押尾学の田中香織さん変死事件はウヤムヤで部屋を提供したPJの野口美佳は完全復活!!

元三流役者で現在は無職の押尾学に、六本木ヒルズ・レジデンス2307号室を提供していたピーチ・ジョンの野口美佳が、再び始動することをマスコミ各社に宣言してきた。あす12月2日から自身のブログを開始するという。
何を勘違いしているのか、野口は「いつもブログを楽しみにしてくださった皆様には、ご心配をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます」とコメントしているが、正直言って、野口が押尾に提供していた部屋で亡くなった田中香織さんについての事件は、何も終わっちゃいない。ウヤムヤになってしまっているだけである。野口自身も「捜査は引き続き続いていると聞いています」なんて、もはや他人事。と言うより、野口自身の気持ちの中では、もはや事件は終了してしまっているんじゃないか。これは、押尾学と同じである。もしかしたら、警察の内部から、そういった「捜査終了」の情報を何らかの形で聞いているのだろうか? だとしたら、もはや日本は暗黒国家である。
押尾の事件は、単に合成麻薬MDMAを使用したことだけで裁かれ、懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決が下った。しかし、田中香織さんの死については、全く出ていない。「保護責任者遺棄」だの、「保護責任者遺棄致傷」だの言われているが、立件の見通しすら立っていない。それだけではない。押尾に呼ばれて、六本木ヒルズ・レジデンス2307号室に駆けつけ、証拠隠滅をした可能性のあるエイベックスの押尾マネジャーも未だに捕まっていないし、警察は捕まえようとしていない。しかし、捜査は、九官鳥の如く「継続しています」。
いずれにしても、押尾のMDMAの判決が下っただけで、田中さんの変死については全くハッキリしていないのに、その事件現場となった部屋を提供していた野口が「完全復活宣言」である。奇妙である。実に不思議である。一体、この事件は何なのだ? どう考えても、大きな“力”が働いているとしかいいようがない。人ひとりが亡くなっているにも関わらず、未だに事件の全容を明らかにしないというのは、法治国家での事件とは思えない。
もっとも、今回の事件を曖昧にしてしまった責任は、警視庁麻布警察署にある。最初から事件を揉み消そうとしていた可能性すらある。その重大性を麻布署の捜査員は感じているのか? もはや、「犯罪は許さない」という警察の精神は、「相棒」のような、刑事ドラマの中でしかないのか? しかし、少なくとも押尾の犯罪が立件できないというのなら、密室での殺人事件は、全て立件できなくなってしまい、完全殺人犯罪だって成立してしまうことになる。これはとんでもない前例をつくろうとしていることにならないか!?
それにしても、野口美佳の“復活”コメント。自分が借りている部屋で亡くなっているのに何と、田中さんに対するお悔やみも哀悼の言葉すらない。これが野口の“素顔”なのだろう。もはや、血の通った人間ではない!!
「あまりに衝撃的な出来事によって、この四ヶ月間、私は怒りと悲しみで言葉を失っていました。…中略…自分自身はようやく元気を取り戻してきました。励まし続けてくれる友人たち、いつも通りに迎えてくれる仕事仲間たち、側にしてくれる家族たち、そして変わらずピーチ・ジョンを愛してくださるお客さま方。皆様のお陰です」
何と言う身勝手な社長だろう。 田中さんの人格はもちろん、田中さんの遺族のことも全く無視!無視!無視! 自分さえ元気になればいいのか? まさに悪魔である。こんな女が一部上場企業「ワコール」の個人筆頭株主で、ピーチ・ジョンの社長とかで若い女性のオピニオン・リーダーになっている…。正直言って、この先、日本は恐ろしい国になろうとしている。
(つづく)

映画、音楽、アニメ、ゲーム等を無断アップロード!P2Pを悪用した著作権侵害行為で全国で10人逮捕!!

