“無職”の押尾学初公判!! まさに茶番!一緒にMDMAを使って亡くなった田中香織さんは何だったの!?

20091023192509.jpg実にヒドイ裁判だった。茶番というしかない。正直言って、どう書いていいのか分からないようなものだった。
「無職」の押尾学が合成麻薬MDMAを服用したとして、麻薬取締法違反の罪に問われている事件の初公判である。
この事件のポイントは、押尾が、ピーチ・ジョンの“ミニスカ社長”野口美佳が借りていた六本木ヒルズ・レジデンスB棟の部屋(2307号室)に当時、東京・銀座のクラブ「F」でホステスをやっていた田中香織さん【写真】を連れ込み、MDMAを使ってSEXをしようとしたところ、田中さんが突然に苦しみだし、結局は亡くなってしまった。しかし、押尾は、田中さんを素っ裸のまま放置し、別の部屋に逃げ込んだことが明らかになっていた。
今回の裁判では、その全容が押尾の証言で明らかになるものだと思っていたのだが、とんでもなかった。検察はやる気なし、しかも押尾の証言は曖昧。早い話が、どうでもいいような初公判になってしまった。ま、最初から「事件性がない」なんて警視庁麻布警察署が言い続けてきた案件である。今回の初公判を見る限りにおいては、とりあえず逮捕して、事情聴取をして、起訴したから裁判を行いました…という感じだった。
だいたい、今回の裁判で押尾が2年前に米国でMDMAをやっていたとか、そんなことはどうでもいいことなのだ。今回の事件は、ピーチ・ジョンの野口との関わりも重要だし、「自由に部屋を使ってもいい」と言われていたとしても、その部屋の鍵をどうしたのか?また、MDMAを使ったことで田中さんが苦しみ始めた時に、(押尾は)心臓マッサージをしたというが、その後、「怖くなって逃げ出した」という押尾は、レジデンスの中のどこの部屋に逃げ込んだのか?(一説によれば、最上階の4201号室とも言われているが…。しかし、実は、その部屋も野口の所有)  しかし、その部屋の鍵を誰が持っていたのか? 実に疑問だらけだ。そもそも、そうなると、押尾は逃げ込んだ部屋を使わず、何で、2307号室に田中さんを連れ込んだのか…という点も疑問に残る。今回は、その疑問点が、全く明らかにされないまま裁判が進んでしまった。
検察は、今回の初公判に際して最初から田中さんの「保護責任者遺棄致死容疑」については切り離すとは言われていたが、結局は、押尾が合成麻薬MDMAを使ったことだけの裁判になってしまった。こんなのアリなのか? これは単にMDMAを使っただけの事件じゃない。人1人が亡くなっている事件である。しかも、現場にはエイベックスのマネジャーも駆けつけてきたし、他にも数人の人間がいたという話もある。そればかりではない。事件は、押尾と、もう1人、「大物政治家の息子Yがいた」という“3P説”もある。もちろん未確認情報である。
ある大物俳優が、その息子Yに電話して「関わっているのか?」と聞いたら、「関係ない」と答えたらしいが、押尾とは大の遊び仲間。疑惑は深まる一方である。だったら、単なる噂かどうか、Yの名誉もあるわけだから、今回の公判で確認しておくべきだったのではないか?
いずれにしても、こんないい加減な公判で、押尾に検察は懲役1年6ヶ月を求刑したが、いくらMDMAと覚せい剤では度合いが違うと言っても。酒井法子の夫・高相祐一が2年で、押尾が1年6ヶ月では、どう考えてもおかしい。
結局、田中さんの死亡に関しての捜査は継続しているとはいうが、この裁判を見る限り、はっきり言って、もう、この事件はオシマイっていう感じもしないわけじゃない。これって、捜査する気がないのか、あるいは、捜査出来ないのか、実に不思議である。ただ、「保護責任者遺棄致死容疑」ということでは、押尾以外にもエイベックスのマネジャーにも責任があることは確かで、それさえも罪に問えないというのは理解に苦しむ。

