Archive for 1月 2nd, 2010

60回“メモリアル紅白”第2部40.8%で40%台キープ!第1部37.1%は7年ぶり高視聴率!裏番組も大健闘!!

土曜日, 1月 2nd, 2010

holiday-P1020496.jpg“メモリアル紅白”として注目された「第60回NHK紅白歌合戦」の視聴率がビデオ・リサーチから発表された。
NHKは当初「視聴率は気にしない」と言っていたが、スーザン・ボイルを出したり、最後は矢沢永吉…。何だかんだ言っても、視聴率を気にしていたってことだ。そりゃそうだ。受信料を取っている「みなさまのNHK」である以上、視聴率は重要だからだ。特に、「紅白」は…。その結果、関東地区では第2部が40.8%となり、何とか40%をキープした。もっとも、一昨年の42.1%まではいかなかったが、視聴率的には、まずまずは成功だったと言えよう。特に、第1部は37.1%を獲得し、一昨年の35.7%を1.4ポイントも上回った。この数字は02年とタイ記録で、7年ぶりの高視聴率だった。やはり浜崎あゆみとEXILEで幕開けしたことや、子供を使った多種多様な趣向が功を奏したのだろう。しかし、それでもケチをつけるなら昨年の「紅白」は、年間を通したら第2位に転落してしまったということだ。何故なら11月29日の夜、TBSで放送した「ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 vs 亀田興毅」の視聴率が、43.1%だったからだ。しかも、最高瞬間視聴率は51.0%である。おそらく今回の「紅白」の最高瞬間視聴率は48%前後だろう。そういった意味でトップの座は完全に奪われた格好である。しかし、そうは言っても音楽番組で40%を超えるなんてことはないだけに、やはり“お化け番組”である。
いずれにしても「紅白」の視聴率は、一昨年の59回目が3年ぶりに40%を回復した。今回2年連続で40%超えとなった格好だ。因みに関西地区は、第1部が34.9%で、後半の第2部は41.6%と、第2部については、関東地区を上回った。
「紅白」の裏番組も健闘した。注目された、TBSの「格闘技史上最大の祭典 Dynamite!! 勇気のチカラ2009」は前半こそ11.3%だったが、後半は16.7%だった。しかし、日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時!」は前半が16.4%で、後半も15.4%を獲得するなど意外に大健闘した。
それにしても、昨年の「紅白」は、何かと“秘密主義”だった。福山雅治の長崎からの中継は、演出だから仕方ないとして、スーザン・ボイルの出演も年末ギリギリ、矢沢永吉に限っては31日、放送当日である。しかし、考えてみれば、この異常とも言える“秘密主義”というのもおかしな話である。NHKは、前述した通り、受信料で番組が作られ放送されている。そういった意味ではスーザン・ボイルや矢沢永吉のギャラも、全て受信料である。しかも、この2人は、去年の「紅白」の“目玉”だった。だったら、その部分を隠すことなく、本来ならもっと知らしめるべきだろう。
…もっとも、スーザン・ボイルは視聴率的に多少の効果が見込まれるだろうけど、最近、やや出過ぎ気味の?永ちゃんでは数字が急上昇するとも思えないのだが…。もっとも、解散して35年…。キャロルだったら凄かったかもしれないけど…。