ネットを使った違法行為に取締りが入っている。ファイル共有ソフト「Share(シェア)」を通じて、映画、音楽、アニメ、ゲームなどの著作物を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた全国各地の輩が一斉に逮捕された。その数、ざっと10人(家宅捜索は秋田県警を含め11件)。不正商品対策協議会(加盟社=日本映画製作者連盟/日本映像ソフト協会/日本音楽著作権協会/日本国際映画著作権協会/日本レコード協会/コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁の他、北海道警、埼玉県警、三重県警、京都府警、兵庫県警、徳島県警、岡山県警、佐賀県警の9都道府県警察は、このほど、P2Pを悪用した著作権侵害行為の全国一斉取締りを行い、地方公務員を含む10人の家宅捜索を行い、逮捕したという。それぞれの逮捕状況を記すと…。

【北海道警】
北海道警生活経済課と札幌方面北署は、札幌市北区在住の40歳男性会社員の自宅を家宅捜索し、逮捕した。この男性は、今年9月13日、自宅で、小学館が著作権を有するアニメーション「らんま1/2テレビシリーズ」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じてアップロード、不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した。
さらに、北海道警生活経済課と札幌方面厚別署は、茨城県取手市在住の23歳無職男性の自宅も家宅捜索し逮捕した。男性は、今年9月7日、自宅でスクウェア・エニックスが著作権を有するゲーム「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて無断でアップロード、不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害したという。

【警視庁】
警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと築地署は、長野市在住の47歳男性会社員を逮捕した。今年9月30日、日本音楽著作権協会(JASRAC)とビクターエンタテインメント、エスエムイーレコーズ、ソニー・ミュージックレコーズ及びエイベックス・エンタテインメントの4社が著作権あるいは著作隣接権を持つ8曲の楽曲データを、さらに、今年10月10日には、JASRACが著作権を持つ10曲の楽曲データを、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた。

【埼玉県警】
埼玉県警生活安全企画課と大宮署は、狭山市在住の23歳の期間雇用社員男性を逮捕した。今年9月17日から10月1日までの間、エイベックス・エンタテインメントの大塚愛やワーナーミュージック・ジャパンのコブクロの楽曲データ、さらには米ユニバーサル映画が著作権を持っているヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー part3」、バップが著作権を有する映画「DEATH NOTE」、「DEATH NOTE the Last Name」のデータなどを、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして著作権(公衆送信権)及び著作隣接権(送信可能化権)を侵害した。

【三重県警】
三重県警生活環境課と津署は、三重県津市在住の37歳地方公務員男性の自宅を家宅捜索したところ、アニメーション「機動戦士ガンダムOO」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていたことが判明したことから、著作権法違反及び著作隣接権の侵害で逮捕した。

【京都府警】
京都府警生活経済課(ハイテク犯罪対策室)と五条署の合同捜索班は、城陽市在住の44歳会社員男性の自宅を家宅捜索し、逮捕した。今年8月25日から26日までの間、自宅で、東宝などが著作権を有する映画「ローレライ」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた。

【兵庫県警】
兵庫県警生活安全企画課と東灘署、尼崎東署は、横浜市神奈川区在住の37歳自営業男性の自宅を家宅捜索し、逮捕した。この男性は、今年10月21日から22日までの間、自宅で、任天堂が著作権を有するゲームソフト「Wii Music」と「Wii Sports Resort」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した。
因みに、ファイル共有ソフトを悪用し、「Wii」のゲームソフトをアップロードしていたユーザーが逮捕されたのは、全国でも初めてだという。なお、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が実施した「Share」ネットワーク上の調査によれば、今年10月25日から26日にかけての24時間に、約1万8000ファイルの「Wii」ゲームソフトが流通していることが判明しているそうだ。

【徳島県警】
徳島県警生活環境課と小松島署は、小松島市在住の57歳の無職男性の自宅を家宅捜索し逮捕した。今年10月初旬、自宅でファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でテレビアニメの動画ファイルをアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた。

【岡山県警】
岡山県警生活安全企画課サイバー犯罪対策室と岡山南署は、岡山市北区在住の40歳・無職男性の自宅を家宅捜索し、逮捕した。今年4月5日から10月26日までの間、自宅でアニメーション「ドラゴンボール改」、「フレッシュプリキュア!」及び「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」の動画を、ファイル共有ソフト「Share」に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた。

【佐賀県警】
佐賀県警生活環境課と鳥栖署は、福岡県筑後市のゲームセンター店員男性(30歳)の自宅を家宅捜索し、逮捕した。今年10月21日、自宅で、ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメーションの動画ファイルを無断でアップロードしていた。