うのは、このまま長い春で終わりかもしれない。
そんな時に、今回の「バー」をオープンするという情報…。調べてみたら、何と7日のオープンだった。
バーは「YAMEKE」(矢部家)と言うらしい。
東京・世田谷区池尻2丁目34−1にオープンしたらしいが、基本的には、矢部の母親がオーナーのようだ。もっとも、店のウリは「美穂、美佳、美樹の3姉妹の店」ということらしい。次女の美佳と三女の美樹はヒマだから毎日、店に出るようだが、長女である美穂は「スケジュールの空いている日は…」としている。スケジュールがどれだけ埋まっているのかは分からないが案外、毎晩店に顔を出していたりして…。いずれにしても「YABEKE」の”看板娘”であることは間違いない。
それにしても渋谷や六本木、新宿、赤坂のようなところに出さずに、池尻と言うのがニクイ!! 価格は高いか安いか分からないが、ウィスキーが1000円〜で、ビールは800円〜、カクテルは900円〜、グラスワイン、果実酒、焼酎が700円〜、そしてソフトドリンクは600円だという。フードメニューも充実しているよう。もっとも、チャーム代500円にチャージ10%、消費税5%がプラスされる。
店については…。次女の美佳は2年目に不動産勤務のAさんと結婚したが、その後、「離婚した」なんて情報もあるが、その一方で「美佳の夫が物件を探してきたんじゃないか」といった情報もある。いずれにしても、東急・田園都市線の池尻大橋から徒歩数分。国道246号線から入ってすぐのところにある。コンビニの「サンクス」の隣だから、注文された商品がなかったり、不足していても、すぐに調達できる。
「お母さんは、水商売で失敗を繰り返してきたようですからね。今回は、娘も動員して勝負をかけたんじゃないでしょうか」(事情通)。
確かに、やべっちは、若い世代にはアピール度はないが、30〜40代のアイドル好きからは、それなりに知名度もあったし、人気もあった。タイミングとしては、ちょっと…とは思うけど、まあ、店の立地条件としてはいいのかもしれない。聞けば、予約で連日満席だという。この不景気の時代に何とも羨ましい話だ。ただ、店をオープンさせたことについて、前事務所のO社長には知らせていないという。やべっちが「知らせないで…」と言ったとか言わないとか…。そういえば、以前も所属事務所とトラブルになって、新たに設立した事務所が、前の個人事務所だった。余計なことだが、新たな門出は、スッキリいかないと!!