騙されたと思って…!? 4月1日のエープリルフールにGReeeeNがシルエットでライブだって!!

オリジナル・アルバム「塩、コショウ」がミリオン・セールスとなり、第51回日本レコード大賞で「最優秀アルバム賞」を受賞したGReeeeNが、何と4月1日にライブを行うという。しかも、ふざけているのはシルエットでのライブだというのだ。シルエットじゃ、本物のGReeeeNか分からないじゃないか? まさか4月1日のエープリルフールで騙し討ちだったりして…。GReeeeNは、日本レコード大賞では、声だけで出演した。しかも、声だけにも拘らず「初の全国出演」とか言って、大きな話題になった。この程度で話題になるんだったらと、今度はシルエットでのライブを企画したのだろうか? こんなやり方、冷静に考えたら納得できないやり方である。
「GReeeeNは、通学している奥羽大学では以前、学園祭のライブなんかに出ていました。CDが売れるようになってからは、やらなくなりましたが…。昨年の夏だったか、キマグレンが郡山の結婚式場でライブをやった時には、楽屋にメンバーが揃って来ていましたけどね。メンバー4人の中でHIDE、navi、92の3人は既に歯科医師国家試験に合格していますが、SHOだけは合格していません。今、2月の国家試験を目指して必死みたいです。よく図書館で勉強しているそうですから…。そういった意味では、国家試験が終わって気分的にも余裕の出来る時期と言うことでライブを行うんでしょうね」(関係者)。
全国的には顔が知られていなくても、地元でも大学でも知られている。それだけに、地元の関係者は「あ、そうなの…」という感じだった。
それにしても、ライブをシルエットと行うというのは、前記した通り、やり方としては納得は出来ないが趣向としては面白いかもしれない。しかし、それじゃ、CDを聴いているのと変わりはない。まるで試聴会のようなもの。会場のファンは、シルエットを観ながら声援を送るのか?ライブは、基本的に会場との一体感なんだから、料金を取るライブとしては無理があるのでは!? 疑ってみたら、シルエットの向うは、メンバーと同じ体型の劇団員を頼んで、声に合わせて演じていればいいだけの話。まるで、出会い系サイトのサクラと同じ。正直言って、まるで「解散」と書かれたことに対しての苦肉の反撃でしかない。しかし、ちょっと無理がある…。
ま、4月1日だから「騙されたと思って来てくれ」と言う程度だろう。常識的に言ったら「料金を払って行く人がいるのかな?」だけど、それでも、やはり、チケットは売れるんだろう。これで成功したら主催者は笑いが止まらない。どうやら任天堂DSのゲーム・ソフト発売イベントとも言われているが、ただ、こんなライブは、1回だけしか出来ないことも確かだろうけど…