アジアに広がるのりピー人気!! 00年日本人アーティストでは初めて香港でファンの集い…

20091022132004.jpg20091022132136.jpg“のりピー”こと酒井法子に対して、中国や台湾などから早くも復帰に向けてのオファーが来ているという。確かに日本の国内では、早期の復帰に対して批判の声がある。しかし中国、香港、あるいは台湾では、そういった日本国内の事情など、どこまで考えているのか正直言って疑問である。単に話題と人気があれば…ということかもしれない。
もっとも、サンミュージックが契約を解除してしまっている現在、酒井のスケジュールに関して、どこにオファーしたらいいのか全く分からない状態となっているだけに、今後の成り行きだけが注目される。それにしても、アジアでの酒井の人気は、いったいどれだけあったのか? これは、著書「酒井法子 孤独なうさぎ」では書き切れず、割愛してしまったが僕の、取材から改めて振り返ってみた。
20世紀最後の年――00年秋。酒井は98年に続く2年ぶりの香港コンサートを香港コンベンション・センターで行った。この会場は、香港が中国に返還されたのを記念して建設された香港最大のイベント・ホールだった。コンサートは「酒井法子香港演奏会」のタイトルで開かれたが、2日間の公演で2万4000人が詰めかけた。しかも、会場に詰めかけたファンの9割以上が香港の地元のファンで、驚いたのはカップルでの観客が圧倒的に多かったことだった。
ま、コンサートはさておき、この時、実は、香港のファンを対象にした「ファンの集い」も行っている。当時、酒井に限らず日本人アーティストが続々と香港を中心にアジア進出を図っていたが、現地のファンを対象に「ファンの集い」を開催したのは、酒井が初のケースだった。
当時、取材したところでは、香港では公認、非公認を含め、酒井法子のファンクラブは、少なくとも10団体あった。しかも、その会員は、推定だったが1万5000人から2万人が参加していたというから、それだけでも酒井人気の凄さが分かる。因みに、この時に行ったファンの集いは、公認のファンクラブが対象だったが、その会員だけでも1万人以上が登録されていた。それだけに参加者の抽選は大変だったようだ。
また、こういった人気を背景に、所属していたビクターエンタテインメントも、香港公演に合わせて香港だけで記念盤の発売をしたりしていた。ベスト・アルバムだが、コンサートで歌う曲を収めたものだった。
「正直言って、こういった取り組みも日本人アーティストとしては異例のケースだったと思う。やはり人気の度合いを証明している」(香港のレコード関係者)。
因みに、このアルバムは00年11月1日に発売され、香港だけで7万枚を売り上げた。
(つづく)

傍聴券は77倍!! “自称”プロサーファーではなかった?高相祐一の初公判に1557人!

