Archive for 12月 17th, 2009

【ヘッドロック】に六本木ヒルズ・レジデンスの写真と事件の部屋番号を書かれたから資産価値が下落した!?

木曜日, 12月 17th, 2009

20090806174331.jpg【ヘッドロック】には連日、抗議が殺到しているようである。特に、最近は、元三流役者で現在は無職の押尾学の事件に関してのものが多いようだ。
「ようだ」と記したのは、抗議が、サイトの管理会社に来ているからだが、最近は意味不明な抗議も…。その一つが、押尾が合成麻薬MDMAを使用した上、東京・銀座のクラブホステス田中香織さんを変死させた現場――東京・六本木ヒルズ・レジデンスB棟についてである。
抗議人は、事件のあったレジデンスB棟2307号室の近隣の部屋“者”らしい。
「8月4日のブログでレジデンスの建物の写真と、(事件の起こった)部屋の番号を書かれたから部屋の資産価値が下がった」
と言い、さらに
「この4ヶ月、下がりっぱなしだ、社長を出せ! 社長を出すまでかけ続ける!」
と、サイトの管理会社に抗議ならぬ脅迫、恫喝をしてきたという。それも、かけてきた電話は数十回にも及び、対応した担当者は「渡邉さんのおかげで大変です。もう仕事になりません」。
ここまできたら「被害者だ!」って言ったって、もはや「加害者」である。もっとも、使用している携帯電話の着信履歴などは残しているようだが…。
しかし、マンションの写真を載せたとか、部屋番号を書かれたとか、単なる言いがかりである。本来、そういった抗議するなら押尾学であり、その押尾に部屋を平然と貸して使わせていたピーチ・ジョンの野口美佳だろう。
野口が押尾に部屋を貸して使わせていなかったら、少なくとも今回のような事件は起こらなかっただろう。
それにしても理解できないのは、野口美佳である。
部屋の存在が発覚した際、ピーチ・ジョンは「弊社と資本関係及び取引関係のない、野口が代表取締役を務める別の会社が借りていた一室」としたコメントを自社のホームページで明らかにした。だったら、ピーチ・ジョンとは別に、部屋を管理している”野口が代表取締役を務める別の会社”でもコメントを出すべきだろう。自身で立場を分ければいいのに、分けずに今回の事件を語るからおかしくなる。正直言って、麻布税務署や国税庁がどう判断して、税務的にどのようになっているのかは分からないが、レジデンスの部屋は、実質的に「ピーチ・ジョンの野口美佳」が所有していた部屋であることは確かだろう。
そう考えたら「資産価値が下がった」と抗議するんだったら、まずはピーチ・ジョンであり、野口美佳だろう…。もちろん、押尾学や、当時、押尾が所属していたエイベックス・マネジメントに「どうしてくれるんだ!」と言ってもいい。要するに、抗議する相手が違っている。もしかして、抗議してきたのは野口の関係者か不動産関係者か?
それにしても、野口のファンと言う人間からも「余計なことは書くな」と抗議というか脅しが来ているらしい。さすがに、ここまできたらサイトの管理会社の担当者は眠れぬ日々が続いているとか、アーメン。