Archive for 1月 19th, 2010

人と人との繋がり、団体間との繋がりで業界の不況を吹き飛ばしたい…音制連新年会で大石征裕理事長

火曜日, 1月 19th, 2010

20100118203426.jpg音楽制作者連盟(音制連)の新年懇親会が18日夜、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。加盟プロダクションの他、マスコミ、音楽関係者ら1500人が詰めかけ実に盛大だった。13日には日本音楽事業者協会(音事協)の新年会も行われたが、当然だが雰囲気も顔ぶれも全然違う。同じなのはマスコミ、音楽関係者ぐらいか…。ちょっと気づいたのは、音事協では日本民放連盟の広瀬道貞会長(テレビ朝日会長)が挨拶していたが、音制連は、NHKの日向英実・専務理事(放送総局長、放送統括、NHKオンデマンド推進)が乾杯の挨拶をしていた。やはり、こういったものは両者で話し合っているのか? それは、ちょっと分からないが、どっちにしても、こういった懇親会だけは不況知らずだ。
ところで、音制連を代表して大石征裕・理事長(マーヴェリック・ディー・シー社長)は
「(音楽業界は)遺法配信の件など問題は山積しているが、これからの音制連の方向性としては、放送局との連携に重点をおいていきたい。ネット法のことも含め、テレビ業界との協力関係を強化していく。音楽業界は不況と言われているが、人と人との繋がり、団体間との繋がりが、この業界の不況を吹き飛ばしていくだろうと思う。政治のことは詳しくないが、勢いよく、真っ直ぐにやっていきたい」。


また、来賓を代表して音事協の
尾木徹会長(プロダクション尾木)は
「昨年は、外国勢の余りの勢いに圧倒された1年だった。日本の国策としては海外への文化振興、進出に関しては余り大きな手立てを果たしていなかった。一方で、水際での作戦、水際で止めるような作戦も打ってこなかった。このため日本は知らず知らずのうちに超文化輸入大国になってしまった。昨年の夏、パリで『JAPAN EXPO』が開かれた。アニメソング、アニメ、ビジュアル系などが動き出していることは聞いていたが、何と、そのイベントで最も盛り上がったのがAKB48だったと言います。これには大変驚いたが、しかし、その一方で、これも、昨今のネット時代がもたらした日本文化の輸出の第一歩ではないかと思った。ネットに関して、我々は常に弊害ばかりを嘆いてきたが、これからは、ネットを通して海外への進出を企てていくことが重要だろう。今年のテーマとしては『3C』。チェンジ、チャレンジ、そして制作者としてのクリエーション…。この『3C』を大きなテーマに掲げて、世界に飛び出す第1歩の年にしていきたい」。


そして、乾杯で日向英実・専務理事は
「NHKでは、昨年の『第60回NHK紅白歌合戦』を、初めてオンデマンドでネット配信した。『紅白』は、『歌の力』をコンセプトに掲げて取り組んだが、ネット配信を通してコンテンツとしての力を改めて実感した。これまで、NHKのオンデマンドは、ドラマ『坂の上の雲』が10日間で5000アクセスで最高だったが、『紅白』は10日間で5万を超えるアクセスがあった。単純に『坂の上の雲』の10倍…。これはアーティストのエネルギーがネットでもしっかり伝わったからではないかと思う。今年に入ってからも大河ドラマ『竜馬伝』が、すでに1万を超えている。まだ、商売になるまでにはいっていないが、NHKとしてもネットのマーケットを健全なものにするために努力し、市場をしっかり開拓していきたい」。

デビュー10周年の夏川りみ。妊娠3ヶ月も体調不良から“切迫流産”の危険性も…

火曜日, 1月 19th, 2010

「涙そうそう」で知られる夏川りみが妊娠3ヶ月だという。だが…。
本来なら「おめでたい」話ではあるが、ここ数日の体調不良から、ここにきて「場合によっては切迫流産の危険性もある」というのだ。
夏川は、昨年1月に自身のツアーで知り合ったパーカッションの玉木正昭氏と結婚した。そして、今年に入ってから妊娠3ヶ月であることが分かったが、何と、ここ数日の体調不良から1月16日にNHK大阪ホール、17日に奈良県文化会館で予定していたデビュー10年記念公演を延期することになった。しかし、事務所からは具体的な病状は明らかにされていなかった。
もっとも周囲は「単なる風邪か」と思われていたが…。しかし、実は、かなり深刻のようだ。関係者によると「妊娠3ヶ月で一番重要な時期。現時点では問題はないが、場合によっては切迫流産の可能性もある」と言う。大事に至らないことを祈るばかりである。