20091021105024.jpgきょうは、酒井法子の夫で“自称”プロサーファーの高相祐一の初公判。早朝8時半に東京地裁に行った。一見すると、報道陣ばかりが目立つが、日比谷公園にも列が出来ていたそうで、やはり注目の裁判となった。42人しかない傍聴席に1557人が並んだという。42席でも、一般が入れるのは20数席。倍率にして77倍だったそうだ。77人に1人というわけだ。正直言って、こんなところで運を使い果たしても…なんて思ったりしたが、抽選の結果はかすりもしなかった。
それにしても、法廷での様子を聞けば、高相は自分の職業を「プロサーファー」と答えたという。確かに、プロ級の実力はあったようだが、職業として成立していたのか疑問だ。ハッキリ言って「職業」ではなく「趣味」「特技」に近い。
で、覚せい剤は20歳の頃から使っていたそうで、覚せい剤歴21年の常習者であることを明かした。しかし、その陳述では「平成20年頃から2週間に1回の割合」と言っている。果たしてそうだったのか?この陳述にはやや疑問が残る。また「覚せい剤を自宅に置いておいたら、(自分が)留守にしている間に法子が隠れて使ってしまうと思った」と話したという。この状況がいつの時点だか分からないが、この陳述だと、すでに酒井は覚せい剤を使っていたことを前提にしていることになる。要するに、置いてある薬が「覚せい剤」で、その使い方を酒井は知っていたということになる。だとすると、この陳述の時期が気になる。しかも、高相は、覚せい剤は「妻(酒井法子)と使おうと思っていた」というわけだから…。いずれにしても、その時期が特定できないと今回の事件を掴むことが出来ない。
また、覚せい剤を「売人から買った」としているが、その売人と言うのは、どういった人物なのか?一部には「イラン人」という声も出ているが…。いずれにしても、きょうの公判だけでは何とも言い切れないことばかりである。
それにしても、父親が証言に立ったときは、泣く仕草をしたらしいが、ま、それは彼なりの”演出”だろう。また、酒井は「夫と3人で暮らしたい」と言っているらしい。酒井も、正直言って、もはや2人の間に「愛」があるわけでもなく、単に傷のなめあいだけで一緒に暮らすのだったら考え直した方がいい。やはり、覚せい剤の使用を悔い改めるのだったら、子供のことがあるが、まずは離婚しての再出発だろう。周囲に自分自身の態度を示さないとダメだと思う。
いずれにしても、今回の高相の公判は、なんとなく、26日の酒井法子の初公判に向けての“外堀”になったかもしれない。とにかく、酒井の場合は、押収された覚せい剤が微量で、高相と違って尿検査はシロ。とにかく、状況証拠と証言だけで公判を進めるしかないのだ。検察も裁判長も「厄介な裁判を担当することになったものだ」と頭を抱えているに違いない。
それはともかく、高相の場合は、覚せい剤の使用歴21年でも「初犯」になるだろうから、判決は懲役1年6ヶ月程度で執行猶予が3年となるか、あるいは5年となるかだ。
ところで、きょうの裁判所での様子は、フジテレビ「ジャーナる!」が追った。当然だが、カメラを向けられて取材するなんて、これまでなかったことだけに精神的にもきつかった。余談だが、日刊スポーツは傍聴券を3枚も当てたという。凄い!他のスポーツ新聞社も当たらなかったらしいし、やはり,運があるのだろう…。

「覚せい剤」事件を根底から崩す裁判になるか!? 高相祐一の証言が酒井法子の公判にも影響?

いよいよ、あすは酒井法子の夫で自称プロサーファー・高相祐一の公判だが、漏れ伝わってきた情報が、どれだけ明らかになるかである。
しかし、今回の高相の裁判だが、26日に予定している酒井法子の公判の前に開かれる意味は大きい。そもそも、酒井法子の裁判が、非常に微妙なものだからだ。まず、押収された覚せい剤が、ごく微量で、結果的ではあるが、尿検査もシロ。
確かに酒井本人も、使用は認めているし、自宅の押収物やDNA結果、さらには毛髪検査でもクロと出たから…というのの、本来なら、立件しずらい案件である。一般人の覚せい剤使用だったら「不起訴」か「起訴猶予」ということになってしまう。こんなことで立件するなら、押尾学の「保護責任者遺棄致死容疑」なんて簡単に立件できてしまう。
ただ、酒井の場合、これだけ大騒動になってしまったということで「起訴されてしまった」とも言えなくもなく、まさに”悲劇のうさぎ”である。とにかく、今回の”のりピー事件”というのは、起訴されたことはもちろん裁判そのものも、判決によってはこれまでの「覚せい剤事件」を根底から崩してしまうような判例になりかねない。
そういった意味で、検察側は、酒井に対しては「状況証拠」で事件を立件していくしかないわけだが、それにしても、どのように公判を進めていくかが注目されるところ。そうなると当然、酒井を”悪の道”に誘い込んだ高相の証言と言うのは重大になってくるはず。高相が、酒井の覚せい剤使用をどう証言するのか?その証言が、結果的には酒井の公判にも影響をしていくことは間違いない。
それにしても、高相の場合は、尿検査でもクロと出ているだけに、覚せい剤の使用は確実だ。しかし、公判を進めていく中で高相の証言と、酒井の証言に食い違いが出てきた場合である。この場合、酒井の公判がどうなるのかという不安も出てくる。ま、間違っても酒井が、警察で証言してきたことをひっくり返してしまうなんてことはないだろうが、判決がどう下るのかは大いに注目である。現状では高相も酒井も懲役1年6ヶ月程度で、執行猶予は高相が5年で、酒井は3年あたりにあるのだろう。

「もうやりたいことがなくなった…」。軽井沢で自殺した加藤和彦 さんが知人に手紙を送り打ち明ける!!

