元ペニシリンのGISHO逮捕も!? ジャスダック上場のオメガプロジェクト総帥・横濱豊行が証券取引法違反逮捕!!

ジャスダックに上場している映像製作会社「オメガプロジェクト・ホールディングス」の総帥・横濱豊行(=現取締役)が、証券取引法(現・金融商品取引法)違反容疑(株価操縦)で逮捕された。捜査をしていた大阪府警本部及び証券取引等監視委員会は、オメガプロジェクトも家宅捜索を行い、差押さえなどを行った模様だ。ところで「オメガプロジェクト」と言ってもピンとこないだろうが、かつては、松嶋菜々子が主演した「リング2」や「アナザヘヴン」「オーディション」(三池崇史監督)、窪塚洋介・柴咲コウが主演した「GO」、竹内結子が主演した「星に願いを」、そして「幼遊伝」等など多数の映画を製作してきた。まあ、その全てが今になっては“過去の栄光”だったと言える。表向きには、勢いのある映像製作会社だったが、その実態はいい加減を絵に描いたようだった。だいたい社長は、かつて一世を風靡したビジュアル系バンド「ペニシリン」のベイシスト“GISHO”こと近藤宜彰である。もっとも経営能力の乏しい近藤だけに、何から何まで横濱に頼りっぱなしだったことは言うまでもない。要するに、近藤は、横濱の単なる操り人形だったわけだ。そういった意味じゃ、今や操る人間が逮捕されていなくなってしまったわけだから、もう会社はオシマイというしかない。ところで、オメガプロジェクトと【ヘッドロック】の関係は深い。思い起こせば3年前の06年の秋だった。東京地裁で「ペニシリン裁判」が行われた。この「ペニシリン裁判」とは、ペニシリンのメンバーだったHAKUEI、千聖、GISHO、O−JIRO、そしてマネジメントを担当していた新井理仁氏が、前事務所の「ティアーズ音楽事務所」から楽器や音響機器、衣装、さらにはファンクラブの会員名簿を持ち逃げしたことから、損害賠償を求められたのだ。この裁判をいち早くキャッチしたのが【ヘッドロック】だったわけだが、この事件の裏で、糸を引いていたのが横濱だったのだ。とにかく、横濱という男は大手銀行出身とあって、実に腹黒かった。音楽のことしか知らないペニシリンのメンバーをそそのかし、事務所からの独立を企んだ。しかも、独立後のペニシリンの所属事務所「ヒューマンドール・エルエルシー」は、税金対策のために何と、米デラウエア州に米国法人として設立した。実に巧妙だった。しかも、メンバーは自分たちの事務所なのに「どこに設立したか、詳細は分からない」なんて平然と答えていた。それだけではない。裁判長から「税務申告」について聞かれた近藤は「全くしていなかったと思う」なんて吐露していた。アホである。とにかくジャズダックに上場しているのに実にいい加減だった。こんなことだから、オメガプロジェクトは上場会社でありながらズサンな経営が指摘されていた。当然だが株価も下落。結局、前所属事務所「ティアーズ音楽事務所」から起こされた民事訴訟は、オメガプロジェクトが完敗。230万3356円の支払いを命じられた。とにかく、裁判ではオメガプロジェクト側の証人が「全て、横濱豊行の指示だった」なんて証言するほどだった(もっとも横濱は「ペニシリンには興味もなかったし、援助もする気がなかった。持ち出しに関しては指示したこともないし、そういったものには関心もなかった」と答えていたが…)。いずれにしても、横濱という男はとんでもない男だった。横濱は、社外の投資グループを通じて不当な株取引を行っていたというのが証券取締法違反容疑になったわけだが、関係者によると「この取引には近藤も絡んでいた可能性がある」と指摘する声もある。「オメガは関与していない」としているが、万が一、取引に関わっていたとしたら近藤も逮捕である。今後の捜査の成り行きが注目される。

メジャー・デビュー僅か2年…。ミリオン・グループGReeeeNがベスト・アルバム最後に電撃解散の衝撃!!

アルバム「塩、コショウ」が今年、オリジナル・アルバムとしては唯一のミリオンに輝いた4人組グループ、GReeeeNが11月25日発売のベスト・アルバム「いままでのA面、B面ですと!?」を最後にグループを解散するという。4人は「歯科医師」として今度は社会のための活動を行っていくという。メジャー・デビューから2年。まさに「太く短く」の音楽活動だったが、最後まで顔を見せない活動方針を貫き通した。もっとも、解散に関しては所属するレコード会社のユニバーサルミュージックはもちろん所属事務所や音楽出版を管理するスターダスト音楽出版、さらにはメンバーも強く否定しているのだが、冷静に考えたら、解散も何も、今後CDを出さなければ、結果的には解散のようなものになってしまうことも確か。そういった意味では、非常にビミョーではあるが、やはり、人気絶頂のグループが現役解散するというのは大変なことなんだろう。これまでにザ・ブルーハーツとかJUDY AND MARYなんかもいるが、GReeeeNの解散は、やっぱり87年に解散したBOφWY以来の衝撃となるか…。

メジャー・デビューから僅か2年足らずで日本の音楽業界のトップ・グループとなったGReeeeNが解散することになった。GReeeeNは、HIDE、navi、92、SOHという男性4人組グループ。2年前の07年1月にシングル「道」でユニバーサルミュージックからメジャー・デビューした。その後、3枚目のシングル「愛唄」が大ヒットして一気にスターダムに登りつめた。
今年に入ってからも、新曲「遥か」が、東宝系で公開され80億円の興行収入を記録した映画「ROOKIES ―卒業―」の主題歌に起用されたこともあって売れに売れた。中でも、6月10日発売されたアルバム「塩、コショウ」は、150万枚を出荷されるなど、今年発売のオリジナル・アルバムとしては唯一、ミリオンセールスとなった。まさに、このCD不況の中でもGReeeeNには敵なしと言った感じだった。
しかし、彼らには音楽の道とは違った夢があった。メンバー4人全員が福島県内の歯科大学生という経歴はよく知られている。GReeeeNの活動は彼らにとっては「大学生と音楽活動を両立させるもの」だったのだ。
実際、メンバーの中でHIDE、navi、92は歯科医師免許を取得していた。そういった中、もう1人のSHOも歯科医師免許取得が濃厚になったことから、話し合いの結果?晴れて解散を決意したようだ。まさに彼らの”美学”。初心を貫き通して「歯科医師」となる。
それにしても、今の時代、せっかく人気になったのに、その絶頂期に解散するなんて勇気のいること。当然だが業界内には「もったいない」という声もあることは確か。一部には、絵移籍するんじゃないか…なんて声もあったのだが…。
それにしてもベスト・アルバムとDVDを出すだけで、いわゆる解散コンサートもなく唐突にピリオドを打ってしまうなんて、そういえばHOUND DOGなんていうのもあったけど、DOGの場合は解散の理由がイマイチ意味不明だっただけに、GReeeeNのような解散は前代未聞のことと言っていいだろう。今後、大きな波紋を巻き起こしそうだ。