“メモリアル紅白” でトップから転落か!? ボクシングWBC視聴率が43.1%、最高瞬間51.0%

「紅白」を超えた!!
今年の視聴率トップは、第60回目の“メモリアル紅白”ではない可能性が高まってきた。
29日の夜、TBSで放送した「ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 vs 亀田興毅」の視聴率が、何と43.1%だったことが分かった。最高瞬間視聴率は、亀田が判定で勝利し、二階級制覇を達成した瞬間(21時20分)で、51.0%の高視聴率となった。
TBSによれば、平均視聴率43.1%というのは、現時点では09年放送された全局前番組中のトップ。片山譲治プロデューサーは「正直驚いた。内藤選手と亀田選手がクリーンな名勝負を繰り広げた結果、それが視聴者の方々の心に響いたのでは…」とのコメントを出した。
しかし、この高視聴率は全国的なものだった。ビデオリサーチによれば、関西地区でも43.1%で、東海地区は39.1%、北海道地区に至っては50.6%にも達した。
因みに、2002年に放送したWBCが50.8%だったそうで、それ以来の視聴率と言うことになる。さすがに、「紅白」も、この数字を超すのは至難の業だろう。例年、年間トップの座を独占し続けてきた「紅白」も、60回目の”メモリアル”で、トップの座から転落してしまう可能性が出来てきた。

コンテンツリーグ社長も全うする!! ビクターエンタテインメント社長に就任する斉藤正明氏

ビクターエンタテインメントの新しい社長に元東芝EMI会長兼社長の斉藤正明氏が12月1日に就任することになったが、その際、現在、社長を務めている「コンテンツリーグ」を11月30日付で退任する記したところ、斉藤氏から「勝手な人事をしないでよ!」と強力なクレームが来てしまった。斉藤氏によると、コンテンツリーグの社長は任期の途中「責務は全うする」という。確かに、同社の社長に就任したのは今年5月。まだ6ヶ月である。
今年、千葉県知事選に民主党、社民党、国民新党などをバックに出馬した吉田平とは違うってことだろうか? 吉田については、改めて言うまでもないだろうが、いわゆるボンボン社長。父親が興した地元の「平和交通」とかの社長をやっていたが、何故か奮起?して赤字鉄道で苦しむ、千葉県の第三セクター「いすみ鉄道社長」に公募に応募したところ、堂本暁子・前知事に気に入られ、昨春4月に代表取締役に就任した。が、再建どころか、僅か10ヶ月で「いすみ鉄道」の社長を放り出して、知事に立候補した。どう見てもご都合主義。「無責任男」だった。
斉藤氏は、そんな輩とは「違う」ということをアピールしたかったのだろうか? いずれにしても、コンテンツリーグの社長も続けることを表明していた。
ところで、コンテンツリーグとはどんな会社かと言うと、お笑いのDVDやCDなどをプロデュースしたり制作したりする会社である。ワタナベエンターテインメントやプロダクション人力舎、マセキ芸能社、サンミュージック、太田プロダクション、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)、松竹芸能などがパートナーとなっている。そういった意味では、今後、ビクターエンタテインメントとコンテンツリーグの融合も考えられなくもない? いずれにしても、斉藤氏の手腕が注目されるところだ。