長野・軽井沢のホテルで首吊り自殺した元フォーク・クルセダーズの加藤和彦さん。その自殺には、まだ多くの謎があるが、そのような中、ある知人から電話がかかってきた。その人は、加藤さんのマネジメントを行ってきた人だ。
「連絡が遅くなりましたが…」
沈痛な面持ちで語り始めた。
「実は、自宅の方に、加藤さんから手紙が届いているようなんです」。
その人は、外出してしまっていたため、手紙そのものは見ていないそうだが、どうやら、「もう、やりたいことがなくなった」というようなことが書かれていると言う。まさに、遺書というべき手紙だったようだ。
加藤さんは、94年に作詞家でエッセイストだった夫人・安井かずみさんを亡くしている。子供はいなかった。自殺の原因については、最近は「うつ病」状態だったと言われる。もっとも、日常生活する上では「それほど極端なうつ病ではなかった」とも言われているが…。
加藤さんは、亡くなる数日前に知人の女性に電話して「死にたい…」と訴えていたという。このため、不安に思った女性は何人かで手分けをして行方を追っていたそうだ。しかし、行方をつかむことができず、今回のような不幸な結果になってしまった。
自殺の場所に軽井沢を選んだことについては「もともと彼は軽井沢は好きな場所で、たびたび行っていましたからね」。軽井沢には、自分のスタジオもあって、今回はホテルではなく、そのスタジオで自殺を図ったという情報もある。いずれにしても、情報が錯綜している。もっとも「最初に行方が分からなくなったと聞いたときは、京都かと思った」という人もいた。
ところで、フォークル時代からの仲間だった北山修は現在は、九州の大学病院で精神科医をしている。そういった意味で、今回の加藤さんの自殺を誰よりも悔やんでいるに違いない。

軽井沢のホテルで元フォークルの加藤和彦さん首吊り自殺!! 南こうせつの還暦ライブが最後のステージに… 

名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」で知られる、元フォーク・クルセダーズの主要メンバーで音楽プロデューサーの加藤和彦さんが、滞在していた長野・軽井沢のホテルで急死した。当初は心不全だと言われていたが、どうやら首吊り自殺を図ったようだ。「事件性はない」という。遺書などは詳細は不明。今後の捜査が注目される。63歳だった。
加藤さんは、60年代後半からフォーク・クルセダーズやサデッスティック・ミカ・バンドなどで活躍。北山修と共同名義で書き下ろした「あの素晴らしい愛をもう一度」は、スタンダード曲となり、今でも歌い継がれている。吉田拓郎「結婚しようよ」、竹内まりや「不思議なピーチパイ」などプロデュース、アレンジ曲は多く、飯島真理の大ヒット曲でマクロスのテーマ曲になった「愛・おぼえてますか」も作曲している。
アルフィーの坂崎幸之助と新生のフォーク・クルセダーズを結成して話題になった。そう言えば、先月20日に静岡・掛川市の“つま恋”多目的広場で行われた、南こうせつの野外イベント「サマー・ピクニック・フォーエバー」に、特別ゲストで参加していた。このステージが、最後のステージになってしまった。しかも、この野外コンサートの模様は、あした(18日)、午後1時から4時間に亘ってNHKのBS2で放送される。当然、加藤さんの部分も入っている。実にタイムリーな番組になってしまった!? それにしても、自殺を図ったといわれる軽井沢のホテルは、現時点では判明していない。長野県警が記者会見を行うという情報もある。

新機種「ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ」で“組紐屋の竜”の京本政樹と“飾り職人の秀”の三田村邦彦が夢の共演!!

holiday-P1020135.jpgholiday-P1020141.jpgholiday-P1020137.jpg久しぶりに俳優の京本政樹と会った。
「ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ 祭バージョン」の発表会を東京・水道橋の後楽園ホテルで開くから来てくれ、ということだった。そもそも、パチンコ機の発表会なんかに行くことは少ないからどんなものかと思っていたら、これが凄い。600〜700人は入る会場は足の踏み場もないほどだった。もっとも、会場には新機種のパチンコ機も展示してあったから、狭いには狭かったが…。
ところで、「ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ 祭バージョン」は、テレビ朝日で放送してきた人気番組”必殺シリーズ”の新機種。京本によれば、この”必殺シリーズ”は、すでに45万台が導入されるヒット機種になっているそうだ。45万台が多いか少ないかは分からないが、京本が「凄い」というのだから、そうなんだろう。
で、発表会には京本と三田村邦彦の2人が出席した。
そもそも、京本は「必殺仕事人」に“組紐屋の竜”役で出演し、大ブレークした。一方の、三田村は“飾り職人の秀”で人気だった。しかし「必殺シリーズに出ていた」というだけで、2人が共演したことはなかったという。だけど、この“必殺シリーズ”と言えば、主水役の藤田まことを除いたら、組紐屋の竜役の京本と、飾り職人の秀の三田村、そして“三味線屋の勇次”役の中条きよしということになる。その中で京本と三田村が出るというのは、これは凄いことだというのである。しかも、当時の衣装で…。
「実は、今まで、こういった発表会の場合、普段着で出ていたんですよ。それが、今回のように“組紐屋の竜”と”飾り職人の秀”がツーショットで出るというのは、異例と言うより前代未聞のことなんです」(京本)。
そういえば、京本と言ったら「高校教師」や「家なきこ」など、“野島伸司ドラマ”には欠かせない役者である。で、野島といえば、著書「酒井法子 孤独なうさぎ」で書いた。京本は「本を読んだよ」と言っていたが、きっと複雑な心境だったに違いない。しかし、野島は、無類の?パチンコ好き。きっと、「ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ 祭バージョン」がホールに入ったら、打ちまくっているに違いない!?

RIAJ「着うたフル」週間チャート、ヒルクライム連続1位 、YUIの映画「カイジ」主題歌3位

㈳日本レコード協会(RIAJ)は、有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを公表した。集計期間は10月7日から10月13日までの1週間。
それによると、前週に引き続いてヒルクライム「春夏秋冬」がトップに。同曲は、4週間前に初登場1位になるも、その翌週は2位に後退したが、先週、再び返り咲きした。アーティストとして将来性も期待されており、今後の展開が注目される。
 また、先週2位に初登場したEXILE「ふたつの唇」は、今週も2位にランクされた。同曲は、フジテレビ系”月9”ドラマ「東京DOGS」の主題歌として起用されており、今後、ドラマとの相乗効果で更に注目度が高まりそうだ。因みに、EXILEが月9の主題曲を担当するのは今回が初めて。
 今週の初登場は、3位のYUI「It’s all too much」と、4位のSpontania feat.AZU「同じ空みつめているあなたに」、そして7位の童子‐T「あの頃… feat.CHEMISTRY」、9位のflumpool「フレイム」。「It,s all too much」は、YUIの復活第2弾曲。話題の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」主題歌&劇中歌として起用されている。同曲には、「カイジ」の原作者・福本伸行氏や映画監督の佐藤東弥氏なども絶賛しているとか。
 いきものがかりは、「YELL」(5位)と、同曲のカップリング曲「じょいふる」(8位)の2作品が、前週に引き続いてランクインしている。
 また、絢香の休業前のラスト・シングル「みんな空の下」が15位から再浮上してベストテン入りを果たした。同曲は“ピアノ・バージョン”が28にランクされている他、彼女の代表曲となった「三日月」も37位に入っている。

【有料音楽配信週間チャート・ベスト10】 ※カッコ内は前週
1(1) ヒルクライム 「春夏秋冬」
2(2) EXILE 「ふたつの唇」
3(−) YUI 「It’s all too much」
4(−) Spontania feat.AZU 「同じ空みつめているあなたに」
5(5) いきものがかり 「YELL」
6(3) Juliet 「フユラブ」
7(−) 童子‐T 「あの頃… feat.CHEMISTRY」
8(4) いきものがかり 「じょいふる」
9(−) flumpool 「フレイム」
10(15) 絢香 「みんな空の下」
次(9) INFINITY16 welcomez 若旦那  from. 湘南乃風 & JAY’ED [伝えたい事がこんなにあるのに」

ミッチー効果か!? テレビ朝日「相棒」新シリーズが強力裏番組を打ち破り19.4%視聴率!!

ミッチー効果か!? 長年の“相棒”だった亀山薫(寺脇康文)が卒業し、新しい“相棒”の神戸尊役として“ミッチー”こと及川光博が登板したテレビ朝日「相棒」の新シリーズ“season8”が、歴代の初回視聴率としては最高の19.4%を獲得した。裏番組では、TBSがサッカー・キリンチャレンジカップ2009、そして、フジテレビが「クイズ!ヘキサゴン」の3時間スペシャルだったが、その2強の裏番組を打破したのだから、これは大したものである。因みに、サッカーは、ここ最近、視聴率的にも伸び悩んでいるTBSが、その不調ぶりを象徴するかのような11.7%。さらにフジテレビの「ヘキサゴン」もスペシャル企画として、ちょっと伸び悩みの16.9%だった。そう考えると、やっぱり「相棒」の新シリーズへの関心と期待の高さが証明された格好になるのかもしれない。
ミッチーの所属事務所「マザー・エンタープライズ」によると、テレビ朝日から視聴率の連絡が入ったは今朝の9時2分だったという。視聴率は9時に発表されるから、番組担当者は、まず主演の水谷豊の事務所に一報を入れてから次にマザーに連絡したに違いない。いずれにしても、テレビ朝日の喜びようが目に見えるようだ。
「やっぱり、裏は、『相棒』に焦点を合わせ、強力番組を編成してきますからね。そういった中で、初回としては歴代トップの視聴率を獲得したのは、『相棒』の人気の底力でしょう」(放送関係者)。
しかし、何と言っても、この視聴率に一番、喜んでいるのはミッチーの所属事務所マザーだろう。
「そりゃそうでしょう。寺脇から“相棒”が変わって、やっぱり周囲も不安がありますからね。そういった中で、これだけの視聴率が取れたとなれば、所属事務所も大意張りでしょう。もし、これで15%を切ったりして視聴率が思わしくなかったら、逆に陰で何を言われるか分からない。それこそ『やっぱり、ミッチーは…』なんて言われかねないでしょう。例え、15~16%の視聴率だったとしても、評価は二分でしょうからね。それが、今回のように強力な裏番組を打ち砕いての高視聴率を弾き出したわけですから、これは、ある意味で“ミッチー効果”だと言わざるを得ない。しかし、ミッチーは、いい味を出していましたよ」(プロダクション関係者)。
ま、各局ともドラマが低迷する中、「相棒」シリーズは、完全に視聴者を獲得したことになる。
ところで、年代別では、50代の女性から支持が高かったようだ。やっぱりねぇ…。

著書「酒井法子 孤独なうさぎ」初版2万部をクリアし、早くも増刷が決定!!

20091012163454.jpg著書「酒井法子 孤独なうさぎ」が発売以来評判がいいという。正直言って、実感がつかめていないが、聞くところによれば品切れ店が続出しているそう。しかも、この盛り上がりに増刷が決まったそうだ。
初版は2万部だった。担当者によると、発売4日で増刷が決まったのは、この種の書籍では異例らしい。確かに、ここ数年というもの、出版不況である。週刊誌を含め、書籍が売れない時代だ。そういった中で、これだけ早い時期に初版の2万部をクリアするとは夢にも思わなかった。
それにしても、東京・新宿の西口の地下(プロムナード)にある売店のような書籍売り場にも置いてあったのには驚いた【写真】。しかも、「話題の本」として、元Winkの鈴木早智子のヌード写真集と並んで立ててあった。何か、よく分からない光景だった。
ところで、「酒井法子 孤独なうさぎ」は、台湾や香港を含む中国本土からも発売のオファーが来ているという。もっとも、中国の出版事情に詳しい関係者によれば、日本で発売されると、すぐに中国語に翻訳されて発売されてしまうそうだ。まだ、実態は掴めていないが、すでに中国版に翻訳された海賊本「酒井法子 孤独なうさぎ」が出ているという噂もある。
その関係者によれば、中国国内でも酒井の関心の高さはダントツだそうで、日本以上に復帰を望む声が高まっているという。もっとも、公判前だけに復帰の話は気の早い話だ。それにしても、今のマスコミの関心は、保釈後、東京・新宿の東京医科大学病院に入院していた酒井が、退院して今、どこにいるかということなのかもしれないが…。